雑誌代の節約は漫画喫茶の利用がおすすめ。週刊誌や月刊誌の購入機会を断捨離!

雑誌代の節約は漫画喫茶の利用がおすすめ。週刊誌や月刊誌の購入機会を断捨離!


 ※この記事は2019/6/5に執筆しました。

 

漫画や情報誌、娯楽本、趣味の本......。

 

みなさんは、週ごとにまたは月ごとに、もしくは年間に購入する雑誌はいくつありますか?

 

1冊は数百円で購入できる雑誌ですが、コンビニに寄るたびに、本屋で見かけるたびに購入していると馬鹿にならない金額になります。

 

雑誌はかさばるので部屋も整理されません。

 

そんな方におすすめするのは漫画喫茶の活用です。

 

利用したことがない方には敷居が高いかもしれませんが、上手に利用すると節約になりますよ。

 

今回は雑誌代の節約方法のお話です。

 

 

 

 

 

毎月の雑誌代を計算してみよう

 

まずは、毎月いくらの雑誌代がかかっているのかを計算してみましょう。

 

少年誌や青年誌の週刊発行で1冊200 円〜300 円、 月刊発行で 500 円前後、 写真のたくさん入ったスポーツ誌等は 1000 円程度 かかります。

 

女性向けだと、ファッション誌は800円くらい、主婦雑誌は400円前後でしょうか。

 

当然、それ以上の価格で購入する書籍もたくさんあるでしょう。

 

たとえば、毎週1回、週刊誌(漫画)2 冊を購入し、加えて毎月1回、月刊誌(漫画)1 冊を購入しているとします。

 

本の種類にもよりますが、月間で計算すると 約 200 円(週刊誌)×8 冊(1 週2冊を4週分) 約 500 円(月刊誌)×1 冊(1ヶ月1冊) となり、約2100円の支出となります。

 

ここで1度考えたいのが、2100 円は高いのか安いのか ということ。

 

一度に2100 円の値がつくものを購入するには意外とためらいがあります。

 

しかし何回かに分けると そのハードルはぐっと低くなり、特に考えることなく お金を払い続けてしまうものです。

 

いわゆるラテマネーのひとつですね。

 

※関連記事

 

 

 

 

 

雑誌そのものではなく雑誌購入機会を断捨離する

 

購入している書籍は常に身近に置いておきたいものか、 何度も読み返したいものか、 友人や恋人との話題作りのためのマストアイテムなのか......。

 

この点について、生命保険、携帯電話の不要な部分の見直しのごとく、 にらめっこしてみましょう。

 

読んだ雑誌を断捨離することは簡単ですが、そうではなく、雑誌の購入機会自体を断捨離してみるのです。

 

書籍は基本的に立ち読みで済ませ、 一切購入しない方もいるでしょう。

 

毎週または毎月、好みの書籍の発売日に合わせて 書店やコンビニに走り、必要なところだけを 立ち読みで済ませ、購入はしない、という考え方もあります。

 

(お店の方には迷惑な場合もあると思うのでおすすめはしませんが)

 

この場合の問題点は、立ち読みをしやすい書店やコンビニが確保しにくい、立ち読みで済ませたい本がたくさんある場合に恥ずかしかったり、立ち疲れたりといった点でしょうか。

 

付録が魅力的で購買意欲を掻き立てられる、なんてこともあるかもしれません。

 

完全に無料で済ませるにはそれなりに不便もある ということですね。 

 

 

 

 

 

漫画や雑誌を節約する方法は?

 

 

では、雑誌購読の対処法として どのような方策が一番なのか、 自分なりの一番を考えていきましょう。

 

 

自分の中の優先順位をつけてみる

 

まずは「よくよく考えてみたら、昔は読み込んでいたけど、今はほとんど読んでいないもの」を購入し続けていた場合です。

 

これは速やかに購買を中止しましょう。

 

惰性で続けてしまっていること、 生活の中には本当によくありますよね。

 

次に、購買している書籍の中で、今後購買するものと立ち読みでもかまわないと思えるもの、または購買するものと一切読まなくていいものの仕分けがすぐにできる場合。

 

これも問題なしですね。

 

数ページしか読まないから、購買を止めて立ち読みにしよう、興味が薄れてきたから、読み続けること自体を止めてしまおうというわけです。

 

雑誌を読み続けるということは エネルギーや時間の消費を指します。

 

雑誌離れが新しい趣味の発見や家族との時間の確保につながるのであれば悪いことではないでしょう。

 

 

 

 

雑誌をどうしても読みたい人はどうする?

 

では、購読している全ての雑誌を購入して読んでいる、 かつ、購読数も購買数も減らせないといった問題はどう解決するべきでしょうか。

 

答えのひとつとして漫画喫茶の有効利用をおすすめします。

 

漫画喫茶の利用経験はありますか?

 

ご自身も身近な人も一切利用経験がない場合、 敷居を高く感じる方がいるかもしれません。

 

 

 

漫画喫茶とは

 

漫画喫茶には漫画はもちろんのこと、週刊誌や月刊誌、 不定期発売の雑誌、写真集、 中には小説が置かれる場合もあります。

 

女性向けの雑誌もたくさんありますよ。

 

インターネット設備も充実しています。

 

Wi-Fi にて利用できるパソコンが用意され、情報の検索や閲覧、漫画喫茶だけのインターネットゲーム等の利用ができます。

 

仕切りのない部屋から ドア付き・壁付きの個室席まで部屋の形状が 別れ、複数人数で利用できる部屋もあります。

 

店舗にもよりますが、何十種類かのメニューから 食事を選ぶことができ、ドリンクに至っては ほぼ全てが無料で飲むことができます。

 

そして、肝心な料金。

 

たとえばわたしが利用する漫画喫茶ですが、基本は始めの 30 分で300 円。

 

以後、10 分ごとに 100 円の料金が発生します。

 

これにパック料金が別途用意されていて、 3 時間で1000 円、6 時間で1500 円など 長く滞在するとお得になるシステムとなっています。 

 

 

 

 

 

漫画喫茶代と月にかかる雑誌代、どちらがお得?

 

 

改めて、前述した、毎月の雑誌代と比較してみましょう。

 

週に 2 冊の週刊誌、月に1冊の月刊誌を 購入する場合、1ヶ月にかかる費用は約 2100 円でした。

 

書籍の購入を全て取り止め、 月に1回漫画喫茶で読書することにした場合。

 

先程の例に挙げた店舗の場合、6 時間滞在しても1500 円でした。

 

本を読むスピードは各々違いますし、どんなジャンル の本を読むのかということでも変化すると思います。

 

それでも、漫画喫茶にてパック料金の3 時間1000 円や6 時間1500 円を利用するといかがでしょう?

 

雑誌数冊を本を読みきるのに十分な時間ですし、500〜1100円、月のラテマネーを減らせます。

 

1年で6000円〜1万3200円の節約です。

 

小さな金額だと思うかもしれませんが、これで豪華な食事に行くことも、洋服の1着でも購入することができます。

 

 

 

 

漫画喫茶は実はメリットが多い

 

単純に浮いたお金以外にもメリットがあります。

 

読書をしながら、好きなだけドリンクを飲み、ときにはパソコンを使って検索やゲームができます。

 

個室を選んで利用すればプライバシーも守られたまま、 快適にかつお金を節約しながら、楽しみことができます。

 

複数人数が利用できる部屋でカップルや友人と 読書の時間を共有するのも有意義ではないでしょうか。

 

以下の記事でも述べていますが、けっこうデートにもおすすめです。

 

※関連記事

 

「漫画喫茶を利用すること=場所の節約」にもなるため、 家の一室を占拠しかねない書籍の整理から解放される ことにもつながります。

 

部屋はきれいなほどお金が貯まります。

 

自宅にいるときと比べ、冷暖房代もかかりません。

 

お金の支出を抑え、購入するよりたくさんの書籍に触れ、 空調の効いた快適な空間でリラックスした時間を過ごす、 意外と心地よいものです。

 

もっとも、漫画喫茶が快適すぎて、滞在時間の大幅な延長や 食事(有料)の注文を重ねすぎると、 反対にコスト増につながります。

 

家で食事を済ませた後に漫画喫茶へ出かけるなどの工夫も必要ですね。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、週刊誌や月刊誌など雑誌にお金をかけてしまっている方へ向けて、漫画喫茶の活用法についてお話しました。

 

わたしの場合、若い頃はとにかくファッション雑誌を月に何冊も購入していました。

 

1冊は安いけれど、いつのまにかお金がなくなっていくんですよね......。

 

今ではデートの際、漫画喫茶に行くついでに流し読みすれば満足。

 

雑誌にお金をかけるということがなくなりましたよ。

 

どうしても手元に残しておきたい大切な書籍を除き、読んだらすぐに捨てるような雑誌類は漫画喫茶で読む。

 

いつのまにか減るお金を削減できるので、ぜひ試してみてください。

雑誌代の節約は漫画喫茶の利用がおすすめ。週刊誌や月刊誌の購入機会を断捨離! 関連ページ

節約中でも欲しい物を買っていいし旅行も行っていい!上手にお金を使うコツは?
ポイントカードは節約になる?何枚持つべき?ポイントカードの賢い活用術!
節約信者の女社長の失敗例から無意味な節約を学ぶ!間違った節約とは?
化粧品や食品の無料サンプルを大量にもらっても節約にならない話
実家暮らしの節約術と心構え。実家組が今すぐ始めるべき節約とは?
夏こそ早起き実践の季節!「早起きは三文の得」を実感してみよう
コンビニで買う職場ランチの節約方法。どうしてもコンビニを使う人は買い方に注意
なぜ「夏だけ麦茶」?夏も冬もホット麦茶を飲むと節約と体調管理の両方が叶うよ
本代の節約14の方法。小説、雑誌、ビジネス書など書籍代がバカにならない人は必見!
赤ちゃんのおしりふきが便利で経済的すぎる理由と5つの用途。おしりふきの節約方法も紹介
節約方法は富女子から学べ!楽しく続ける節約とお金に対する考え方
1000円カットで美容院代の節約しよう。特徴とメリットとは?
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!愛用歴30年以上の管理人が語る湯たんぽの魅力とは
「ちょっぴり」びっくり節約術を管理人は見た!あなたはいける?
お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト
ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
節約が辛いと感じたときに思い出してほしいこと
[節約初心者さんへ]お肉を小分けして冷凍するとどうして節約になるのか
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは?
断食道場が実は長い目で見ると超節約になる件
お金をかけずに靴をピカピカに磨く基本の5STEPとは?
コンビニを賢く使いこなすことで節約ができる。コンビニを節約の敵だと決めつけるのはまだ早い!
節約なんてしなくても貯金はできる!「いつのまにかなくなるお金」を知って出費を減らそう
節約したいなら100円ショップに行かないほうがいい?100円ショップの注意点と買うべきものまとめ
思い出したくない!私の恐怖の節約体験。体験から学んだ4つの教訓とは?
ケチな男は絶対にモテない!実録・ケチ男たちの習性
倹約家とケチの違いを比べてみました。似てるようで全然違う5つの要素とは?
食費の節約で絶対にやってはいけない6つのこと。本末転倒にはならないように気をつけよう
車検は大手でやらない方が良い3つの理由
安くても高く見える服の選び方・着こなし方の極意を9つご紹介。「高見せ」のポイントは?
調味料をケチっても節約にはならない話
普段使う物こそ品質にこだわると節約になる
三日坊主で終わらない、節約を長続きさせるコツ
お値段以上!安いバッグでも高そうなバッグに見せる8つのポイント
「代用する」を節約の合言葉に!買う前に代用できないか考えるメリットとは?
お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選!
数独(ナンプレ)やクロスワードはお金をかけない大人の遊びの決定版!
自然と節約できる買い物ルール19。「安いモノ」「洋服」「食品日用品」のルールで貯金増!
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう
絶対にやってはいけない節約術の話。
ポイントカードは厳選して使おう
節約上手はやっている!スーパーで買い物をするときの節約テクニック
節約への執着が貧乏を招く!お金に執着するのと大切にするのは違います
レジ横は買わせるためのワナがたくさん!その仕組みと回避方法とは?
自動車保険を簡単に節約する方法。自動車保険をぐんと減らしてラクラク節約しよう!
夏本番!節約上手さんのお金のかからない暑さ対策とは?
節約効果半端ない!?ダイエットをしたら貯金も増えた件
柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法
お出かけの定番!映画をお得に楽しく観る方法とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報