定期預金の基礎的なお話。定期預金のメリットデメリットとは?

定期預金の超基礎的なお話。定期預金のメリットデメリットとは?


  ※この記事は2018/3/28に加筆・修正しました。

 

定期預金という名前を聞いたことはあるけど、実はよくわからない方もいるかもしれませんね。

 

定期預金とはそもそも何か、メリットやデメリットはどうなのか、そんな初歩的な点から押さえておきましょう。

 

今回は、定期預金についての超基礎知識を解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも定期預金とは?

 

定期預金とは、一定期間預ける預金のこと。

 

満期日まで引き出すことができない代わりに、いつでも引き出せる普通預金と比べて金利が高くなっています。

 

 

 

 

定期預金のメリットとは?

 

最近ではあまり注目を浴びることがなくなってきた定期預金ですが、ちゃんとメリットもあります。

 

 

 

 

普通預金と比べて金利が高い

 

メガバンクの普通預金が大体0.01〜0.05%ほどであるのに対し、定期預金は0.025〜0.26%と10倍以上の金利となっています。

 

 

 

 

元本割れのリスクがない

 

たとえ途中解約をしてしまったとしても、元本は保障されます。

 

預けた分だけは返ってくるのです。

 

FX、株、仮想通貨...これらはすべて元本割れのリスクがありますが、定期預金はこれらの投資とは性格が異なるわけですね。

 

 

 

 

預金保険制度の対象

 

「預金保険制度」とは、銀行が破たんしたとしても1,000万円までは元本とその利息が保障される預金保険制度の対象です。

 

安全性の高さではピカイチです。

 

 

 

 

定期預金のデメリットとは

 

定期預金が脚光を浴びなくなってきたのはデメリットがあるからです。

 

 

 

満期日まで引き出しができないため流動性が低い

 

普通預金はカード一つでいつでも簡単に引き出すことができます。

 

銀行に行かなくてもコンビニATMもありますしね。

 

一方、定期預金は手続きが必要で、銀行の窓口に行かなくてはなりません。

 

面倒ですね。

 

また、満期日前に引き出すには、解約ということになってしまいます。

 

途中解約をしてしまうと、金利が普通預金と同じかそれ以下になってしまうことがあります。

 

ただし、この「引き出しができないこと」がメリットという考え方もあります。

 

普通預金のようにちょこちょこ引き出しができないから強制的に貯められるということです。

 

 

 

 

長期の固定金利の場合は注意が必要

 

昨今の世界情勢は日々変化しており、景気の変動も激しいですね。

 

長期の固定金利を選択すると、世の中の金利が高くなっているときにどうなるでしょう。

 

最初の金利が継続するため、せっかく高い金利で預けられる景気だったとしても、低い金利で預け入れることになってしまいます。

 

長期の固定金利を選択すると損してしまうことがあるということですね。

 

長期預け入れる場合はよく考えてからにしましょう。

 

 

 

 

 

超低金利時代のため数ある運用の中でも収益性は低い

 

普通預金と比べると金利が高いとはいえ、数ある運用の中では決して高い収益性とは言えません。

 

すべてを定期預金に預けるのではなく、貯金額に応じて一部を定期預金にするなど、上手に利用することが大切です。

 

 

 

 

 

普通預金の残高が100万円を超えたらやってみよう

 

定期預金にはメリット、デメリットがあります。

 

運用目的で預けるにはあまりに金利が低いためメリットとは言えませんが、強制的に貯められていざというときのお守り的な役割を担ってくれます。

 

定期預金をやってみたい方は、当分使わないお金ができてから検討しましょう。

 

最初は少額からで良いのです。

 

金融機関によっては、10万円から預入ができるところもあります。

 

そして、預入期間が短期のものから始めてみましょう。

 

今は2週間ものの定期預金もあるので、お試しのつもりでスタートしてみるといいですね。

 

最初からいきなり長期預けてしまうと、いざというときに簡単に現金化できなくて困ってしまいます。

 

 

 

おすすめはネット銀行の定期預金

 

「最近は定期預金も普通預金と全く変わらない」

 

なんて話、よく聞きますよね。

 

確かに、昔の定期預金と比べると、金利は本当に低くて、普通預金と変わらない金融機関も多いです。

 

私の知り合いの50代女性は「バブルの頃は定期預金の利子だけで旅行に行けたのよ」なんて言っていました。

 

確かに彼女世代の方からすれば、今の定期預金の金利なんて嘆かわしい限りですよね。

 

ただし、最近はネット銀行が増えました。

 

ネット銀行は、店舗を持たないため金利が高く設定されているのが魅力で、定期預金も高金利の銀行が多いのです。

 

金利で旅行とまでは簡単にはいきませんが、安全性の高い運用方法としてはおすすめです。

 

関連記事

 

 

 

 

まとめ

 

定期預金は安全な貯金方法です。

 

まだ貯蓄額が少なめだけど、少し余裕がでてきたなという方は定期預金をおこなうのも1つ。

 

ただし、運用益が低めですから貯金額が多い方はもっとリスクの高い方法をとってみても良いですね。

 

目安としては貯金額100万円〜300万円ぐらいの方は定期預金、それ以上貯金がある方は一部を定期預金にして、他の収益性の高い運用をした方がいいでしょう。

 

昔は定期預金だけで老後に備えることができましたが、今はそれだけではだめです。

 

定期預金と他の方法との組み合わせがポイントですね。
 

 

定期預金の超基礎的なお話。定期預金のメリットデメリットとは? 関連ページ

貯金したいなら「太っているとお金がかかって仕方がないという事実」と向き合おう
家計簿のお好みは?「手書き」「アプリ」「エクセル」のメリットデメリット
姿勢を正すと貯金が増える話。姿勢のよさとお金の関係性は?
30代から始める貯金。30代の平均貯金額や目安、貯金と節約のポイントを解説
28歳で1000万円貯金した見た目モデルI君の節約方法を聞いてみた
20代の貯金方法。20代の今だからこそ資産形成にはこう向き合う!
実家暮らしは「一人暮らしつもり貯金」をしよう。効果と具体的STEPを解説
貯金上手さんに共通する7つの口癖とは?貯金できる人の考え方は普段の口癖から見えてくる
1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ
貯金箱おすすめ10選!楽しく貯めれる可愛い貯金箱でラクラク貯金をしよう
実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は?
やめたら貯まるよ!見つめ直せばお金が貯まるやめたい7つの習慣とは?
先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう
保険貧乏になっていない?適正な保険料にすれば貯金が楽にできちゃいます
コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例
貯金できない人に共通する6つの特徴とは?
ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに気を付けたいコト。
社会人一年目の君へ贈りたい貯金の基礎の話
家計簿をつけるほどお金が貯まらない理由。細かいお金を気にせず収入を増やそう
お金持ちになるために一番大切なこと
財形貯蓄制度について
楽しい小銭貯金!挫折しがちな小銭貯金を続けるコツや方法を徹底解説
スライド式貯金ってどんな方法なの?メリット・デメリットをご紹介
口座はきちんと管理しよう
365日貯金をやってみよう
何かを買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金の効果やコツは?
ネット定期が熱い!
奥が深い!色々な定期預金
定期預金ならしずぎんインターネット支店がやばすぎる!
貯めるお金と書きますが貯めようと思わないこと
私がお金を貯められなかった理由
袋分け貯金の方法と注意点を解説。「ずぼら袋分け貯金」でラクラクお金を貯めよう!
貯金できない男子8つの典型パターンとは?
その思考間違っている?貯められない人が信じて疑わない5つのコト

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報