DINKS家計がやるお金の失敗は?今こそ貯めたいDINKSは現実をしかと見るのだ

DINKS家計がやるお金の失敗は?今こそ貯めたいDINKSは現実をしかと見るのだ

 

 

DINKSは一番お金が貯めやすい大チャンスの時期です。しかし収入が多いのに実は貯められない家計も多いのが問題です。

 

それだけ収入があればどんどん貯まりそうな気もしますが...一体なぜなのでしょうか?というわけで今回はDINKS家計がやりがちな失敗をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

DINKSとは?

 

DINKSというのは、Double Income No Kidsの頭文字をとったもので、子供がいない夫婦共働き家庭のことを言います。

 

夫婦二人がしっかり働くことで例え一人の収入が300〜400万と平均的な稼ぎであっても、家計収入は600〜800万と、かなり余裕を持って貯金を増やせる黄金パターンの典型例です。

 

これだけの収入があれば、収入の2〜3割を貯金に回して家計全体で年間最低100万、できれば200万は貯金しておきたいところです。

 

しかし、実際にはほとんど貯金できない自転車操業的な家計も多いのがDINKSの落とし穴。一体何にお金を使ってしまっているんでしょうか?

 

 

 

 

DINKS家計がやりがちな失敗

 

では、DINKS家計がやりがちな失敗例を具体的に見ていきます。

 

近年は女性の社会進出が進み、子供を持たない選択をするカップルもでてきましたから、かなり当てはまるケースが多いと思いますよ。

 

 

夫婦共働きであるがゆえに生活費がかかる

 

夫婦共働き、それもお互いが正社員で働いているという場合は、家事に時間をかけられないのがネックです。

 

一人暮らしと違って洗濯ものや部屋の汚れやすさなど単純に家事負担は2倍になりますが、お互い仕事が忙しくてなかなか家事をできないケースが多くなります。

 

それゆえに出費はやはり多くなります。仕事が忙しい、大変で体が疲れている、などの理由でお弁当を作ったり自炊をするのが困難になります。

 

結果的に昼と夜はコンビニや外食がメインになり、食費がかかります

 

貴重な休日も家事をすることすら大変という場合、ルンバなどの自動掃除機や食洗器を購入したり、家事代行などをお願いすることもあります。

 

※関連記事

コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例
飲み物にお金を使わないのが貯金の近道。飲み物代について本気で考えよう 

 

 

 

仕事に着ていく服にもお金がかかる

 

DINKS家計は主に30代、40代と、仕事でも責任ある立場についたりバリバリやっていることも多くなります。そうなるとやはり衣服にもお金をかける傾向があります。

 

安物のスーツを着ていては仕事の信頼も得られにくくなるし、女性だって30代ともなればファストファッションに身を固めるわけにはいかない年代です。

 

洗濯もこまめにできる余裕がないから、服の数も自然と多くなるし、かっちりした服は手洗いも難しいから、クリーニング代も多くなります。

 

部下や後輩の手前、靴や鞄も良いものをという志向が強くなりますから、服以外の小物にもお金がかかります

 

外で働いている以上、ある程度は仕方がないのですが、どうしてもブランド志向、高いもの志向になってしまう人が多いのが問題です。

 

※関連記事

クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見! 

 

 

 

趣味を大切にしすぎるあまり出費が膨大に

 

DINKS家計は年代的にも「経験」にお金を使いたいと思いますし、子供がいない分休日を自分たちの時間に充てることができるから趣味を充実させたいという傾向にあります。

 

旅行や習い事、友人たちとの付き合いなど趣味に惜しみなくお金を使ってしまうのです。

 

二人の趣味なら旅行、個人ごとの趣味なら男性は飲み代や車、女性はショッピングや習い事にお金をかける人が多いです。

 

趣味は大切ですし、子供がいない今しか二人だけの時間を楽しめないのも事実です。ただやっぱりバランスは大事ですし、いくら稼いでいても多すぎる趣味費は浪費になります。

 

※関連記事

覚えるだけでお金がどんどん貯まる!消費・浪費・投資3大支出の授業 

 

 

 

外食が多くなりいずれ医療費がかさむ

 

先ほどDINKS家計が忙しくて自炊できない傾向にあるとお伝えしましたが、外食やコンビニが多くなるとやはり太りやすくなり栄養バランスが偏ります。

 

30代前後の若いうちは何とか乗り切れても、40代になるとボディーブローのように食生活の悪さが体に影響を及ぼしてきます。

 

会社の健康診断では毎年のように再検査になり、何らかの値がいつも悪いという人は多いものです。結果的に医療費がかかってしまうというわけです。

 

DINKS家計ではなく、夫だけの収入で奥さんがしっかり栄養バランスの取れた食事を用意してくれている家庭の方が、夫の診断結果は良好になるのです。

 

 

これは私自身、すごく感じたことでした。

 

私の仕事が忙しすぎて毎日夜は二人で出来合いのものを食べたりしていたら、私より5歳年上の彼の健康診断で再検査が続くようになってしまったのです。

 

今は私が食事管理をしっかりできる状況になったので、彼の診断結果が驚くほど改善しました。お医者さんにも、「随分値が良くなっているけど何かやりました?」と聞かれるほどです。


 

※関連記事

お金のかけどころが違う?お金持ちがお金をかけるのはこんなところ!
絶対に禁煙したくなる!お金を得たいならまずタバコをやめよう 

 

 

生活レベルが下げられなくなる

 

DINKS時代は二人分の安定した収入があるから何とかやりくりできるかもしれませんが、ずっとそのままの状況が続くわけではありません。未来はいつか変わるものです

 

DINKS時代の金銭感覚は、子供ができても、夫婦どちらかの仕事がうまくいかなくなって収入が減った場合でも、そうそう変えることはできません。

 

生活レベルが下げられなくなるということですね。

 

例えば現在DINKSで楽しく暮らしているという人は、学生時代の友人たちがファストファッションや手作りお弁当で節約しながら楽しむ様子を見ても、自由にお金が使えないということに、どこか窮屈さを覚えるということはありませんか?

 

それはもう今の生活レベルを手放せないと自分の価値観が固まってしまっているから。厳しい言い方をすると、どこかで友人たちより稼いでいる自分に優越感を感じているのかもしれません。

 

こういう人は、考え方を改めないと、仮に子供ができてDINKSでなくなったときも、ブランド物のベビーグッズを買う、子供を私立幼稚園に入れてお金持ちが集まる住宅地に引っ越してしまうなど、身の丈に合わない生活を望むようになります。

 

※関連記事

年収1,000万円の罠!?高収入なのにお金が貯まらないワケ 
結婚する前にチェックしたいお金の価値観の違い 

 

 

 

子供を望む年齢になった場合不妊治療にお金がかかることも

 

DINKSと呼ばれる人たちは「今は仕事を頑張りたい」とがむしゃらに働き、気づいたら夫婦そろって30代後半になっていることも珍しくありません。

 

そうなったふと、「そろそろ子供が欲しいかも」と思うことがあります。

 

今は40代でも元気な赤ちゃんを産める時代ですが、それでも30代後半になった場合の妊娠のしにくさは若いころに比べると高いです。

 

いざ子供が欲しいと思っても、なかなか妊娠できず不妊治療を始めるという夫婦は本当に多いのです。

 

WEBメディア「こそだてハック」が2016年に行ったアンケートによると、

不妊治療経験者のうち、34.3%が100万円以上の治療費がかかっている。
35歳を過ぎると、経済的負担の高い特定不妊治療での出産が60%以上
不妊治療をやめようと思った理由で経済面を挙げた人が35.6%

という結果がでました。※こそだてハック調べ
参照元:こそだてハック 不妊治療によるアンケート 

 

不妊治療には相当お金がかかるということ、DINKSさんたちは早い段階で知っておくべきです。

 

 

 

残業規制が厳しくなり収入ダウンもあり得る

 

DINKSがやっていけるのは「夫婦がそろって安定した収入がある」からこそです。しかし、どちらかの収入が激減すれば今の自転車操業的生活は成り立たなくなります。

 

例えばバリバリ稼いでいる人は残業を多くやっている人が多いですが、昨今残業規制について政府でも議論が多くされていますよね。長時間労働が何年も前から社会問題になっています。

 

残業規制に乗り出す企業も増えてきていますから、いつどちらかの収入がダウンするとも限りません。残業代は通常の時間帯の1.25倍の賃金が発生しますから、残業代が減ると毎月数万単位の収入ダウンになります。

 

他にも、会社の倒産に転職など、いつ仕事がうまくいかなくなるかはわからないもの。今の収入に安心しきることって怖いことなんです。

 

※関連記事

残業が貯金できない原因?残業をすればするほど貯金できない理由5つを解説
残業代は正しく計算されている?覚えておきたい端数の計算方法 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、DINKS家計がやりがちな失敗をご紹介してきました。貯金できないDINKS家計は、当てはまるものがあったはずです。

 

まずは自分たちの失敗を認識し、一つ一つについて見直していくところから始めていきましょう!

 

DINKS家計を黒字化するにはこちらの記事もどうぞ

貯まらないDINKS家計の黒字化に向けて。知っておくべきDINKS家計管理の方法 

 

「なぜDINKS家計は失敗しがちなのか?」についても近々ご紹介していく予定です!

 

 

 

 

貯金できないDINKS家計は生命保険の見直しを

 

DINKSは子供がいませんから、生命保険料は最低限のものに抑えることで貯金額をアップさせることが可能です。

 

とは言え保険については、ライフプランや資金力などによっても「何が適正か」は異なります。おすすめなのは、色々な保険を比較検討する方法です。

 

保険料や保障内容などトータル的に見て適切な保険に入るようにしましょう。保険マンモスでは、生命保険の相談をファイナンシャルプランナーにすることができます。

 

相談は無料ですし、しつこい保険勧誘もありませんから毎月の固定費を抑えるためにも一度相談してみると良いと思います。夫婦そろって相談すれば、最大で6,000円分の商品券がもらえますから家計の助けにもなります。

 

無料保険相談はこちらからどうぞ
↓↓↓
 

  


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報