実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは?

実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは?


 ※この記事は2017/9/2に執筆しました。

 

実家暮らしで節約したいと考えている方は多いでしょう。

 

実家暮らしの今のうちに、節約を意識してしっかり貯金を心がけておくことは、とてもいいことですよね。

 

とはいえ、節約方法がわからない、何を意識して節約すればいいのか教えてほしい、という方もいるはず。

 

そこで今回は、実家暮らしの方が今すぐ始めるべき節約術と心構えのお話です。

 

 

 

 

 

実家暮らしの人は意識せずとも節約になっている

 

 

「実家暮らしの節約ってどうやるの?」という方は、まずは「意識せずとも実は節約になっている」ということを認識するところから始めましょう。

 

そうすることで、実家暮らしのありがたみを理解でき、実家暮らしをしている今だからこそ、節約に励んでおくことで、一人暮らしをしたときや、将来に備えることができるのだとわかります。

 

「実家暮らしだけど、家にお金入れてるから一緒でしょ?」と思いますか?

 

とんでもない!

 

実家暮らしの方は、下記のお金がすでに節約できているのです。

 

 

そもそも家賃

 

まずは家賃。

 

一人暮らしにかかる家賃の全国平均はおよそ6万円。

 

家に1円も入れていない人はすでに6万円の節約、家に4万円入れている人でも2万円の節約になっています。

 

ちなみに、実家暮らしの方が家に入れるお金の平均はおよそ4万円です。

 

※実家暮らしのお金事情はこちらの記事で詳しく書いています。

実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は? 

 

 

光熱費

 

続いて光熱費。

 

電気、ガス、水道代は、一人暮らしをすると1万円はかかります。

 

実家暮らしで自分にかかる光熱費を計算するのは難しいですが、少なくとも数千円は節約できているはずです。

 

 

日用品も節約になっている

 

トイレットペーパー、ティッシュ、洗濯洗剤などの日用品を、「自分用と家族用と完全にわけて」買っていますか?

 

日用品費は月3,000円前後が平均。

 

ちょっとした費用のようですが、一人暮らしの場合はすべて自分で支払うため、「今月ピンチ!」というときにドラッグストアに行くのが怖かったりします。

 

それらすべて節約できているということです。

 

 

食費

 

1人暮らしの食費平均は2万円です。

 

外食などは交際費として考えた方がいいので、純粋に家で食べる分の食費だと思ってください。

 

実家暮らしで、毎日食事の準備がされているという方は、2万円は節約できています。

 

「自分の食事の準備くらいはするよ!」と言っている方、その食材、冷蔵庫にあるものを適当に使っていませんか?

 

一人暮らしをすると、冷蔵庫の中を何回開けてみても、残り物食材なんて入っていませんよ。

 

 

意識せずとも93,000円の節約

 

ここまでの節約費用を合計すると93,000円です。

 

(実際には、自治会費、水もれなどのトラブル、ネット回線、地震保険などなど、もろもろの費用を実家で負担してくれていますから、もっと節約になっているはずです。)

 

実家にいくらかお金を入れている方は、ここからそのお金分を引いてみてください。

 

5万円入れている方でも、43,000円の節約になっています。

 

実家暮らしって素晴らしいですね!

 

 

 

 

実家暮らしの人が今すぐ実践すべき節約&貯金術

 

 

何も考えずとも節約になっている実家暮らし派。

 

ほんの少し意識するだけでさらに節約になりますよ!

 

いよいよここからは、実家暮らしの方が今すぐ取り組むべき節約術&貯金術を紹介します。

 

 

先取り貯金

 

まず、実家暮らしなのに節約できない、貯金も少ないという方は、

 

何より先に「先取り貯金」をしましょう。

 

お給料が入ったら自動的に預金口座に引き落とされるようにしておき、手元に残ったお金だけでやりくりするのです。

 

方法としては、会社の財形を使う、銀行の自動振替を設定する、給料日に必ず貯金分をおろして別口座に移動させるなどがあります。

 

実家暮らしの人が節約と貯金に成功できるかは、ほぼ先取り貯金ができるかにかかっていると言ってもいいでしょう。

 

四の五の言わず、先取り貯金してください!(暴

 

※先取り貯金についてはこちらの記事でも書いています。

先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう 

 

 

 

収支の把握をする

 

実家暮らしなのに貯金ができないということは、借金でもない限りは通常あり得ない話です。

 

病気やケガなどで働けない方は別ですよ。

 

会社員でもパートでもなんでも、フルタイムで働いていれば貯金できないことはありません。

 

借金もなく、普通に働けているのに貯金ができない実家暮らしの方は、はっきり言って「お金の使い過ぎ」です。

 

まずは自分の収支を確認するために、家計簿をつけてみましょう。

 

家計簿って面倒に思うかもしれませんが、目的は「収支の把握」なので、未来永劫やり続ける必要はないのです。

 

1ヶ月やれば何にいくらくらい使っているかが大体把握でき、3ヶ月やればほぼ固まってきます。

 

長くても1年やれば、季節ごとに代わる出費についても把握できるので十分。

 

まずは1ヶ月家計簿をつけてみることを目標にし、特に支出項目に注目しましょう。

 

支出項目を数千円ずつでも減らしていけば、5万円節約するのも難しくありません。

 

 

会社のランチは前日の残り物をもっていく

 

会社のランチは、外食すれば1000円、コンビニやスーパーで買っても500円くらいはかかります。

 

月20日の出勤だとしても、少なくとも1万円はかかる計算です。

 

一人暮らしでお弁当を持参する場合、まずお弁当を作る材料費がかかります。

 

外食に比べて割り安とはいえ、結局お金はかかっているんですよね。

 

実家暮らしの場合、前日の残り物をつめたりできますし、しかもその前日の夕食は食材、光熱費、作る手間、すべてかかっていないことが多いでしょう。

 

親御さんが許してくれるなら、ランチ代の節約をさせてもらいましょう。

 

 

コンビニ通いを見直してみる

 

コンビニは各社が力を入れた魅力的な商品がずらり。

 

商品をついつい手に取ってしまってあっという間に500円超えます。

 

行くなとまでは言いませんが、毎日の無意識なコンビニ通いを週に1回だけにしてみるのはおすすめです。

 

たとえば、1週間頑張ったご褒美に金曜日だけ好きなスイーツを買う、とか。

 

それくらいのご褒美なら、かわいいものです。

 

コンビニ通いをやめるだけで、1万円くらいの節約効果があります。

 

※関連記事

コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例 

 

 

 

飲み物だけは買わないと決める

 

飲み物にお金をかけるのは今すぐやめましょう。

 

コンビニや自販機で毎日ペットボトルを買う方は、水筒を持参してください。

 

※関連記事

飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう 

 

 

携帯料金、生命保険の見直しをする

 

実家暮らしの方にかかる固定費は、携帯料金と生命保険料がメインです。

 

固定費の見直しは少し手間がかかりますが、長い目で見ると楽。

 

1度見直せば節約効果が継続するため、やらない手はありません。

 

携帯料金は、格安SIMにする、余計なアプリは削除する、定期的な見直しをおこなうなどしましょう。

 

実家暮らしで未婚、子なしの場合は生命保険は本当に最低限で大丈夫です。

 

月3000円以内の掛け捨て医療保険があればしっかり備えになりますよ。

 

ネット生保など割安なものを探してみましょう。

 

 

副業をする

 

これは、節約というより、貯金額を加速させるための稼ぐ方法です。

 

実家暮らしの場合、一人暮らしより副業する時間があります。

 

その時間とは、家事をする時間です。

 

実家暮らしの方が家事をするのは、自分の部屋の掃除くらい、という方も多いのではないでしょうか。

 

「いやいや、掃除機かけるときは他の部屋も一緒にかけるよ!」と言いますか?

 

台所の水まわりも、お風呂もトイレも、全部やっていますか?という話です。

 

もちろん、それくらいやっているという方もいるでしょうが、やっていない方が多いのもまた事実。

 

ちなみに筆者は、25歳を過ぎて「お母さんが毎日部屋の掃除をしにきている社会人男」にドン引きした経験があります。

 

 

 

 

好きなもの、必要なものは買っていい、でもそれ以外は買わない

 

これは、実家暮らしの方がぜひ意識して欲しい考え方です。

 

ゆとりある実家暮らしなので、多少欲しいものを買うのは構わないと思うんですよね。

 

それでも貯金ができるのが実家暮らしの強みですから。

 

本当に好きなものや、本当に必要なものは買ってもいいんです。

 

ただ、気が緩み、そこまで欲しくないモノを買ってしまいやすくなるのが実家暮らしの傾向。

 

自分の物欲ときちんと向き合い、欲しいものだけを買うようにしましょう。

 

当たり前だと思うかもしれませんが、これができない人が多いんです。

 

大事なのでもう一度言いますね。

 

本当に好きなもの、本当に必要なものだけ買いましょう。

 

これを実践できれば、実家暮らしの方の節約は成功したと言えるはずです。

 

 

最後に:家族との時間を楽しむ

 

これも、ぜひ忘れてほしくないと思います。

 

実家暮らしで家族といられるのは幸せなこと。

 

今は実家暮らしができているかもしれませんが、いつそれができなくなるかはわかりません。

 

そのことを、想像したことがあるでしょうか。

 

お金の面もそうですが、家族と一緒に暮らせる今はかけがえのない時間。

 

友達と旅行や外食するのもいいのですが、親と過ごす時間は限られています。

 

友達とは、年をとってからも遊べます。

 

実家暮らしの今だからこそ、家族との時間を大切にしましょう。

 

実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは? 関連ページ

夏こそ早起き実践の季節!「早起きは三文の得」を実感してみよう
コンビニで買う職場ランチの節約方法。どうしてもコンビニを使う人は買い方に注意
なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!
赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎる理由と5つの用途。おしりふきの節約方法も紹介
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
急増中の1000円カットもう皆使っている?特徴とメリットとは
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!湯たんぽのお得な魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくてOK!いつのまにかなくなるお金さえわかれば怖くない
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違う5つの要素とは?
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介。「高見せ」のポイントは?
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
節約上手は実践している!代用するということを考える
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
自然と節約できる買い物ルール19。「安いモノ」「洋服」「食品日用品」のルールで貯金増!
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう
絶対にやってはいけない節約術の話。
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報