結婚にまつわるお金のあれこれ

お金がなくて子供が産めないのは本当?子供にかかる費用と世帯年収を考えてみた

 

 

結婚したあとに考えるのは子供のこと、そんな人は少なくないでしょう。

 

しかしたまに、「お金がなくて子供が産めない」という夫婦がいます。お金がないと子供が産めないは、本当なのでしょうか?

 

 

 

 

子供1人を大学まで入れるにはいくら必要?

 

子供を出産してから大学まで入れたときにかかるお金は、養育費と教育費を含めてすべて公立で3,000万円弱、幼稚園から私立だと6,000万円程度と言われています。

 

幼稚園から子供を私立に入れるのは、いわゆるお金持ちと呼ばれるご家庭ですから、一般的には3,000万円〜3,500万円と言われています。

 

子供が成人するまでの20年間で計算すると年間150〜175万円の貯蓄があればまかなえるという計算になります。ただ、教育ローンや奨学金などもありますから、実際にはもっと抑えることは十分できます。

 

これを踏まえた上でお金がなくて子供が産めないは本当なのか、を見ていきます。

 

 

 

 

ワーキングプアが無収入の人と結婚したら厳しいかも

 

例えばワーキングプアと呼ばれる女性が、夢追い人(ほぼ無収入)と結婚したとしたら、世帯年収が200万円程度という場合があります。

 

出産のための費用は健康保険からでますから、一般的な分娩であればほぼ賄うことはできます。ただ、子供が成長するにつれて欲しいものができたり、習い事をしたいと望んだ場合、それを叶えてあげたいと思うのが親心です。

 

ワーキングプアの収入のみだと、年間で貯金はほとんどできませんから、幼少期の欲しいものややりたいことの願いをたくさん叶えてあげるのも難しいと考えるべきでしょう。

 

旦那が働くか奥さんが転職して収入アップさせるなどしない限りは、子供を大学に入れることはもっと厳しいです。旦那さんには子供ができたことをきっかけに夢は諦めて定職に就いてもらうのが正解かもしれません。

 

※ワーキングプアとは、正社員として働きながらも年収200万円に満たない人たちのことです。

 

 

 

 

ワーキングプア同士の結婚ならどうなる?

 

では、ワーキングプア同士の結婚はどうでしょうか?男性も女性も年収200万円、一人暮らしをするのは厳しいかもしれませんが、結婚して一緒に暮らせば世帯収入は400万円です。

 

年収400万円であれば、節約などをしながら年間貯蓄額100万円は十分可能です。

 

奥さんが1年間の育児休業を取得すると1年間は厳しいですが、全くの無収入ではなく育児休業給付金から賃金相当67%のお金をもらうことができます。(180日以降は50%)。※H28.1.1現在

 

奥さんが育休中や復帰後の数年は時短制度などを使うことを考えると、世帯年収が300万円程度になることが予想されますが、小さな赤ちゃんと3人なんとか生活できない金額ではありません。

 

その数年を乗り切ればまた貯金ができるようになります。

 

ただ、子供が大きくなって大学進学などを考える時期になると世帯年収400万円では、子供の一人暮らし費と学費を払うのは厳しいです。実家通いや奨学金利用なども含めて検討していくことになります。

 

とは言え、大学進学も不可能ではありません。

 

 

 

 

少ないと言われる年収300万円同士なら?

 

年収300万円は世間一般的には決して多くはない年収ですが、一般的なサラリーマンやOLで年収300万円は珍しくはありません。

 

では、年収300万円同士が結婚するとどうでしょうか?世帯年収は600万円になりますから、かなり余裕がでてきます。この収入なら年間貯金額が200万円も十分達成可能です。

 

生活水準を無理に上げることさえしなければ、子供を産み十分な教育費を払ってあげることも可能です。

 

女性が結婚相手に求める理想の年収は、半数近くの女性が500〜800万円台と回答しているという調査データがあるそうですが、実際のサラリーマンの平均年収は400万円台と、現実とは差があります。

 

自分が専業主婦になって旦那さんにこれぐらい稼いでもらわなくても、少ないと言われる年収300万円でも夫婦共働きであれば世帯で600万円。こちらの方が超現実的に叶えることができそうです。

 

 

 

 

結論:お金がなくて子供が産めないはほんの一握り

 

こうして考えてみると、お金がなくて子供が産めないの真実は、実際にないわけではありません。様々な経済事情で産めない人もいるでしょう。

 

ただ、本当にその状況ではないのに、お金がないことを子供を産めない理由にするのは違うと思うのです。今回ご紹介したように、少ない収入同士の結婚でも、十分に子供を産んで育てることは可能なのですから。

 

もちろん、今回のお話はシングル家庭は除いていますのでシングル家庭についてはまた別の機会に考えてみたいと思います。

 

そして、夫婦共働きが基本ですが、今の時代はそれが当たり前ですから難しいことではありません。さらに今は副業などで収入を増やしていくことは十分可能な時代。

 

本当にお金がなくて産めないのか、それとも生活レベルが高すぎて無駄が多いなど工夫が足りないのかは、じっくり検討してみるべきではないでしょうか?

 

 

 

 

お金の相談はプロにしよう

 

お金の話って知らないことも多くて難しいですよね。節約して貯金したいけれど、家計もどこから手をつけていいのか正直分からない...そんな方は一度プロの家計診断を受けてみるのもおすすめです。

 

生命保険など毎月かかる大きな出費を安く抑える方法を教えてくれたり、人生の中でかかるお金のことを色々相談できます。

 

保険マンモスは、日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で11項目で1位を獲得しているサービスですから安心です。無料で相談できてしつこい勧誘もありませんから試してみる価値はあると思います。

 

無料相談で商品券がもらえます。↓↓↓
 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報