結婚にまつわるお金のあれこれ

婚約指輪は本当に必要なのかを考えてみた

 

 

 

 

婚約指輪はプロポーズとともに渡される女性の憧れ。子供の頃から夢見ていたという方も多いようです。婚約指輪がない、安いなんて考えられない!って方もいるみたいですね。

 

私も、婚約指輪は渡されて当たり前、みたいに思っていたことがありました。

 

でもあるとき、何十万もする婚約指輪って一体いつつけるの?と疑問に感じたことがあり、それから婚約指輪に対する考え方が大きく変わったんです。みなさんは婚約指輪にどんな考えをお持ちですか?

 

今回は、婚約指輪の値段、リフォーム、男性の本音など、婚約指輪とお金のこと、あれこれ考えてみました。

 

 

 

 

やっぱり女性の夢なのか?

 

世の中「婚約指輪はあって当たり前」って風潮があるからか、婚約指輪の存在を当たり前に思っていたけれど、その「当たり前」をはずしてみると、「あれ?婚約指輪ってなんで必要なんだっけ?」ってなりませんか?

 

私なんかは「当たり前」をはずした途端、婚約指輪の必要性が本当にわからなくなってしまいました。

 

「婚約指輪 なぜ必要」で調べてみると、「気持ちを伝える手段だから」と書かれているサイトなどがたくさんでてきます。ふむふむ、納得できるようなできないような...。だって毎日気持ちを伝えあっている場合、そもそも手段は必要ないとも言えますし...。なんて夢のない女!ってお思いでしょうか。

 

そうか、結局のところ「夢や憧れ」を満たすためのものなのかな?って思い至りました。それも女性の。

 

女性の夢や憧れを、男性が何十万何百万かけて満たしてくれるってわけですね。

 

 

 

 

男性の本音を考えてみる

 

男性の中で積極的に婚約指輪を渡したいって思う方って、一体どれぐらいいるのでしょうか?

 

もし彼女が「婚約指輪はお金がかかるからいらない」と言ったなら、正直ほっとするって人も多いと思うんですよね。

 

「正直婚約指輪にお金をかけたくないけど仕方なく派」と「当たり前に渡す」派と「彼女が憧れているから」派がほとんどで「自分から是非あげたい派」は少数だと思います。

 

ジュエリーブランドや結婚式関連の企業サイトなどには「彼女に想いを伝えるため絶対にあげたい!」と思う男性が多い的なことも書かれていますが、商業主義的な臭いを感じてしまう私ってひねくれてる...?

 

女性の手前、そんなことは絶対に言えないけれど、本当の本当の本音を言ったら、実利主義の男性が婚約指輪に大きな価値を見出しているとは考えづらいなと思います。

 

※関連記事

男性脳と女性脳を上手に使い、浪費を防いで貯金を増やす

 

 

 

男女の価値観の違いは当たり前

 

よく「婚約指輪に対する男女の価値観は違う」って言われますが、当たり前だと思います。だって、1円も払わなくて受け取るだけの女性と、大金を払う男性とでは立場が全然違いますもの。

 

だから女性の方に言いたいのは、「ほんと男って女の気持ちがわからないわよね」って言わないであげてほしなって思います。

 

もう一度言いますが、婚約指輪のお金を払うのは男性なんです。

 

頑張って贈ってくれたら思いっきり喜んであげて、金額が安い、そもそも婚約指輪がない、って場合でも、一定の理解は示してあげて欲しいなと思います。

 

だって、婚約指輪の値段は、あなたの値段でも、あなたへの愛情の値段でも、本来はないのですから。

 

 

 

 

人生で最もコスパの悪いもの?

 

個人的な意見なのですが、婚約指輪ほどコスパの悪いものってないと思います。だって婚約して1年もすれば結婚指輪をつけるようになりますから、その何十万円はたった数ヶ月のためのものってことです。

 

私調べですが、婚約指輪をいつつけるの?っ聞くとほとんどの女性が「結婚前の数か月だけ、結婚後はほとんどつける機会もない」って答えてくれました。

 

そもそも夢や憧れの象徴にコスパがどうのというのは間違っているかもしれませんが...。

 

 

 

 

リフォームして普段使いにするときは

 

婚約指輪をリフォームして普段使い用に変身させる方法もあります。これなら結婚したあともつけることができるからコスパの面でもアップしそうですね。

 

でも、覚えておきたいのは、「リフォームするにもお金がかかる」ということと「買ってくれた彼の了承は必要」だということです。

 

デザインや変更の具合にもよりますが、リフォームと簡単に言っても、10万円近くはかかることもあるみたいです。よっぽどの頻度で使うような指輪にリフォームするのであれば良いのですが、「たまーにしかつけない」程度の頻度であればリフォームするよりも「思い出の品」そのものの形で残しておく方がよいかもしれません。

 

また、婚約指輪を買ってくれた彼の気持ちを考えると「汗水たらして働いて買ったブランドの指輪が違う形になる」ことに、納得できる人とちょっぴり切ない気持ちになる人がいると思います。絶対に必要かはわかりませんが、私だったら彼が心底納得してくれなければ勝手にリフォームはしません。

 

 

 

一番大切なことは永く続く二人の幸せ

 

婚約指輪を無理してローンで買って、結婚した後の生活が困窮する...これほど本末転倒なことってあるでしょうか。一番大切なのは二人が幸せに暮らすことです。それも永く...。

 

お金に余裕があって、婚約指輪にお金をかけても全然平気という場合は良いのですが、余裕がないのに無理して買う...それが愛の証だとは私は思いません。

 

「婚約指輪の存在は当たり前」を一度外してみて本当に必要かなって考えてみてほしいなと思います。その上で夢や憧れを叶えるために絶対に必要だと思うのであれば彼にその熱い想いを伝えても良いと思います。

 

「この子は婚約指輪をもらうことに大きな幸せを感じる子なんだな」って知ってもらうことができるので、彼も彼女の幸せのために喜んで婚約指輪を贈ってくれると思います。

 

で、これを考えるのはやっぱり女性の方からしてあげて欲しいなとも思うんですね。婚約指輪に関しては男性は基本的に受け身なので...。

 

 

 

 

最後に:全部ひっくるめて婚約指輪について考えてほしい

 

いかがでしたか?

 

ここまでかなり婚約指輪否定派よりの個人的見解をお伝えしてきましたが、別に婚約指輪を否定する気は実は全然ないんです。

 

彼女がめちゃくちゃ喜んで幸せになり、彼もそれを見て幸せになる...そうであればそれってすごいことだとも思うからです。数十万数百万円かけたって価値のあることだと思います。

 

でももし単に「形式的に」「なんとなく」なのに無理して婚約指輪を買うような状況であるのであれば、お互いに冷静に考えてみてもいいんじゃないかなってことをお伝えしたかったのです。

 

結婚は2人が幸せになるためのものですから、婚約指輪への考え方、確かめあってみてはいかがでしょうか。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報