飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう

 

 

 

「湯水のようにお金を使う」

 

という言葉がありますが、まさに飲み物に使うお金は水のように流れて出ていくと思ったことがあります。
 
今回は、飲み物にお金を使うということを本気で考えてみました!

 

 

 

 

 

 

 

飲み物は贅沢品?

 

生きていくためには水は必ず必要です。水には味がありませんが、水があれば必要な水分は補給できます。

 

しかし、世の中には味がついている飲み物が溢れています。お茶にジュースにお酒に・・・。

 

これらはすべて贅沢品だと思うこともときには必要です。

 

贅沢品だからやめた方が良いと言っているのではありません。贅沢をするのは素敵で大切なことだと思っています。

 

ですから、本当にその飲み物が飲みたいときは、我慢せずに飲めば良いのです。

 

それに、液体にすることで栄養素をとりやすくしたり、食事に合う飲み物をとることも豊かな生活のためには大切なことです。

 

私もパンにはコーヒー、おやつには紅茶を飲んだり、食事中は麦茶を飲んだり、普通に飲み物を楽しんでいます。

 

ただし、何となく飲んでいるわけではなく、豊かな生活ができて幸せだな、嬉しいなという気持ちを忘れないようにしています。

 

何を言いたいのかというと、世の中の人は、飲み物にかけるお金をあまりに無意識に支払っているということです。

 

 

 

ファーストフードの収入源は飲み物

 

ファーストフードで一番採算の取れるものってなんでしょうか?ポテト?ハンバーガー?

 

いえいえ。飲み物なんですよ。

 

安く金額を設定したハンバーガーを目当てに来て、一緒にコーラを頼む。

 

ハンバーガーは赤字ギリギリの価格でも、コーラという飲み物で採算が取れるようにしてあるので儲かります。

 

お腹に溜まるハンバーガーよりも、氷だらけの薄いコーラに私たちはお金を払っているのです

 

世の中の食品業界ではこういったことが多いですが、飲み物にほんの少しシビアに目を向けるだけで、無駄なお金を払う必要がないということがわかります。

 

※関連記事

食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
宅配ピザ2枚目無料のチラシがこれでもかと入ってくる理由 

 

 

 

貯金下手な人は飲み物にお金をかけている

 

あなたの周りにこんな人はいませんか?

 

仕事のブレイク時に必ず自販機でジュースを買う
毎日コンビニでペットボトルのお茶を買ってから出勤する
外食時にいつも飲み物を注文する
毎日出勤前にコーヒーショップでコーヒーを買ってから出勤する

 

残念ながらこれらの人は貯金体質ではありません。お金に対する意識が薄いです。

 

お金に対する意識が高い人は、これらの出費が贅沢であることをわかっています。というよりも、とても自然にごく当たり前のこととして上記のようなことはしません。

 

毎日何も考えずに飲み物にお金を使う人は、他でも出費を抑えているとは考えにくいです。頻繁にお菓子を買ってきたりと、無駄遣いが多いものです。

 

 

 

 

飲み物代を抑える基本的な方法

 

では、飲み物代を抑えるには具体的にどうすればよいのでしょうか?

 

お茶はペットボトルを買うのではなくマイボトルにして持参

自販機のペットボトルだと130円するお茶も、持参すれば5円程度で済みます。水筒代は2,000円ぐらいしたとしても、遅くとも1ヶ月以内には元が取れます。

 

ペットボトルを買うならスーパーで買う

スーパーなら全く同じペットボトルでも7割弱ぐらいで買えます。コンビニや自販機で定価で買うのは馬鹿らしいです。

 

どうしてもコンビニで買う必要のあるときは、最近各コンビニがだしているプライベートブランドの物をおススメします。500mlのペットボトルでも100円ほどで購入できます。

 

今は、スーパーでも新商品の取り扱いが豊富です。新商品が飲みたいという方は、わざわざコンビニで買わなくてもスーパーで一度探してみてはいかがでしょうか。

 

※関連記事

コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?

 

 

コーヒーショップのコーヒーはちょっとした贅沢として

コーヒーショップのコーヒーはやはりおいしいですよね。友人とお茶したり、仕事で疲れた自分を癒す場として利用するにはとても良いことだと思います。

 

ただし、毎日コーヒーショップを利用するのはやはり贅沢です。収入がかなりある方で、他にお金も使わない貯金体質の方であれば良いのですが・・・。

 

外食時には必ずしも飲み物を注文する必要はない

高級なレストランや居酒屋などでは、飲み物を注文しないわけにはいかないときもあります。

 

でも、せっかくリーズナブルなお店に行って、食事代と飲み物代があまり変わらないなんてことありませんか?

 

お店側は飲み物で採算を取ろうとしているのです。そういったお店で食事するときは水があれば十分。毎回食事と一緒に飲み物を注文している、なんて人はいつまでたってもお金が貯まらないかもしれません。

 

※関連記事

食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる 

 

 

 

 

まとめ:少しの意識が大きな効果を生む 

 

150円のペットボトルを毎日買って出社すると150円×20日=3,000円
ブレイク時に毎日ジュースまたはコーヒーを購入すると120円×20日=2,400円
これだけで月5,400円の出費です。

 

年間64,800円にもなります。

 

これ以外にも外食時の飲み物代を入れるとすると・・・。もったいないと思いませんか?

 

繰り返しになりますが、飲み物はリフレッシュ効果があったり、体に良いものもあったりと、現代人の私たちには欠かせないものです。

 

しかしあまりに無意識にお金をかけすぎているようであれば,注意が必要です。ありがたみもなく、お金だけがどんどん出ていくことになります。

 

普段、食べ物には気を付けるけど飲み物のことは意識が薄かった方、工夫次第で節約することができますので、是非一度飲み物ライフを振り返ってください。

飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう 関連ページ

なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!
節約ママだけじゃない!赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎるから皆使うべき
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
急増中の1000円カットもう皆使っている?特徴とメリットとは
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!湯たんぽのお得な魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくてOK!いつのまにかなくなるお金さえわかれば怖くない
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違うよ!
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
節約上手は実践している!代用するということを考える
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
買い物するときに意識したい5つのルール
絶対にやってはいけない節約術の話。
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報