本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!

本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!

 

 

読書が大好きで1日中本を読んでいたい人にとっては、毎月の本代は悩みの種でもあります。

 

また、意外と大変なのがお子様の本代。

 

絵本をたくさん買ってあげたくても、なかなかに高価ですよね。

 

そこで今回は、管理人独自の視点で「これは効果的」と感じた、本代を節約する方法をご紹介していきます。

 

全部で14の方法がありますので、本気で本代を節約したいと感じている方はぜひ参考にしてみてください。

 

※記事の最後に14の方法をタイトルだけまとめてありますので、一つ一つ読むのは面倒という方はそちらもご覧くださね。

 

 

 

 

1.図書カードなどを購入しておき予算を立てる

 

 

毎月いくらまでと決めておいてもついつい買ってしまうものです。

 

そこであらかじめ「本は絶対に図書カードで購入する」と決めておきましょう。

 

毎月決めた金額を積み立てる、ボーナスが入ったときのみ買っておくなどして、図書カードを買っておきます。

 

そして図書カードにお金がなければ本を買わないようにする、現金やクレカで本を買うよりも本を買える限界値を定めておくことができます。

 

 

 

2.家族や友人とシェアする

 

これは、ただ単に「人から本を借りる」という話ではなく、家族や友人たちと「本購入協定」を結ぶという方法です。

 

例えば私の友人は学生時代、友人3人と、「週刊漫画雑誌を担当ごとに購入する」という協定を結んでいたそうです。

 

A君 少年ジャンプ担当

 

B君 少年マガジン担当

 

C君 ヤングマガジン担当

 

という風に。

 

そして、3人で回し読みします。

 

担当は毎週代えれば、購入代も偏りません。

 

これによって1人あたりの本代を1/3に抑えることができます。

 

誰かが買った本を借りる方法だと購入者だけの負担が増えてしまいますが、協定を結べば皆公平です。

 

何もこれは漫画雑誌に限ったことではありません。

 

よく読む本のジャンルがかぶっているなど、自分の好みと近い人を見つけて共同購入する、こうすれば新刊を常に楽しめます。

 

 

 

 

3.オークションで安く買う

 

 

ネットオークションで本を安く買う方法です。

 

例えば有名なものならばヤフオクがあります。(Yahoo JAPANが運営するオークションです。)

 

書籍の出品価格を確認してみると...。

 

超人気作家さんのものでもセットで1円スタートの文庫本から、ハードカバーなら200〜800円程度の価格をつけている人もいます。

 

オークションなので最終的な売値は判断できないですし、スタート価格もバラバラ。

 

ただ、私がオークションで買うときには、文庫なら1冊200円以内を目安にしていますが、汚い本を出品されてがっかりしたことはありません。

 

恐らくなんですが、文庫で購入した場合って、1回から数回程度読んで終わってしまう人も多いと思うんですよね。

 

本当に好きな本で何回も読みたいならハードカバーを買ったり、文庫でも手放さない人が多いと思うので。

 

なのでそれほど汚れていることもないというわけで、個人的には安価で文庫を狙うのがけっこう良い方法だと思います。

 

とはいえ赤の他人が読んだ本に抵抗がないわけではないので、出品者のその他の出品物を見て、年齢層と性別を推測しています。

 

例えばディズニーグッズなどの可愛らしいものが多い、化粧品などを出品していれば恐らく若い女性という風に。

 

もちろん人によるので何とも言えないところはありますが、「見知らぬおっちゃんの汚い手で触った本は嫌だ。」と感じるような方には有効な方法ではないでしょうか。

 

 

 

 

4.新しい本ではなく古い本から読み進める

 

読書が趣味だと聞くとどこか知性を感じます。

 

これに憧れて「読書を趣味にしたい」と考える人はいるでしょう。

 

話題の本が出ると興味を持ちますが、そのときに考えてほしいのは、「昔の本は読んだか?」ということです。

 

本が好きになると、とにかくたくさん「本を読む経験値を上げたい」と思うことがあるのですが、ではすでに世の中に出回っている本を読みつくしたかということを自分に問いかけてみましょう。

 

話題の本ばかりに飛びつくのは単なるミーハーですが、古い本も話題の本も読んでいるならば本物の本好きと言えるかもしれませんよね。

 

古い本は格安で購入できたり、図書館でも予約なしに読めることも多いです。

 

まずは古い本から読み進め、話題の本はどうしても読みたいものだけに限って購入するなどルールを決めてみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

5.漫画好きなら漫画喫茶を週に1回と決めていくのも

 

漫画の場合はスイスイ読めてしまうので、どうしても冊数が増えがちです。

 

あれもこれもと買ってしまうとお金も場所も足りませんよね。

 

この場合は週に1回だけ週末に楽しむなどと自分なりにルールを決めて、漫画喫茶に1日いるのもおすすめです。

 

漫画喫茶によって料金形態は異なりますが、某チェーンの漫画喫茶ならば12時間いても2千円ちょっとです。

 

さらに深夜時間帯ならばもっとお得になることも多いです。

 

毎週通っても漫画代1万円程度になるので、趣味費としては悪くないかもしれないですね。

 

12時間もいれば、他のことにお金をかけることがないわけですし。

 

ただし、食事の問題はあります。

 

漫画喫茶はコスパが良い食事ばかりではないので、外出前に自宅で食事を済ませておくと良いと思います。

 

 

 

 

6.古本屋で買う

 

古本屋と言っても最近はチェーン展開しているお店が多いですし、ブックオフなどネットでも買えますよね。

 

こういったところでは期間限定セールやまとめ買いで安く買えることもよくあります。

 

街中にある古本屋さんであれば、ネットのチェーン店と違って、店主のこだわりがあったり、どこでも手に入らないようなレアな本が置いてあったりします。

 

マニアックな本が好きな人は良いですね。

 

 

 

 

ひと休みコラム

 

名言!本を読むだけで節約になっている

 

実は今回この記事を作成するにあたり、友人や知人などに本代の節約方法を色々と聞いてみました。

 

その中で印象深かったのが「本を読むだけで節約になっているよね。」という言葉です。

 

世の中には色々な趣味がありますが、その中でも本を読むことはかなりお金がかからないし、いくらでも費用を抑えることができる方法です。

 

例えば、ハードカバー本を1日1冊購入すると、1冊1,500円だったとして1ヶ月だと45,000円にもなってしまいますが、文庫にすれば半額以下で済みます。

 

さらに、たまに図書館を利用すれば月1万円程度に抑えることも十分に可能。

 

毎月1万円の趣味ならば、アミューズメント施設に毎週末でかけたり、買い物が趣味よりはるかに安い趣味費です。

 

また、本を読んでいる間は没頭しているので他のことにお金をかけませんよね。

 

他の趣味をするぐらいなら本を読んだ方がずっと節約になるというのは確かにその通りだと思います。

 

本を読むのが趣味という方は、その時点ですでに他の趣味を持っている人よりも節約になっているのかもしれません。

 

※本がいかにお金のかからない趣味だと知りたい方はこちらの記事もどうぞ

お金持ちが好む趣味って?この趣味をすればお金持ちに会えちゃうかも! 

 

 

 

7.雑誌好きな人は雑誌読み放題アプリがおすすめ

 

 

ファッション雑誌にビジネス誌、とにかく雑誌の購入が多いという方は、雑誌読み放題アプリがおすすめです。

 

例えば楽天マガジンでは、月額410円(税込)で11ジャンル200誌が読み放題。

 

女性誌ならGINGER、Rayなどのファッション系からHanaco、サンキュなどのライフスタイル系、たまごクラブなどのママさん向けまで多数。

 

男性誌ならメンズクラブなどのファッション系から日経トレンディや週刊ダイヤモンドなどビジネス系まで。

 

グルメ、週刊誌、趣味・スポーツ系までほぼ網羅していると言えます。

 

雑誌は1冊800円近くするものも多いので、毎月1冊は雑誌を買ってしまうという方ならほぼ元が取れるのではないでしょうか?

 

初回31日は無料なので、まずは試してみると良いと思います。

 

学生時代のCan Camから始まりAne Canへと流れて行った雑誌世代の管理人は「こんなの若い頃に欲しかった!」というサービスです。

 

 

 

 

8.本積立をしておく

 

本にかかるお金が気になっている人は本専用の積立をしてみてはいかがでしょうか?

 

教育費とか旅行代は積立される人も多いと思います。

 

それらと同じように、本にかかるお金も積立しておくのです。

 

わざわざ銀行に行って積立の手続きをするのが面倒という方は、ネット銀行がおすすめです。

 

ソニー銀行、じぶん銀行、新生銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など、様々なネット銀行がありますよね。

 

ネット銀行に本代を積立しておけば、アマゾンや楽天ブックス等で本を購入するときに直接引き落としができ、積立内で本を買うという意識を持ちやすいです。

 

ネット銀行に積立てた分しか本を買わないと決めれば、計画的に本を買うことができます。

 

 

 

 

9.ハードカバーではなく文庫本にする

 

思い入れがある本ならばハードカバーとして手元に残しておきたいものですが、とりあえず試しに読んでみたい、とにかくたくさんの種類の本を読みたいならば、

 

やはりハードカバーではなく文庫が出るまで待つのがおすすめです。

 

ハードカバーは1冊1,200円〜2,000円程度のものが多いです。

 

もちろんものによってはさらに高いものも。

 

全く同じ内容で文庫になれば半額程度にはなるので、それだけで1/2に本代を抑えることができます。

 

ハードカバーか文庫かのルールを自分なりに決めてみましょう。

 

例えば

 

・大好きな作家さんのものだけはハードカバーで購入し、それ以外は文庫を待つ

 

・まずは文庫を購入し、何回も読む価値があると判断したらハードカバーを購入する

 

・外出先でさらっと読みたいものは文庫、家でじっくり読みたいものはハードカバーに分ける

 

などです。

 

新刊のハードカバーをついつい買いたくなってしまったら、まずは「文庫になっている名作をすべて網羅した?」と自分に聞いてみてくださいね。

 

 

 

 

10.ポイント還元を意識した買い方をする

 

本を買うときは書店かネットで買う人が多いと思いますが、どちらの場合も意識したいのはポイント還元率です。

 

例えば書店でもポイントカードがあって、同じ書店を毎回使うようにすればお得になります。

 

自宅に近いとか会社帰りに寄りやすいとか、自分がもっとも利用頻度が高そうな書店のポイントカードの仕組みを調べてみましょう。

 

ネット購入ならば、ポイント10倍セールのようなものもよく開催されているので、そこを狙うことで高いポイント還元率になります。

 

普段はポイントカードがある書店を利用するけれど、ポイントセールがある時期ならばネット購入にするなど、あわせ技でも良いと思います。

 

 

 

 

11.電子書籍はシンプルライフ派におすすめ

 

 

電子書籍は印刷や配送が不要なので、当然価格も紙の本より安くなります。

 

持ち運びもできて場所を取らないなど、シンプルライフ推奨派には特にメリットが大きいです。

 

本好きの方の場合、「本はやっぱり紙じゃなきゃ!」という方も多いと思いますが、さらっと読めそうな本など「これは1回読めば良い」という本もありますよね。

 

そういう場合に電子書籍を使われると節約になります。

 

ただ、私が電子書籍を試してみて思ったことは、スマホなどデバイスの状況によってページをめくる動作に影響がでたりするのがストレスでした。

 

私のスマホが古いものだということもあるのでしょうが...。

 

人によって良し悪しですね。

 

無料お試しなどを利用されてから導入されると良いと思います。

 

※シンプルライフ推奨派の方はこちらの記事もどうぞ

 

 

12.貯めたポイントで本を買う、レンタルする

 

ポイントは、買い物をすることで貯まるほか、ネット上のサービスを利用しても貯まります。

 

ギフト券や図書カードをもらえたり、Tポイントなどに交換できることがあります。

 

例えば自動車保険の無料見積もりを取ったらギフト券をもらえるとか、アンケートに答えたらポイントが貯まって図書カードに交換できるとか。

 

ハピタスとかマクロミルなどポイントサイトは色々ありますが、現金交換にせず、敢えて特定のお店で使えるポイントに交換し、使えるお店を限定させてみるのも一案です。

 

Tポイントに変えればTSUTAYAなどで使えますから、書籍購入の他、漫画などをレンタルするのも良いですね。

 

ギフト券がない、ポイントがなければ買えないというわけなので、強制的に買えない仕組みを作るという点ではメリットがあります。

 

ついつい本を買い過ぎちゃう人におすすめです。

 

※管理人がおすすめするポイントサイトについてはこちらでも書いています。

 

 

 

13.読んだら売る

 

どうしても他人がさわった本を読めないという場合、新しい本を買って、読んだらすぐに売るのが王道の方法です。

 

宅配買取業者に買い取ってもらう、ネットオークションで売るなどですね。

 

ネットオークションならば値段設定次第で高く売ることも可能ですし、宅配買取業者ならばやり取りの手間がかからず自宅にいながら買い取ってもらえるのがメリットですね。

 

本を買い取ってくれる宅配業者もいろいろあるので、一番自分にとってメリットがありそうな業者を選んでみてください。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくると「読んだら売る」が当たり前になって、本を買う→売る→そのお金で本を買う というサイクルが自然に生まれます。

 

以下、参考までに買取業者の特徴を挙げてみました。

 

宅配買取業者 特徴
ブックオフ 

古本だけでなく、CD・DVD・ゲームなどをまとめて買い取ってもらえるのが特徴です。

 

全巻そろった漫画を売りたいなど、セット売りするのがおすすめ。

 

大手チェーン店のため、入金されないなどの心配がないのが利点です。

 

実店舗よりも宅配買取をした方が買取価格が高くなる場合あり。

 

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】 

 

ネットオフ 

上記ブックオフとロゴが似ていますが東証マザーズ上場の大手別会社です。

 

買取価格キャンペーン時期を狙って売りに出すのがおすすめ。

 

会員登録なしでも利用OKで買取価格アップクーポンは使える、
「ポストにポン買取!」対象商品なら1点から送料無料で買取可能など、利便性を重視したサービスが多い。

 

ネットオフの宅配買取サービス 

 

 もったいない本舗

古本以外にも、CDやDVD、ゲームソフトも買取可能。

 

送料、段ボールが無料の他、ガムテープまで無料です。

 

大手に比べて高価買取に期待できるのが魅力。

 

古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗 

 

専門書アカデミー 

大学の教科書や専門書、医学書、資格試験・就職試験などの教材の買取に特化しています。

 

大学の教科書や専門書、医学書などは大手の古本屋では買取価格が安い、買取してもらえないことも多いため、専門書特化型がおすすめ。

 

1点ごとに人気や需要を見て買取価格を判断されるため、人気の高いものは発行年度に関わらず高価買い取りが可能。

 

「専門書アカデミー」

 

 

 

 

 

14.図書館に行く

 

無料で本が読めるという点でもっとも王道の方法ですね。

 

清潔で静か、大量の本に囲まれる空間は本好きならば至福の時間を過ごせます。

 

お住まいの地域によりますが、よほどの田舎でなければそれなりの図書館に出会えるはずです。

 

ただしデメリットもあります。

 

図書館で1日を過ごす場合、人気の図書館だとすぐに席がうまってしまいます。(私のお気に入りの図書館は休日の開館前に行列ができているので早起き必須です。

 

新刊や話題の本もありますが、予約人数が多く、なかなか読めるまでに時間がかかります。

 

このあたりが許容できるならば、一切お金がかからない図書館利用はやはり節約の大きな味方となるでしょう。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回ご紹介した本代の節約方法をまとめます。

 

1.図書カードなどを購入しておき予算を立てる

 

2.家族や友人とシェアする(共同購入する)

 

3.オークションで安く買う

 

4.新しい本ではなく古い本から読み進める

 

5.漫画好きなら漫画喫茶を週に1回と決めていく

 

6.古本屋で買う

 

7.雑誌好きな人は雑誌読み放題アプリがおすすめ

 

8.本積立をしておく

 

9.ハードカバーではなく文庫本にする

 

10.ポイント還元を意識した買い方をする

 

11.電子書籍はシンプルライフ派におすすめ

 

12.貯めたポイントで本を買う、レンタルする

 

13.読んだら売る

 

14.図書館に行く

 

以上の14の方法は、どれか一つを使うでも、あわせ技でも良いと思います。

 

どの方法も、性格や好みの問題もありますから、自分に合った方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

管理人も本は好きなので、いろいろな方法を試して一番相性のいい方法を模索中です。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、「本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!」でした!

 

 

本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見! 関連ページ

実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは?
夏こそ早起き実践の季節!「早起きは三文の得」を実感してみよう
コンビニで買う職場ランチの節約方法。どうしてもコンビニを使う人は買い方に注意
なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎる理由と5つの用途。おしりふきの節約方法も紹介
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
急増中の1000円カットもう皆使っている?特徴とメリットとは
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!湯たんぽのお得な魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくても貯金はできる!「いつのまにかなくなるお金」を知って出費を減らそう
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違う5つの要素とは?
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介。「高見せ」のポイントは?
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
節約上手は実践している!代用するということを考える
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
自然と節約できる買い物ルール19。「安いモノ」「洋服」「食品日用品」のルールで貯金増!
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう
絶対にやってはいけない節約術の話。
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報