給与担当者が教えるお金のエトセトラ

本当にやばいかも!接客業がロボットに仕事を奪われる時代がすぐそこまで来ている

 

 

※この記事は2017/5/1に加筆・修正しました。

 

人工知能やロボットの発達が目覚ましい今日この頃。

 

研究者たちは次から次への人間のような知能と技術を持ったロボットを世に送り出しています。

 

ニュースなどでもよく取り上げられていますよね。

 

先日テレビで、ある施設で大人気の「ロボットバーテンダー」が取り上げられていましたよ。

 

接客業は今後なくなりそうな仕事の中でも、かなり可能性が高い職種だと言われています。

 

ロボットに仕事を奪われるのでは?と危惧する人がいる一方、

 

いやいや、そうは言ってもロボットより人間の方が使えるからそんなことはないよーと、楽観的に捉える人もいます。

 

果たして本当にそうでしょうか?

 

今回は、接客業がロボットに仕事を奪われるかもしれない理由を解説していきます!

 

 

 

 

 

 

 

「人の接客」と言える接客をどれぐらいの人ができているのか?

 

私自身は、昔接客業をしていたので、人の接客がとても気になります。

 

買い物をしていて例え良い物を見つけたとしても、接客によって買う買わないを決めることさえあります。

 

それぐらい、接客って大切な仕事だと思っています。

 

ですが、実際に接客業をしている人の中で接客の仕事の大切さを認識している人がどれぐらいいるのだろうか?と疑問に思うことがあります。

 

もちろん、高級ホテルのホテルマンや一流レストランのウェイターの方などは十分接客の大切さをお分かりだと思います。

 

町の小さな飲食店であっても、素晴らしい接客をしてくれる店員さんもいます。

 

ただ問題は、接客業をしている人たちの中でもかなりの割合で「不愛想」「心がこもっていない」「横柄」な人達がいるということです。

 

この人たちがしているのは「人の接客」ではなく、「道案内の看板」「料理を運ぶ自動コンベアー」に過ぎないのです。

 

 

 

 

 

コンビニの店員は将来的に仕事がない?

 

コンビニでも店員さんの接客がすごく気になる私ですが、実際にはコンビニを接客スキルで選ぶという方は多くはないと思います。

 

もちろん隣同士に並んでいるコンビニで、売っている物も同じでしたら接客の良い方を選ぶでしょうが、それよりも立地や品ぞろえなどの利便性の方を重視すると思います。

 

そもそもコンビニエンスって「便利な」って意味ですしね。

 

そう考えると、品出しをし、レジ打ちをしてくれるのは「人」である必要はあるのでしょうか?

 

買いたい物を買いたい時間に手い入れることがコンビニの目的であれば、店員さんがロボットだとしても構わないような気がします。

 

コンビニ強盗に襲われても、人がけがをすることもなくなりますし、ふらっと立ち寄っただけのコンビニの店員さんの対応が横柄でいらっとすることもないですしね。

 

 

 

 

レジ打ちも将来的には必要なくなる?

 

 

最近ではセルフレジを設置しているお店が増えましたね。

 

今はまだ自分でぴっぴとする面倒なタイプが主流ですが、買い物かごを置いただけですべての商品の料金計算してくれる機械もあるようなので、レジ打ちの仕事はいずれなくなるでしょう。

 

その機械はまだ高すぎて普及していないと思われますが、お手頃になれば人件費もカットできるし、レジの順番待ちも解消できますから全国に普及するかもしれないですね。

 

これは、ロボットではありませんが機械に仕事を奪われるという意味では全く同じです。

 

 

 

 

コンビニやレジ打ちじゃなくたって危険?

 

冒頭でロボットバーテンダーが大人気だということをちらっと書きましたが、コンビニやレジ打ち以外にも飲食店の接客だってロボットに仕事を奪われる時代がきています。

 

明るい笑顔もなく、単に食事を運ぶだけならロボットだってできますものね。

 

いつも忙しそうでイライラしているようなウェイトレスなら、ロボットの方がよっぽど良いのでは?とすら思ってしまいます。

 

逆に、一生懸命丁寧に接客をしてくれウェイトレスさんなら、食事がより美味しく感じられると思いますが...。

 

接客業をしている方やお店の教育担当の方にはそこに気づいてほしいと思います。

 

 

 

 

 

店員さんの給料とロボット代、どちらが得?

 

私が昔接客業をしていたときの初任給は総支給で20万円ちょっとだったと思います。

 

年収はボーナスをのぞいて240万円程度です。

 

一方、ソフトバンクから発売されている人型ロボットPepperの法人向け価格は、合計で2,519,424円だそうです。(その他手数料あり。

 

※参照元:ソフトバンクHP 2017年5月現在

 

もちろん、人型ロボットと言ってもまだ人のようにすべての接客をすることができるわけではないようですが、金額の目安として考えてみたいと思います。

 

接客業一年目の年収とロボット1体の価格は似たようなものだということが分かります。

 

でもロボットは壊れるし維持費が大変!と言うかもしれませんが、人間だって病気になるし維持費がかかります

 

社会保険加入であれば会社負担分があるし、時にはボーナスを払う必要だってあるし、

 

待遇に文句を言ったり突然会社にこなくなって、新しい人を雇うための求人広告費用がかかることだってあります。

 

今はまだロボットは進化の途中なので人間と全く同じ能力とまではいかないでしょう。

 

でも、これからますます発達していくことは間違いないので、人間とロボットの差はどんどんなくなってくるでしょう。

 

そうなったとき、コスト削減という点ではロボットに軍配が上がりそうな気がします。

 

 

 

 

 

一流の接客にはお金を払う価値があるから生き残れる

 

一流ホテルに泊まるときは設備や食事以外にも、そのサービス力にお金を払います。

 

ですから、一流ホテルの高い料金は、一流ホテルマンの接客も込みの値段というわけです。

 

一流ホテルマンの心のこもったオリジナルのサービスを受けることで心が満たされたり感動したりするものなので、こういった接客がすべてロボットに仕事を奪われるということは考えにくいでしょう。

 

こうして考えると、接客という仕事は「心をこめた人間らしい接客を極めた場合」は生き残れるけれど、「単なる手続きや会計係」になってしまうとロボットで十分という世の中になっていくかもしれません。

 

私はコンビニの店員さんや接客業の人をけなしたり馬鹿にするつもりは全くありません。

 

むしろ、接客という仕事をすごい仕事だと思っています。

 

だからこそ、「心のこもった接客をしてくれる人」と「不愛想な接客しかしない人」に同じ価値を見出せないのです。

 

それならば、ロボットを置いてコスト削減する代わりに接客のスペシャリストを一人増やして、その人に高い給料を払ってほしいと思います。

 

接客業に携わっている方は「お金を払う価値がある接客」を磨かないと、近い将来ロボットに仕事を奪われるかもしれません。

 

 

 

自分の仕事に付加価値をつけるなら資格を取ってみては?

 

仕事に対する意識を変えるだけでも、仕事の能力って飛躍的にアップするものだと思います。

 

そうすると、自分の仕事に付加価値をつけようと思うようになります。

 

私の場合は、単なる一般事務でしたが、事務職を極めようと社会保険労務士や簿記など事務系の資格を色々取得しました。

 

結果的に小さな会社の事務員から地元で有名な大きな企業の事務員に転職することができました。

 

飲食店に勤務されている方ならフード系の資格を取ってみる、美容販売の仕事をされている方なら、美容アドバイザーなどの資格も良いと思います。

 

将来的に雇われ仕事がなくなっても、独立という道も開けます。

 

以下は資格講座の一覧です。いろいろな資格がありますね。

 

会社、講座名 取り扱い資格 特徴
KIYOラーニング 簿記、宅建、税理士、FP、中小企業診断士など事務系スペシャリスト

通勤時間にスマホで勉強できるオンライン講座。時間を効率よく使いたい人におすすめ。

 

=>「通勤講座」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

がくぶん

ボールペン習字、野菜コーディネーター、
食育インストラクター、建築模型など今すぐ仕事&生活に役立つ講座多数

自宅で取れる資格が多く、在宅ワークにつながるものも。楽しみながらできるのが魅力。

 

無料資料請求はこちらから★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育90年のがくぶん 

通信教育のフォーサイト  社労士、行政書士、宅建など国家資格

通信教育専門校。
eラーニングも利用可能。すべての教材をパソコンやスマートフォンで利用できる。通学に比べて低価格なのが魅力。

 

合格率が全国平均を上回る勉強法の正体とは? 

RIZAPイングリッシュ TOEIC(R)アップに特化したコース・英会話に特化したコース

結果にコミットするでお馴染みのRIZAPが英語版。肉体改造と同じく専属トレーナーが1対1で英語力を鍛えてくれるため短期間で英語力が身につく。

 

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット! 

東京法経学院  司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、行政書士など法律系の難関資格

法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材

 

資格で人生のネクストステージへ!
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院
 

日本スキンケア協会 スキンケアアドバイザー

美容部員、エステティシャン、ネイリスト、アロマセラピストなどのスキルアップに。将来独立の武器にもなる。

 

日本スキンケア協会公認!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】 

 

 

 

 

 

最後に:ロボットに仕事を奪われる前にやっておきたいこと

 

いかがでしたか?

 

ちょっぴり脅しのような記事になってしまいましたが、こんな時代がくるという危機感を持つことは大切だと思います。

 

今回は接客業についてお話しましたが、何も接客業だけではありません

 

工場はもちろん事務職だって、コンピューターはどんどん高性能になり、報告書の作成やデータ入力の作業だけこなしている仕事はどんどんなくなっていくでしょう。

 

ですから今の仕事に危機感を持ち、今の仕事を極め、常にプラスアルファの仕事を心掛けることが必要だと思います。

 

それができない人からロボットに仕事を奪われていくと思いますから。

 

また、今の仕事以外にも、副業や投資などでお金を得る手段を考えておくことも必要です。

 

稼ぐ手段を複数持つことはこれからの時代を生き抜くために絶対に必要だと思います。

 

  


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報