お金がないと結婚できないって本当?彼氏の言葉に隠された真実を読み取ろう

お金がないと結婚できないって本当?彼氏の言葉に隠された真実を読み取ろう


  ※この記事は2017/9/30に加筆・修正しました。

 

50歳時点で一度も結婚したことのない生涯未婚率は男性で25%近くにも上り、4人に1人が一度も結婚したことがないという驚きのデータがあります。

 

中には経済的な理由から結婚をためらう人が多いと言います。

 

「お金がないから結婚できない」と言う人はよくいますよね。

 

でも、お金がないから結婚できないって、本当にそうなのでしょうか?

 

今回は、「お金がないから結婚できない」の、隠された真実に迫ってみました。

 

彼氏の言葉を本当にそのまま受け止めていいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

本当に結婚したいと思える彼女や彼氏がいるのか

 

そもそもの話になってしまうのですが、お金がないから結婚しないと言っている人の中には、長いお付き合いや、真剣交際をしている人がいないという人がいます。

 

彼氏や彼女を作らない理由としてお金がないし...という人もいますが、

 

「本当は作ろうと思えば作れるのだけどお金がないからあえて作らない」のか、「お金がないからじゃなく欲しくてもできないのか」は全然違いますよね。

 

ちょっと厳しい言い方になってしまうかもしれませんが...お金をその言い訳に使うのにはちょっと待った!を言いたいです。

 

お金に対して失礼ですし、自分が彼氏・彼女を作れない理由としっかり向き合えないと根本解決になりません。

 

 

 

 

彼氏が言う「お金がないから」はホント?

 

彼氏と本当は結婚したいのに、なかなかしてくれない...そんな悩みを抱えている女性は本当に多くいると思います。

 

健気に女を磨く努力をしていたり、「言ってくれないならこっちから!」と、逆プロポーズに臨む彼女も。

 

そんなときに彼氏が「今はお金がないから結婚できない」と言ったら、何となく納得してしまいがちですが、ちょっとだけ冷静に考えてみましょう。

 

 

 

彼女には結婚しても働く気があるのか

 

まず、彼女の方の問題として、結婚しても普通に働いて収入を得る気があるのかどうかということを考えましょう。

 

もし、「無理!仕事なんて辞めて一生彼に養ってもらう〜!」というのであれば、彼氏が言う「お金がないから結婚できない」はある意味本当かもしれません。

 

1人の収入で2人が生活するのであれば、今まで余裕がなかった生活はさらに生活は厳しくなりますから。

 

ただし、あなたに結婚しても旦那に養ってもらうのではなく、自分もちゃんと働くつもりだと言う意志があるのであれば、彼氏にそのことをしっかりと伝えましょう。

 

男性は、女性と結婚するときに、「この人を一生養っていけるか。」という視点で考えているので、女性が「二人で稼いでいけばいい。」と思っているのとは考え方が違います。

 

つまり、必要以上にプレッシャーを感じているのです。

 

彼女がちゃんと働いてくれるかどうかについて、彼氏は男としてのプライドや責任感から聞けないこともあるので、彼女の方から言ってあげることで安心できるでしょう。

 

 

 

 

 

彼女の金銭感覚の欠如に不安を抱えている可能性も

 

お金がないから結婚できないと彼氏に言われた場合、彼女の方は自分の金銭感覚について振り返ってみましょう。

 

と言っても、自分の感覚を自分で判断することはできないので、身近な人に聞いてみるといいですね。

 

家族だと大抵金銭感覚が近いですし、仲良しすぎる親友も似ている場合があるので参考にならないことが。

 

職場の同僚や色々なタイプの友達など、自分とはタイプの違う人たちに客観的な判断を求めるのが良いと思います。

 

もしあなたが、普通の人とはちょっと金銭感覚がずれていてお金がかかりそうだなと周りの人が思っていたら、多分彼氏もそう思っています。

 

あなたのことは好きだけれど、お金がかかる女性だから今の収入では贅沢させてあげられないって思って、結婚を思いとどまっているのかも...。

 

あなたは自分の金銭感覚を直すことと、彼と早く結婚して長く一緒にいることとどちらを取りますか?

 

もちろんどちらがダメということではないですが、両方同時にと思うのであれば今お金持ちの人を探すのも手ですよ。

 

 

 

 

結婚=結婚式にお金がかかるはもう古いよと教えてあげて

 

世の中の男性より女性の方が、結婚式にかかるお金の知識が豊富。

 

さらに最近は、結婚式の費用をご祝儀ですべて補えてしまえる、「ゼロ婚」と呼ばれる結婚式もありますし、結婚式すら不要だと考える女性も増えましたよね。

 

一方の男性は、「結婚=結婚式=お金がかかる」という昔と変わらない図式を思い浮かべて、結婚というよりは結婚式への不安がある人もいます。

 

「お金をかけずに式を挙げる方法もあるよ」と教えてあげましょう。

 

ただ、彼女自身が豪華な挙式や高い婚約指輪への憧れが捨てきれないという場合は話が別です。

 

その夢をどうしても叶えたいなら、彼氏を変える、自分で式の費用をバンバン稼ぐ、彼の収入が上がるのを待つなどが冷静に考えて必要。

 

今の彼とどうしても早く結婚したいなら、譲れる部分は譲る気持ちもないと難しいでしょう。

 

 

 

 

 

彼女は働く気マンマン!金銭感覚も普通!なのにお金がないと言われる場合

 

彼氏のお金に対する不安を拭い去ったにもかかわらず、お金を理由に結婚できないと言われる場合には、まず気になるのは借金の有無です。

 

お金がないというのは将来的なお金の不安ではなくて、今現在がマイナスだからという可能性が。

 

もし真剣にお付き合いをしている相手であれば、結婚前に借金の有無は確認しておくべきです。

 

大好きな彼に聞きにくいかもしれませんが、結婚した後に後悔するのは自分です。

 

しっかりと確認しておきましょう。

 

 

借金もなく、浪費癖もない彼の場合には、「お金がないから結婚できない」は、もはやあてになりません。

 

お金がないは言い訳にすぎず、単にまだ結婚したくないということが考えられます。

 

その場合には、他に結婚したくない理由があるかもしれないので、お金ではなくてその理由と向き合ってみることが必要になってきます。

 

 

 

一緒に暮らすと色々浮く

 

現在双方が実家暮らしの場合、結婚することでまずはお互いが家を出て、一緒の家を借りて暮らすことになるでしょう。

 

その場合には家賃が発生しますから支出としては今より増えますよね。

 

でも、実際には一緒に暮らすことで浮くお金が多くなります。

 

例えば

 

デートにかかる費用が自宅で過ごすことによって減る

 

食費も毎回外食していたのが自炊を取り入れることでコストダウン

 

結婚を理由に会社の付き合いや飲み会を断りやすくなり、毎月数万円の交際費が減る

 

など。

 

さらに、家賃や生活費を折半することを考えると、結婚して一緒に暮らすことは金銭的にさほどダメージはないのです。

 

また、どちらかが一人暮らしの場合で、その家に一方が越して来るパターンの場合には、よりダメージは少ないでしょう。

 

冷静に考えてみれば、双方が実家暮らしの場合には貯金もけっこうあるんじゃないかと思いますしね...。

 

 

 

 

 

結婚なのか子供にかかるお金の不安なのか

 

彼の金銭的な不安は結婚相手ではなく、将来できるかもしれない子供に対して、ということも考えられますよね。

 

確かに子供ができると養育するためのお金はかかりますし、奥さんが妊娠中には収入が途絶えることが考えられます。

 

でも、育児休暇中には給付金がお給料の6割程度はもらえますから、全くの無収入というわけではありません。

 

子供ができるまでの間にその分の生活費をしっかりと貯めておいたり、今は育休中にも在宅で家計の手助けができるようなネットでのお仕事などもあります。

 

こういったこともお互いに情報共有しながら、子供については助け合っていくことで何とでもなるものです。

 

まずは、彼の不安材料が結婚なのか子供なのか、分けて考えさせてあげることも大切です。

 

 

 

 

最後に:いい機会だからお金の価値観を確認しあってみて

 

お金の価値観のずれがあると、好き同士で結婚したとしても将来的に大きな溝になりかねません。

 

お金がないから結婚できないという2人は、いい機会だと思って、今こそお金の価値観を確認しあってみてはいかがでしょうか。

 

その結果、「この人とは結婚できない!」と思っても、それはそれで結婚してから散々な目に合うよりも良いのでは?とも思います。

 

お金のことを切り出すのってちょっと勇気がいりますが...。

 

いつかは直面する問題なので、早めに話し合っておくことが得策ですよ!

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報