結婚にまつわるお金のあれこれ

結婚しようと思ったカップルが絶対に考えるべきお金のこと

 

 

結婚しようと思ったときに気になるのはお金のこと。

 

結婚指輪に結婚式に引っ越し費用に...結婚なんてできないかもと不安になることがあるかもしれません。

 

でも、自分一人だけでなく二人一緒に考えれるのも結婚する強みですよね。

 

夫婦になるのですから、二人一緒にできることから始めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今こそ先取り貯金でお金を貯めましょう。

 

このサイトでしつこいぐらいにお勧めしている先取り貯金。笑

 

そもそも貯金をするためには目標を決めるのが一番なので、今こそ結婚という目標がありますよね。

 

二人とも収入のうち結婚用の先取り貯金をしましょう。

 

結婚までの日数や結婚式を挙げるかどうかによっても目標額は異なりますが、結婚するのは何年も先の話ではないはず。

 

今はとにかく可能な限りの金額はすべて先取り貯金で強制的に貯めるようにしましょう。

 

二人ともすれば結婚のための費用はかなり早く貯めることができますよ。

 

先取り貯金の方法は財形貯蓄や銀行の積立などを利用して強制力のある方法を取りましょうね。

 

※関連記事

先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう
財形貯蓄制度について
ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに意を付けたいコト。 

 

 

 

 

お金を使わなくても楽しく過ごす方法を考える

 

少しの間、お金をかけた旅行やディナーが食べられなくてもいいと思うんです。

 

それよりも二人は結婚して幸せになるという目標があるのですから出費を抑えることは苦にならないはずです。

 

とはいえ、結婚までの間どこも外出しない、デートもできないでは寂しい限りです。

 

こんなときこそお金を使わなくても楽しく過ごす方法を考えましょう。

 

二人で料理をする、はまるようなDVDを見つけて自宅で鑑賞する、たまには公園でお散歩するなど...二人が一緒ならお金をかけなくても楽しく過ごす方法はいくらでもあるはずです。

 

※関連記事

お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選! 

 

 

 

 

食事は自炊を基本にしよう

 

お互いに仕事をしていることが多いでしょうから、なかなか料理をする時間は取れないかもしれません。

 

ですから無理をする必要はありませんが、食費を節約するためにはやっぱり自炊が基本です。

 

忙しい平日に買い物に行くのは避け、休日に1週間分をまとめ買いしておくのがおすすめです。

 

忙しくて料理できない日があると見込まれる方は、お肉やお魚は冷凍して使うときに解凍する、野菜はできるだけ傷みにくい根菜類を中心にそろえるなど、ちょっとした工夫をするといいと思います。

 

※関連記事

安いお肉を柔らかくて高いお肉に変身させる方法
冷蔵庫の残り物レシピこれだけ覚えればあっという間ラクラク節約
値引きシール狙いの人は要注意!割引商品が節約の逆効果になるワケとは? 
割とミニマムな食生活を送っているんじゃないかと思う私の食費事情 

 

 

 

 

可能であれば同棲して家賃を浮かす

 

状況によっては結婚してから一緒に住むと決めていたり、同棲が難しい場合もあると思います。

 

しかし、お互いに一人暮らしをしているような場合などは同棲して家賃を浮かすことを考えましょう。

 

逆に、お互いに実家暮らしをしている場合は、結婚までは実家にお世話になって余計な出費を出さないようにしたいですね。

 

お金を貯めたいと思ったら、固定費を見直すことが一番手っ取り早いです。

 

家賃の他通信費や車にかけるお金など、毎月必ず出費しているものを減らせないか検討していくことが大切です。

 

 

 

 

婚約指輪は絶対必要?

 

これは、女性が納得できるかどうかなのですが、婚約指輪は必ずしもいるものでないと思います。

 

お金に余裕があれば女性としては嬉しいかもしれませんが、無理してまで買うようなものかなというのは個人的な考えです。

 

婚約指輪は気持ちが伝わる素敵なツールではありますが、一番大切なのは二人が今後幸せに生活をしていくことだと思うので、現実的に優先順位をつけるという考え方もときには必要かなと思います。

 

ただ、婚約指輪をもらうのが子供の頃の夢だった!なんて女性もいますから、そんな方の夢は是非叶えてあげてくださいね。

 

ここは、女性の中でも人によって価値観に大きな違いがでるポイントでもあります。

 

お相手がどんな価値観なのかは、よく考えてみてほしいなと思います。

 

 

 

 

結婚披露宴についてもよく話し合いましょう

 

式や披露宴についても、二人で価値観を確認しあいましょう。

 

昔は、式も披露宴もして当たり前、そこまでやってこそ責任を果たすことだ!なんて考えが主流だったかもしれませんが、今はそうでもありません。

 

式も披露宴もやらない代わりに新婚旅行にはお金をかけたい、お世話になった方へは挨拶周りを丁寧に行うことで結婚の報告をする...など、いろんな選択肢があります。

 

私なんかは、皆に注目される披露宴は恥ずかしいと思ってしまうタイプですが、女性の中には披露宴をやりたくて仕方がないという方は多いと思います。

 

男性の方は女性の気持ちをないがしろにしないであげてくださいね。

 

 

 

披露宴を絶対したい派なら費用を抑えた方法を

 

披露宴は絶対にしたい!と思う方は、是非やってください。

 

一生の思い出になるといいですね。

 

でもお金があまりなくて...という場合は、できるだけ費用を抑えた披露宴も最近は多いです。

 

「ゼロ婚」などの格安結婚式サービスも流行りですね。

 

招待客からのご祝儀内で披露宴の費用をまかなえてしまう「持ち出しゼロ」というところが特徴的です。

 

ちなみに、「ゼロ婚」を利用すれば、披露宴の料金も後払いで良いし、通常の披露宴と違って指定の業者がいないため、カメラマンやスタイリストを知り合いに頼む、手作りできるものは手作りして持ち込みするなど、費用を抑える工夫ができます。

 

また、会場使用料が比較的安く、衣装の持ち込み料もかからないレストランウエディングもおすすめです。

 

お洒落なレストランを見つけて現代風の披露宴ができると思います。

 

 

 

 

参列者としての感想...感動したのは人前式

 

友人の結婚式に参列して個人的に素敵だなと思ったのは人前式です。

 

宗派を問わずどんな人でも参加できる、神仏に誓わない結婚式です。

 

お世話になった人たちの前で夫婦になることを近い、証人になってもらうという形式です。

 

二人の誓いの言葉がすごく心に響きました。

 

クリスチャンでもないのに、牧師さんのいる教会で何となく式を挙げるよりよっぽどいいなと思いました。

 

私、牧師さんの「アナタハ...」で式に集中できなくなっちゃうんです。すいません、辛口ですが...。

 

ちなみに、牧師さんを呼ばなくて良いので人前式にすると費用がかなり抑えられるそうですよ。

 

宗派を問わないという方は良いと思います。

 

※関連:花嫁さんはエステ費用節約に日傘を利用しよう

今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介 

 

 

 

 

最後に:結婚後のお金の価値観を共有するための一歩はここから

 

いかがでしたか?

 

結婚したいと思ったら二人でお金のことたくさん考えましょう。

 

夫婦になってからも絶対に大切になってくるお金の価値観は二人で共有することが大切です。

 

結婚したいと思った今からが、そのための一歩になります。

 

しっかりと向き合ってくださいね。

 

 

 

結婚したら保険の見直しのチャンス、でも保険貧乏にはならないで

 

結婚を機に保険の見直しをする人は多いと思います。

 

でも、まだ子供がいない新婚のうちは必要最低限の保険で十分です。毎月の保険料に大金を払って貯金ができなくなることだけは避けましょう。

 

適切な保険についてはファイナンシャルプランナーなどお金のプロに無料診断を受けるのがおすすめです。

 

【ほけんのFP】や ほけんのトータルプロフェッショナルなら無料で保険や家計診断についてプロに相談できますから結婚を機に試してみても良いですね。

 

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報