給与担当者が教えるお金のエトセトラ

絶対にやってはいけない節約術の話。

 

 
 
節約をしているつもりで実は節約になっていない
そんなことってたくさんあるんです。

 

思い当たることはありませんか?

 

今回は、絶対にやってはいけない節約について解説していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数円安いからと遠くのガソリンスタンドへ行くこと

 

よく、安いガソリンスタンドで長蛇の列を見かけます。

 

近所のガソリンスタンドがたまたま安いところだったからなら良いのですが、
たまに、「あそこのガソリンスタンドが安いから、遠いけど行っている」
という方がいます。

 

確かに数円のガソリンは安く済むかもしれませんが、
そこへ行くまでにガソリンも消費しているので果たして結局得なのかわかりません。

 

そして、時間の無駄でもあります。
時間はお金では買えない貴重な財産なのです。

 

たまたまその近くを通る用事があるときは利用するなど、
賢い使い方をしましょう。

 

 

 

日用品を安売りの日に大量買いすること

 

安いからと言って、お得サイズの調味料を買ったり、
日用品を買いだめしたり。

 

一見お得なようですが、使わないまま賞味期限が切れたりしたことは
ないですか?
それでは本末転倒ですよね。

 

どんなものでも、買うときは、「本当に食べたい、使いたいものか?」ということを
自問自答しましょう。

 

また、ある方はこのようにおっしゃっていました。

 

「私は日用品のストックは最低限しか持たない。なぜなら、日用品の
ストックを置く場所にも家賃が発生しているから。私はトイレットペーパーに家賃を
払いたくない。好きなものを置くために家賃を払いたい。」

 

その方は、とてもすっきりとした家でシンプルな暮らしをされています。
見ていても、とても気持ちの良いものです。

 

シンプルな暮らしをしている方は、余分なものを買わず、
好きな物だけに囲まれていて、経済的にも豊かな場合が多いのです。

 

※関連記事

ミニマリスト先生に学ぶ持たない暮らしのメリットと注意点 
ストックはたくさん持たないのが鉄則 

 

 

電気を超こまめに消すこと

 

電気は、つけるときに一番電力がかかるという話を聞いたことはありませんか?

 

確かに、使わない場所の電気は消すことは大切です。
「資源を大切にしよう」ということですよね。

 

でも、あまりにもつけたり消したりするようでは、
つけるときの電力が大きくかかるため、電力の節約には残念ながらなりません。

 

電気をこまめに消すことよりも、
できるだけ電気をつけないことを心掛けましょう。

 

と言っても、夜に真っ暗な場所で過ごしましょうということではありません。

 

朝起きて、なんでもすぐに電気をつける人がいますが、
天気の良い日はカーテンを開けて、太陽の光で過ごす。

 

細かい作業をするわけではない場所に少し入るだけであれば
電気は必要ないかもしれません。

 

同じように、エアコンなども、つけるときに一番電力を使います。

 

ある調査によると、飼っているペットのために一日中エアコンをかけている家と
こまめにエアコンを消している家では、一日中かけている家の方が電気代が安かったということです。

 

驚きですね。

 

 

 

家計簿を事細かくつけること

 

家計簿はつけること自体は悪いことではありません。
収支を把握することはとても大切なことです。
私も以前はきちんとつけていました。

 

ただ、家計簿の目的は「毎日家計簿をつけているしっかりした自分」
になることではありませんよね。

 

自分がどんなものにお金を使っているか、その中に無駄なものはないか、
その傾向を発見して、改善できるものは改善していくのが目的です。

 

要は、自分の傾向がわかっている人は、
家計簿なんてつけなくてもいいんです。

 

きちんと家計簿をつけることに喜びを感じる方はいいでしょう。
面倒だなとか、少しでもストレスに感じるようであれば家計簿はむいてません。
やめてしまいましょう。

 

また、家計簿をつける度に「あー、今月も赤字!」溜息をついているようであれば、
家計簿以前の問題で、収入が完全に足りていない場合も。

 

家計簿を細かくつけるよりも、稼ぐ方法を考えた方が良いかもしれません。

 

ちなみに、家計簿をつけながらため息をつくことが多い人は、
お金に対する不安が大きすぎて
お金が寄り付かないようになっていますよ。

 

※関連記事

家計簿をしっかりつければつけるほどお金が貯まらないワケ 
真面目すぎるとお金が貯まらないかも。その落とし穴とは? 

 

 

 

お金ないからと言って大切な人との付き合いを断ること

 

あなたは節約で何を手に入れたいですか?

 

将来のための「安心」だったり、お金があることでやれることができて、
「幸せ」を手に入れたいのですよね?

 

又は、大切な人のために何かをしてあげたいのではありませんか?

 

大切な人との時間を削ることで幸せは手に入りますか?

 

大切な人との付き合いを断ることで何が手に入りますか?

 

もちろん、行きたくもないお誘いに行く必要はありません。
行きたいけれど、お金がないからやめようと思った場合は、少し考えてみてください。

 

そのお誘いにのることで、でていくお金はいくらですか?
どうしても飲み会が無理であればランチに変えてもらうこともできるかもしれません。

 

 

 

 

安いからという理由で洋服を買うこと

 

2つの洋服を比べてみたとき、どう考えても同じクオリティーであれば安い方を選ぶという考えはあります。

 

しかし、それほど気にいったわけでもないのに
「安いから、ま、いっか」と洋服を買ったことがある方は多いです。

 

「安いから」という理由で買った服は着ていても自己満足感が薄いです。

 

自己満足感が高い服というのは、着ていて気分が上がる着心地が良くて癒される、など。
安いからという理由で買った服にはそれがないかもしれません。

 

また、安い服はすぐにくたびれたりすることも多いため、結局は何回も着なかったり・・・。
コストパフォーマンスが低いことが往々にしてある、ということもあります。

 

安い服に気を付けようと思った理由は自分自身の経験でこんなことがあるからです。

 

仕事で出会った女性なのですが、
彼女の後ろを歩いている際、スカートの生地がペラペラで薄く透けているのに気づきました。

 

それは、わざと透け感をだしている生地ではなく、明らかに「安そう」な生地でした。

 

その後、何回もお会いしたのですが、彼女をイメージするときに1番思い出したのは
なんと「ペラペラの生地のスカート」だったんです。

 

彼女のお顔は可愛らしくて人柄も良い。
なのに、1番思い出すのは「ペラペラの生地のスカート」だなんて・・・。

 

ショックでしたが、人から見る「印象」というのは非常に重要だとも気づきました。
安く見える服を身につけることで「見た目の価値」が下がること。

 

きれいごとを言えば、「人は見た目ではない」のですが、現実は人の印象は「見た目が大切」なのです。

 

安くて節約になると思った買ったその洋服、あなたの見た目印象を悪くしているかもしれませんよ。

 

 

 

 

ポイントカードを持ちすぎてしまうこと

 

買い物をするとポイントが貯まって、次回の買い物時に使える・・・。
ポイントカードってお得ですよね。

 

ただし、それは

ポイントカードがなかったとしてもよく使うお店
日用品や食費などの必需品を買うお店

に限られると思います。

 

 

 

こんなことはないですか?

何の用もないのに「ポイントカード持ってるし」とふらりと立ち寄ってしまい、無駄遣いをする。
ポイントカードがたくさんありすぎて、いざ使うときにどこにあるかわからない
買い物する店が分散しすぎて結局ポイントが貯まらない。
ポイントカードの期限切れまであと少しだからと、予定外の物を買ってしまう。

などなど、ポイントカードには実は落とし穴がたくさん!

 

ちなみに、お財布もポイントカードでパンパンだとお金が貯まるお財布とは言えません。
綺麗に整理されていないお財布にはお金が寄り付かないのです。

 

※関連記事

財布をキレイにしよう
お財布はきちんと寝る場所を作ってあげよう 

 

 

 

最後に。ケチケチしているとお金は入ってきません。

いかがでしたか?
 
楽しい節約だったら良いのですが、
ケチケチ、ストレスがたまるような我慢の節約では、お金は入ってきません。

 

それどころか、あなたのお金に対するセルフイメージが悪くなります。

 

また、節約できているようで、実は節約ができていないなんてことも、
あれ?何で貯まっていないの?と、あとで愕然とすることになるでしょう。

 

こんなに頑張っても貯まらない、
お金がない、ない。

 

こんな風に思っている人のところにお金はやってこないのです。

 

もっと大らかに、楽しく。
節約するなら、「ラッキー、節約できちゃった?」ぐらいの感覚で。

 

楽しそうにお金を愛する人のところにお金はやってくるんです。

 

 

絶対にやってはいけない節約術の話。 関連ページ

コンビニで買う職場ランチの節約方法。どうしてもコンビニを使う人は買い方に注意
なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!
節約ママだけじゃない!赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎるから皆使うべき
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
急増中の1000円カットもう皆使っている?特徴とメリットとは
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!湯たんぽのお得な魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくてOK!いつのまにかなくなるお金さえわかれば怖くない
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違うよ!
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
節約上手は実践している!代用するということを考える
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
買い物するときに意識したい5つのルール
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報