共働き夫婦は食費改善で貯金額大幅アップ!DINKSの家計管理で食費を節約する方法

共働き夫婦は食費改善で貯金額大幅アップ!DINKSの家計管理で食費を節約する方法


  ※この記事は2017/10/14に執筆しました。

 

共働きで子供がいない夫婦を「DINKS」と言いますが、DINKSは「高収入世帯なのに貯金がない」に陥るリスクがあります。

 

特に食費については、経済的余裕と時間のなさからお金をかけがちですが、あまりに放ったらかしておくと「どうしてこんなに貯金ができないの?」ということに。

 

DINKSは将来的に子供が生まれたとき、子供がいないで老後を迎えたときのことを考えても、しっかり貯金をしておく必要があるでしょう。

 

というわけで今回は、共働き子なしDINKSの家計管理として、食費の改善方法を紹介します。

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

DINKSの食費平均をチェック
貯金額大幅アップを目指して。DINKS家計の食費節約方法
職場ランチは控えめにしてメリハリを。DINKSのランチ節約方法
忙しいDINKSは宅配サービスが絶対おすすめ
DINKS家計の食費目安&理想は?
DINKS家計が食費を削るときの注意点

 

 

 

 

 

DINKSの食費平均をチェック

 

まずはDINKS家計の食費平均を確認してみましょう。

 

参考データとしては総務省の全国消費実態調査があり、夫婦のみの世帯において消費支出全体に対する食費の割合がわかりました。

 

【夫30歳未満の夫婦二人家計】

 

消費支出 27,2045円のうち、食費は49,783円

 

(食費の内訳)

 

食費(外食以外) 32,373円(消費支出全体の11.9%)

 

外食費 17,410円(消費支出全体の6.4%)

 

【夫60歳以上の夫婦二人家計】

 

消費支出 290,104円のうち、食費は71,075円

 

(食費の内訳)

 

食費(外食以外) 59,761円(消費支出全体の20.6%)

 

外食費 11,314円(消費支出全体の3.9%)

 

となっています。

 

60歳以上の場合は住居費にお金がかからないことなどから、食費にかける割合が多くなっています。

 

この2つのデータとDINKS家計の方の声などを考慮すると、DINKS家計の食費平均は5〜7万円とみることができます。

 

収入やその他の支出との兼ね合いもあり一概には言えませんが、これより食費が高いDINKS家計は、まずは食費のかけ過ぎを疑ってみていいでしょう。

 

※参照 総務省 平成26年全国消費実態調査

 

 

 

 

子なし共働きのDINKSは食事が重要

 

DINKS家計の食費平均5〜7万円を多いと見るかですが、下記の点を考えるとそれなりに妥当と言えるかもしれませんね。

 

子供がいない分自分たちの食事を人生の楽しみにすることができる

 

子供がいない分体を壊しても将来頼れる人がいないため多少食費が高くても健康志向になる

 

共働きのため忙しくしており自炊などができない傾向にある

 

ただ、やみくもに食費を使うことでせっかくの共働き収入を無駄にし、貯金が全くできないDINKSが多いのも事実。

 

食費はけっこう改善余地がある点なので、少しの工夫で毎月の貯金額をアップさせることが十分可能です。

 

 

 

 

 

貯金額大幅アップを目指して。DINKS家計の食費節約方法

 

 

毎月の食費5〜7万円を減らすためにどんな工夫が必要でしょうか。

 

ここからは、DINKS家計の食費改善方法を紹介します。

 

 

 

DINKSは自炊もいいが「中食」が狙い目

 

食費の節約といえば自炊ですが、DINKSの場合は自炊が逆に割高になることもあります。

 

たとえば、自炊しようと食材を買っても、残業続きで忙しい、急な出張が入る等で自炊ができなくなる、二人だからあれこれ食材を買うより出来ているものを買った方が結局お得、ということなどが考えられますね。

 

子供がいる、家族が多い家庭とは異なる点。

 

もちろん、自炊をベースに考えていただいて問題ないのですが、ケースによって「中食」も使いわけましょう。

 

【中食って?】
中食というのは、お弁当や調理済のお惣菜などを、自宅や職場で食べることを言います。

 

 

 

食事やワイン以外の夫婦共通趣味を見つける

 

DINKSは子供がおらず、二人して働いているため高収入。

 

そのため、二人の時間を充実させるために共通の趣味を設けていることが多くあります。

 

よくあるのは「食」が趣味であるケース。

 

たとえば、

 

毎週1回は外食して美味しい食事を楽しむ

 

二人ともお酒好きでワインにこだわりがある

 

特定の食べ物を食べに県外にまで足を伸ばす

 

など。

 

これだと、食費が月5〜7万円では収まらないかもしれないですね。

 

趣味を兼ねていると思うと自分たちに甘くなり、結局他の趣味をする以上に趣味代がかかっていることにもなります。

 

食事やワインはもちろん素敵な趣味ですが、実はかなりお金がかかる趣味だと心得て。

 

「食」は価格に際限がないため、こだわればこだわるほどお金をかけたくなっていきます。

 

 

 

 

「食」以外を趣味にするときの注意点

 

「食」以外を趣味にするときの注意点としては、旅行やファッションは同様にお金がかかるのでそれ以外で考えてみてください。

 

もしかすると毎月定額の習い事を二人でした方が、家計には優しい可能性が高いですよ。

 

※お金がかからない遊び方もぜひ覚えてくださいね

 

 

 

お酒がやめられないなら自宅でお洒落に飲もう

 

お酒が大好きでどうしてもやめられないDINKSは、毎週の外食をやめ、半分は「家飲み」にするだけでも違います。

 

外食+ワインだと、二人で少なくとも8,000円〜10,000円はかかるでしょう。

 

場合によっては2軒目に行ったり、酔っぱらってタクシーを使って帰ってくることも。

 

家飲みも多少お金はかかりますが、外食とは比較になりません。

 

たとえば【森山ナポリ】 のピザとワインショップソムリエのワインを購入して家飲みにしてみるとどうでしょうか。

 

森山ナポリは管理人も利用したことがありますが、とても美味しい本格ピザが自宅で手軽に楽しめます。

 

価格帯は1枚1,000円前後で、高くても1,500円くらい。

 

頻繁に食べると高いと感じるかもしれませんが、外食の代わりなら節約効果大。

 

送料はかかりますが冷凍で届くので、まとめて購入しておくと忙しくて食事の支度ができないときにも重宝します。

 

1人1枚ずつ食べても1食2,000〜3,000円。

 

系列の【パンdeパエリア パーティ】ではパエリアも購入できますし、ちょっとしたサラダを作れば立派なディナーになります。

 

これに、ワインショップソムリエでランキング1位の「スパークリングワイン5本セット」を買ってみる。

 

税込み4,298円、1本あたり約860円です。

 

他のワインもお手頃価格なので、1本あたり1,000円見積もっておけば、いろいろなワインが楽しめるでしょう。

 

美味しいピザとサラダ、ワインを2本開けても、2人で5,000円以内に抑えることもできるため、外食した場合の半分のお金で楽しめます。  

 

酔っぱらってそのまま家で寝てしまえるのもいいですよね。

 

 

 

 

 

職場ランチは控えめにしてメリハリを。DINKSのランチ節約方法

 

 

DINKS家計は夫婦共働きで忙しく過ごしている方が多いでしょう。

 

職場ランチにもけっこうお金を使いがち。

 

職場ランチはあくまでも午後の仕事を乗り切るための補給程度だととらえて、メリハリをつけることが大切ですよ。

 

ここからは、DINKS家計の職場ランチ節約方法を紹介します。

 

 

 

「お弁当作り」はハードル高いから別の方法を考える

 

職場ランチの節約と言えばお弁当持参ですよね。

 

パートや専業主婦ならお弁当作りも可能でしょうが、正直大変です。

 

DINKSは女性もキャリア志向であることも多いため、責任ある仕事を任されていたりして時間があまりありません。

 

というわけで、お弁当作りはややハードルが高いので、完全なお弁当は最初から諦めるのも方法です。

 

 

 

 

お弁当にこだわらずに節約する方法はたくさんある!

 

お弁当作りが面倒な方に簡単なランチの節約方法をご紹介します。

 

おにぎり+おかず

 

おにぎりを持参し、おかずだけコンビニやスーパーで買う方法。200〜300円くらいで済みます。

 

おにぎらず

 

おにぎりも面倒なら、「おにぎらず」でも。

 

ちょっとしたブームになりました。「おにぎらず」って、こういうのです。

 

 

 

 

ご飯詰めるだけ+真空パックおかず&レトルト食品

 

タッパーにご飯詰めるだけでもいいでしょう。

 

コンビニで売っている真空パックのおかずやレトルト食品(カレー、牛丼の具)などを使えば、立派なランチになります。

 

※コンビニの職場ランチ節約方法はこちらの記事もどうぞ。

 

 

スープジャーに無洗米+だしの素+野菜

 

スープジャーにお米(洗うのが面倒なら無洗米を買いましょう)、だしの素、野菜(火が通りやすいもの)を入れて外出すれば、お昼くらいには雑炊になっています。

 

スープジャーって、こういうのです。

 

 

 

 

 

職場ランチを節約するための譲れないポイント

 

職場ランチの節約は小さいことのようで、平日毎日のことなので積み重ねが重要です。

 

譲れないポイントとしては下記3点。

 

これを厳守するだけで、月数千円の節約になります。

 

飲み物だけは持参

 

お菓子は買わない

 

どうしても飲み物やお菓子をコンビニで買うならPBブランドものに

 

 

 

ランチがどうしても外食になってしまうDINKSの節約ポイント

 

営業職など、どうしてもランチが外食になるDINKSもいるでしょう。この場合の節約ポイントを挙げます。

 

飲み物は注文しない

 

飲み物ほどお店の利益になるメニューはないと言っていいくらいです。

 

※飲み物についてはこちらでも書いています。

 

 

 

安いランチのローテーションを手帳に書いておく

 

健康志向の方も多いDINKSですが、忙しいランチ時間帯は、ぱぱっと簡単に済ませることもときには必要です。

 

安いランチのローテーションを手帳に書いておくと、「今日何食べようかな」と迷う時間も短縮できますよ。

 

安いランチと言えば、うどん、牛丼(目安は300円)、意外と1人回転寿司もおすすめです。

 

100円のお皿を4〜5皿食べれば、8〜10貫くらい食べれてランチとしては十分です。(目安500円)

 

美味しい社食や社員割引券があればガンガン使いましょう。

 

 

 

クーポンサイトを利用する

 

クーポンサイトを利用してランチをお得に食べるのも1つ。

 

「ランチ クーポンサイト」で検索するとたくさんでてきます。

 

auユーザーの方なら【グルメパス】がおすすめ。

 

ワンコインランチや特別価格のクーポン下ゲット、クックパッドの殿堂入りレシピも見れます。

 

↓30日無料で利用できるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

忙しいDINKSは宅配サービスが絶対おすすめ

 

自炊ができそうなDINKSでも、買い物の手間は気になりますよね。

 

1回の買い物で15〜20分は少なくともかかるし、疲れた仕事帰りに重たい食材を買って帰るのもしんどいもの。

 

私も毎日残業がある仕事をしていたときは、仕事帰りのスーパーが苦痛でした。

 

DINKSの場合は、多少割高になると思っても宅配サービスを利用するのが絶対おすすめです。

 

宅配サービスのメリットとしては主に3つ。

 

予算が決められてうっかり使い過ぎを防ぐ

 

腹ペコ状態で衝動買いしないで済む 

 

DINKSのキーワード「時短」が叶う

 

宅配サービスは「高いのでは?」と思われがちですが、無駄遣いが減り時間の短縮にもなるため、結局お得になるケースが多いです。

 

DINKS以外でも利用価値が高いでしょう。

 

 

 

 

DINKS家計の食費目安&理想は?

 

DINKS家計の食費平均は5〜7万円でしたが、どの程度まで抑えることができれば成功と言えるのでしょうか。

 

各家庭によって状況が異なりますが、「貯金をしっかりしたい!」と考えるDINKSを前提に考えてみます。

 

 

まずは週1万円の食費を目指そう

 

比較的達成しやすいラインが週1万円。

 

月4万円ちょっとなので、平均値より1〜2万円程度食費削減になります。

 

週1万円は分かりやすくて管理も楽なので、食費だけ袋分け管理もおすすめです。

 

※袋分け貯金の方法はこちら。このままやってもいいし、食費だけ取り入れてもいいです。

 

 

 

理想は月3万円

 

二人分の食費であれば、理想は月3万円。

 

1日1,000円で二人分と考えるとちょっときつい気がするかもしれませんが、平日は控えめにし、週末たまに外食といったメリハリをつけて、全体的に「ならす」ことを意識するとストレスなく達成できます。

 

すでに食費が月3万円というDINKS家計は優秀ですよ!

 

食費を3万以内に抑えているのに貯金ができていないなら、他に原因があるはず。

 

無理に食費を削るのではなく、大きな支出がないか確認してみましょう。

 

 

 

 

 

DINKS家計が食費を削るときの注意点

 

 

最後に、DINKS家計が食費を節約するときの注意点を紹介します。

 

 

 

切り詰め過ぎないことが重要

 

DINKSは夫婦二人が共働きなので、仕事上のストレスが溜まりやすい環境でもあります。

 

そのうえ食費を切り詰め過ぎると夫婦喧嘩の元になったり、楽しみがないと感じてイライラしたりで衝動買いになったりと逆効果。

 

食費の節約は大切ですが、無理のない範囲でおこなうようにしましょう。

 

 

 

 

自炊は向き不向きがあるから自分に合った方法を

 

お料理上手な人からすれば「自炊は節約の基本」となりますが、お料理が苦手な人もいますよね。

 

やればできるけど、忙しくて時間がないという方もいるでしょう。

 

DINKSの場合は、自炊でなくても節約できる方法があるため、自分に合わないと思ったら無理にやらなくても大丈夫です。

 

今回ご紹介した中で、できるところから始めてみましょう。

 

 

 

あれもこれもではなくメリハリを意識

 

食事はDINKSにとっての楽しみの1つですが、「昼も夜も外食、美味しいパンを買って帰って次の日の朝ご飯も豪華に」では、いつになっても貯金ができません。

 

あれもこれもではなく、「楽しみながらもメリハリをつけること」が重要です。

 

たまにはご飯とお味噌汁、納豆といった質素な食事もいいものですよ。

 

フランスの方などは、質素な食事と豪華な食事のバランスがいいと聞いたことがあります。

 

いつもはパンとチーズだけ、たまにのディナーは思いきり楽しむなど。

 

美味しいものは、たまに食べるからこそ、心から美味しいと思えるのですよね。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、DINKS家計の食費改善方法をご紹介しました。

 

月の食費を2万円節約できれば、年間24万円、それが3万、4万ともなれば貯金額大幅アップも夢ではありません。

 

食費の節約は「小さい」と思われがちですが、食にお金をかけやすいDINKSだからこそ節約効果が大きいもの。

 

できることから一歩ずつ、ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

以上「共働き夫婦は食費改善で貯金額大幅アップ!DINKSの家計管理で食費を節約する方法」でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報