治験バイトってどうなのか。怖い危険、最終手段?イメージとは違うかも

治験バイトってどうなのか。怖い危険、最終手段?イメージとは違うかも

 

治験バイトが稼げるという噂を耳にしたことはありませんか?聞いたことはあるけど何となく怖そう...というイメージを持つ方も多いかもしれません。

 

私が昔に持っていたイメージもそれはそれはひどいものでした。「病院で自分の体を差し出す?そんなの最終手段じゃん!」と、何のドラマに影響されたのか、何と勘違いしたのか...。

 

今はと言うと、病院勤務を経て多少の知識を身に付けたのでそんな風に思うことがなくなりました。

 

今回は、治験バイトについてお話していきますので、私のようなイメージを持っていたという方は参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

治験ってそもそも何でしょう

 

治験というのは...

 

”新しい「薬」を開発するためには、「薬の候補物質」について動物で効果や毒性を調べるだけでなく、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があります。

 

人での有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」と呼んでいます。また、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。

 

参照元:武田薬品工業株式会社HPより

 

 

 

 

治験バイトって?

 

治験バイトというのは一般的には治験モニターさんと呼ばれる有償ボランティアのことで、入院や通院などをして施設に拘束され、お薬の効果などを調べていくための手助けをしてくれる人のことです。

 

健康な人を相手にするものと、元々病気があってその病気に関する新薬の効果を調べるためのものがあります。

 

病院などでは、医師が治療中の患者さんに対して、「治験をしてみませんか?」と、治験に適した方だと判断された場合にお尋ねすることがあります。

 

もちろん強制もせず、患者さんの自由意志によるもので、当然医師の管理のもと行います。治療中の病気でなかなか効果がでないときなどは、新薬を試せる良い機会ととらえることもできますし、社会貢献ができるという意味もあります。

 

ただ今回は、治験バイトという意味で健康な人を相手に行うものについてのお話になります。

 

 

 

 

治験のバイト代相場は?

 

治験バイトの相場は1日あたり、通院で1万円前後、入院で2万円前後と言われています。施設によりますが交通費も支給されます。

 

ボランティアの謝礼なので税金がかからないと思われるかもしれませんが、副業としてやるなら年間で20万円を超えたら納税の対象になります。

 

 

謝礼や要件、交通費のことなど、詳細は事前説明会でお話されますので、必ず確認しておくことが大切です。


 

 

 

制約が多いから守れる常識人であることが前提

 

基本的には施設内で安静にしているのにこの金額がもらえるなんてお得?と考えるかどうかは人それぞれですが、煙草が吸えない、アルコールも禁止、食べていけないものもあるなど、当日だけでなく
治験前から色々と制約があります。
 
治験コーディネーターから聞いた話だと、楽に稼げると勘違いしている人は、事前にしっかりお願いしたこれらの制約を全然守らないなどで本当に大変だそうです。

 

制約が守れないと治験自体ができなくなりますから、指示にしっかりと従える常識的な人にしかできないバイトというわけですね。

 

また、事前に健康診断もありますから、治験の対象として適している健康体でないと、そもそも受けることができない場合もあります。

 

採血も多いので、貧血の人などはできないでしょうね...。献血すらできない貧血の私には無理だと思います。

 

逆に言うと、制約があってかなり健康的になれますし、健康診断を受けていない人なども良いかもしれませんね。

 

 

 

 

バイトとして治験をするなら大手サイトに登録から

 

治験バイトを探すには、基本的には治験バイトのサイトに仮登録をし、説明会のあとに本登録ということになります。

 

説明会に遅刻するなどすると治験に適していないとみなされることがあります。ここでも常識的な行動が必要というわけです。

 

治験サイトの紹介はこのサイトではしませんが、基本的には大手を選ぶなどしっかり下調べをすることが大切です。怪しい治験サイトなどもあるようなので、ここはしっかりと調べましょう。
 

 

最近はネットなど情報源が多いですから、一つに限らずたくさんの情報を得る工夫が必要だと思います。


 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、治験バイトについてお話しました。

 

稼げるバイトとして有名で、人気が高い治験バイトもあるそうですが、採血や投薬などがある以上は手っ取り早く稼げると思うのは危険です。

 

また、大人としての自覚をしっかりと持ち下調べや体調管理、集団生活ができる人でなければできないと申し上げたいです。

 

さらに、当然ですが治験ですからお薬による副作用などがないわけではありません。もちろん医師の管理下で行いますから具合が悪くなれば見てもらえますが...。

 

説明会や治験コーディネーターの話をよーく聞いて、しっかりとした覚悟で臨むことをおすすめします。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報