お小遣い制が向いている旦那さんはどんな人?

お小遣い制が向いている旦那さんはどんな人?

 

 

結婚して家計のことを考えるとき、一度は検討した人も多い旦那さんへのお小遣い制。

 

一方でお小遣い制は旦那をだめにすると言われたり、お小遣い制の旦那は出世しないと言われたり・・・。お小遣い制には賛否両論ありますね。

 

個人的には、どちらが絶対に良い!というよりは、旦那さんの性格や奥さんの管理能力などによって異なると思います。

 

そこで今回は、お小遣い制に向いている旦那さんとはどんな人なのかについて解説していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あればあっただけ使ってしまう人

 

自分でお金の管理が全くできない旦那さんは、間違いなくお小遣い制にした方がいいでしょう。

 

浪費癖があったりする人はクレジットカードを持たせない、必要なときだけ現金を渡すようにするなどして、旦那さんをしつける必要があります。

 

 

 

やたらと付き合いのいい「断れないさん」

 

男性に多い、「付き合いを大切にする人」。仕事でのコミュニケーションは大切ですが、なんでもかんでも参加していては、いつまでたってもお金は貯まりません。

 

そんな旦那さんは是非お小遣い制に。

 

お金に制限があることで、ときには「断る」ということを覚えますし、「お小遣い制だから。笑」と周囲に伝えることで、「それじゃあ仕方ないね!」と周囲も納得してくれます。

 

お小遣い制にすることで、断りやすい環境をあえて作るのです。

 

 

 

計画的にお金を貯めて叶えたい夢がある人

 

計画的にお金を貯めて、叶えたい夢がある。

 

そんな人は例え自分で管理するとしても、決まったお金の中でやりくりすることになるのですから、お小遣い制の方が更に強制的に貯まる!と前向きになりましょう。

 

奥さんに任せておくだけでどんどんお金が貯まるなら、そんな楽な貯金方法はありませんよ。ただし、その夢のためにお金を貯めたいという想いは、奥さんと共有しておきましょう。

 

特に家を建てたいなどの奥さんと共通の夢ではなく、自分一人のための夢のための場合、奥さんの理解がないと、せっかく貯めたお金をいざ夢のために使うときにもめることになります。

 

 

 

自分より奥さんの方がお金の管理能力がある場合

 

奥さんが専門家だったり、税金や社会保険に詳しかったり、お金の管理能力が明らかに奥さんが上の場合。
旦那さんは自ら進んでお小遣い制にしておきましょう。

 

反対に、自分の方がお金の管理能力があるし、知識も豊富。そういう場合は、奥さんに縛られているというストレスを感じることがありますので、無理にお小遣い制にする必要はありません。

 

夫婦どちらにとってもストレスがない形で、お小遣い制を採用するのが一番長続きするし、家計にとって良い影響があります。

 

※関連記事

お小遣いや欲しいものを上手におねだりする方法 
新婚カップルは今こそお金の貯めどきだから真剣に考えよう 

 

 

 

金融機関に行くなどの手続きを面倒に感じる人

 

今はネットバンクもありますので、昔ほど平日に金融機関に出向く機会は減りました。

 

でも、ネットで管理したり、金融機関に出向いたりするのが面倒に感じる人は、奥さんにお金の管理を全面的に任せるのが楽です。

 

そもそもお金の管理が得意な人は、お金に関して「面倒」という概念があまりありません。お金のことが面倒に感じる人は、お小遣い制の方が向いていると言えるでしょう。

 

※関連記事:いくらなんでも自分の給料の口座ぐらいは把握しておきましょうね!

自分の給料がどこに振り込まれているのかわからない人 

 

 

 

 

そもそもお金を使わない、物欲のない人

 

奥さんにとってはありがたい話ですが、物欲のない人っていますよね。私の知り合いの方もお小遣い制ですが、そもそも物欲がないので、お小遣い制でも手元にかなり余るのだそうですよ。

 

本人曰く、仕事も忙しいし、お昼ご飯以外に何に使うのかがわからないのだそう。

 

そういう人はほっといても貯まるのでしょうが、いくら貯まったかなどの把握や、目的がある場合の金額設定の判断ができるので、お小遣い制にしてしまうの方がメリットがありそうです。

 

※関連記事

どうしてもやめられない浪費癖のある人に贈りたいお金の格言
人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある 

 

 

最後に:よく話し合うことが大切

 

お小遣い制への議論はつきませんが、周りがとやかく言うことではないような気がします。夫婦の性格や環境によって異なるものですから、結局のところ話し合いが大切。どちらも歩み寄る姿勢を持つことも必要ですね。

 

周りがお小遣い制を勧めてくるからと言って、必ずそれは自身や配偶者にあてはまることではありません。分析をしっかり行ったうえでお小遣い制導入を決めてくださいね。

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報