節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います

節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います


  ※この記事は2018/8/25に加筆・修正しました。

 

1円であっても、100万円であっても、お金はお金。大切に扱いたいものです。

 

しかし、これをはき違えてしまうと、節約は「お金への執着」へと変わっていきます。

 

恋愛に置き換えて想像してみると分かりやすいかもしれません。

 

お金も恋人も、執着すると自分の元から離れていってしまいます。

 

お金が自分の元から離れていくということは...?

 

今回は、節約への執着が貧乏を招くというお話です。

 

 

 

 

 

 

節約でありがちなことが貧乏意識を作る

 

節約をしようと決めてこんなことをしていませんか?

10円や20円安く買うことにこだわり遠くのスーパーへと通う。
昼食のお弁当を買うのに食べたい方ではなく安い方を買う。
いつもお金がないと口癖のように言う。
家計簿を見てため息をつく。

 

節約は決して悪いことではありません。

 

しかし、これらの行動は、「お金がなくて我慢して節約している自分」「本当に買いたい物を買えない自分」...。

 

つまり、節約に執着するあまりに「自分は貧乏だ!」ということを潜在意識に刷り込んでしまっているのです。

 

自分はお金がないのだと潜在意識で認識しているので、ますますお金は貯まりません。

 

潜在意識というものは強力です。

 

自分でこうだ!と認識していることが現実を作るのだとも言われています。

 

 

 

 

ケチ臭いお金への執着が引き寄せるもの

 

ケチ臭い人とは、どんな人のことでしょうか。

 

たとえば、こんな人たちかもしれません。

 

1円単位でワリカンをする
後輩だろうとお世話になった人だろうと、他人に与えることをしない
会社の備品を私物化して節約しようとする人
頻繁に「お金がもったいないから節約してる」と言ってその場の雰囲気を悪くする人

 

これらの人に対して、周りの何人かはこう思うでしょう。

 

「ケチくさっ」

 

そして、ケチな人に限って、やたらと「今度おごってくださいよ。」と言ってみたり、他人からお得な情報を得たがったりします。

 

しかし人間は不思議なもので...。

 

ケチな人にごちそうしてあげよう、何か得する話を教えてあげよう、といった気にはならないものです。

 

結果的に、ケチな人は自分のお金をがっちり握りながら、他人からも何も得ることはできないのです。

 

「自分は出し惜しみをするのに、他人からは何かをもらいたい」 

 

そういう根性が貧乏を引き寄せるというわけです。

 

「どこかに儲かる話転がってないかなー?」
「誰かお金くれないかなー?」

 

こんな考えが頭をよぎったとき、

 

自分は誰かにメリットのある情報を教えているのか
自分は誰かに出し惜しみなくお金を出しているのか

 

振り返ってみると良いですよ。

 

 

 

 

いかに楽しく使うかにフォーカスをあてる

 

 

節約を説明するとき、食費を削る、交際費を削る、などと言いますが、私はこの言い方が好きではありません。

 

もちろん、わかりやすく相手に伝えるための手段として使うことはあります。

 

しかし、そもそもお金は「削る」ものではなく、使うものです。

 

そう考えられると、お金との付き合い方が変わってくると思います。

 

「1万円あったら、何に使おう?」

 

こんなふうに考えると、少しワクワクしませんか?

 

欲しかった洋服を買おう
行きたかった場所に行こう
家族にプレゼントして喜ぶ顔を見よう

 

など。

 

この、「ワクワク」が大事なことです。

 

いかにして「ワクワク」「楽しく」使うかにフォーカスしてみましょう。

 

自分を追いつめる我慢の節約や、「お金を削る」という意識がなくなり、いかにして楽しく使うかに頭を使うようになります。

 

 

 

 

 

1万円全身コーディネートの「マインド」が素敵な理由

 

テレビや雑誌などで「1万円で全身コーディネート特集」を見たことがありませんか?

 

このサイトでは、安い服をやたらと買うことは節約的にはおすすめしていません。

 

しかし、1万円コーディネートの「マインドは是非真似すべき」だと思っています。

 

どういうことかというと...

 

お金がなくて1万円分の服しか買えなかった、ではなく

 

1万円でこんなに素敵な服が買えた、というマインドに変えてみる

 

そういうことの積み重ねです。

 

すると、次第に「お金がない!」と嘆くことがなくなってきます。

 

結果、お金に執着しなくなり、いつのまにか貯まっている、ということが起きます。

 

また、1万円コーディネートのように、楽しく頭を使って買った物は思い入れがあるため、長く使うことにもつながります。

 

お金がないから1万円分の服しか買えなかったというマインドと、1万円でこれだけのコーディネートを考えて買えた、というマインドとでは、

 

同じ1万円でも幸福感が違うのです。

 

お金は楽しく使う、ということは、実は一番の節約になるのです。

 

 

 

 

お金に執着することとお金を大切にすることは違う

 

 

節約ばかりを気にしてはいけない、お金に執着してはいけないと言うと、「では、何も考えずに湯水のようにお金を使えば良いのですか?」という人がいます。

 

そうではありません。

 

執着することと大切にすることは紙一重。

 

こんな例えはどうですか?

 

・お金に執着する人...ストーカー

 

・お金を大切にする人...愛妻家、彼・彼女を大切にする人

 

どちらが「愛される」かは、すぐわかるのではないでしょうか。

 

もう少しイメージを掘り下げてみます。

どちらも相手(お金)を愛してはいます。

 

しかし、お金に執着する人(ストーカー)は、相手(お金)の気持ちを考えません。

 

相手(お金)は自由に楽しいことに使ってほしいのに、ストーカーは自分の手元にだけ置いておきたくてそれを許しません。

 

相手(お金)は、息苦しくなって二度とその人のところには戻ってきませんでした。

 

一方、お金を大切にする人(愛妻家)は相手(お金)の気持ちを考えます。

 

楽しいこと、幸せに感じること、大切な人のために、ちゃんと使います。

 

すると、自由になれたお金はどんどん世の中にでていって、「あー楽しかったよ」と言いながら、きちんと戻ってくるのです。

 

あなたはお金に「執着」していますか?

 

それともお金を「大切」にしていますか?

 

 

 

 

節約家とケチを明確に分けるもの

 

節約家とケチの境界線は、実に曖昧です。

 

少しの意識の違いで、その境界線はすぐに踏み超えられてしまうものです。

 

そのため、節約に夢中になると、次第にお金に執着するようになることがあります。

 

結果的にお金を得られず、精神的にも落ち込みがちになることも。

 

だからといって、節約から目を背けて思いのままモノを買っていても現実的にお金は出ていく...。

 

このへんが難しいところですよね。

 

ケチな人ではなく、賢い節約家になるには、節約を楽しくやることが大切です。

 

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、できていない人も多いですよ。

 

それが、節約家とケチの明確な違い。

 

これができるかどうかで資産の額も変わります。

 

今もし節約に取り組んでいるのであれば、「節約を楽しくやれているかな?」と、振り返ってみることをおすすめします。

 

そして、「周りの大事な人が不快に感じていることをしていないか」も、同時に振り返ってみましょう。

 

何でも、自分さえ楽しければ良いという考えは少し横暴ですよね。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、節約への執着が貧乏を招くというお話でした。

 

お金も人付き合いも同じこと。

 

みんなと仲良く過ごすためには、「執着」ではなく「大切にする」という視点で付き合うことが重要なのです。

 

節約を楽しみながらおこなうことで、「執着」から逃れられるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

お金を大切にする習慣を身につけてみませんか?

 

お金を大切にする人は、財布の保管方法に気をつける。

 

こんな話を聞いたことがないでしょうか。

 

経営者、芸能人、スポーツ選手など、お金に恵まれている人たちは、財布をバッグの中に入れっぱなしにせず、しっかり保管します。

 

それは、お金への敬意であると同時に、自分のお金を把握することで無駄を防ぐという効果もあります。

 

今、多数のメディアなどでも取り上げられており、資産家の愛用率も高いのが、仲手川財布店【お財布専用ふとん】です。

 

金運が上がるゴールドをあしらった専用の布団に財布を毎晩寝かせることで、お金がアップするのだとか。

 

気になる方は試してみてはいかがでしょうか。お金を大切にする習慣が身につくと思います。

 

 

 

 

 

節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います 関連ページ

化粧品や食品の無料サンプルを大量にもらっても節約にならない話
実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは?
夏こそ早起き実践の季節!「早起きは三文の得」を実感してみよう
コンビニで買う職場ランチの節約方法。どうしてもコンビニを使う人は買い方に注意
なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!
赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎる理由と5つの用途。おしりふきの節約方法も紹介
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
1000円カットで美容院代の節約しよう。特徴とメリットとは?
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!愛用歴30年以上の管理人が語る湯たんぽの魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくても貯金はできる!「いつのまにかなくなるお金」を知って出費を減らそう
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違う5つの要素とは?
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介。「高見せ」のポイントは?
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
「代用する」を節約の合言葉に!買う前に代用できないか考えるメリットとは?
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
自然と節約できる買い物ルール19。「安いモノ」「洋服」「食品日用品」のルールで貯金増!
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう
絶対にやってはいけない節約術の話。
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報