給与担当者が教えるお金のエトセトラ

スライド式貯金ってどんな方法なの?メリット・デメリットをご紹介

 


※この記事は2017/8/26に加筆・修正しました。

 

スライド式貯金ってご存じですか?

 

その名の通り、お給料などの定期的な収入をスライドさせていき、いつのまにか貯金ができてしまうという素晴らしい貯金方法なんです。

 

今回は、管理人もお気に入りのスライド式貯金についてご紹介していきます。

 

 

 
 
  
 
 

スライド式貯金ってどんなもの

 

 

スライド式貯金とは、1カ月分のお給料を1カ月ではなく5週間でやりくりする方法です。

 

最近かなり浸透しましたね。

 

一般的な家計管理の方法として、給料日に入ったお金を次の給料日までに使う人は多いと思います。

 

例えば給料が20日払いの場合、4/20払いの給料は5/19までに使い、5/20払いの給料は6/19までに使います。

 

この場合、もらった給料を使い始める日は毎月20日です。

 

一方、スライド式貯金の場合は、

 

4/20に入ったお給料を5/24までの5週間で使い、

 

5/20に入ったお給料は5/25〜6/28までの次の5週間で使う

 

という風に、給料の使い始めの日がスライドしていきます。(変動費の締切りがスライドしていくとも考えられます。)

 

こうしていくと、6カ月分のお給料で7カ月過ごすことができ1年間に2カ月分近い生活費が浮くというわけです。

 

ただし、家賃や携帯代などの固定費の締め切りは都合よくスライドしてくれませんから、食費などの変動部分のみ5週間でやりくりするようにします。

 

 

 

 

それって続けることが可能なの?

 

 

通常、毎月の給料日から変動費を使い始めるようにすると、次の給料日までに4週間と3日ですよね。(月数31日の場合)

 

今まで4週間と3日(31日)で使いきっていた生活費を、スライド式貯金では5週間(35日)で使っていくことになります。

 

そんなの無理!と思うかもしれませんが、実はあと4日分の捻出日を捻出するのは十分可能です。

 

というか、意外と簡単です。

 

例えば家庭では、食べきれずに傷んでしまった食材を捨ててしまう「食品ロス」があると思います。

 

贅沢な話ですが、消費期限切れや傷みなどで食べ物を捨てた経験の全くない人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

この「食品ロス」をなくすだけで、何食かの食事代を浮かせることは可能です。

 

 

 

 

他にも、今まで無駄なものを買ってしまう傾向があった人は、無駄遣いしない買い物のコツを意識するだけでも全然違います。

 

こういった、小さな無駄の積み重ねをなくすだけでも、月に4日程度の変動費にあてることは絶対にできます!

 

 

 

私が感じるスライド式貯金のメリット

 

私がやってみて感じたスライド式貯金のメリットは以下のことです。

 

気持ちに余裕が生まれます

 

5週間でやりくりするのが厳しい場合でも、たとえば3日ずつスライドするだけでも良いのです!

 

1日でもスライドできると1日分「得した」気分になり、気持ち的に楽ですよ。

 

 

銀行の混雑を避けることができる

 

スライド式貯金をすると、「お金を引き出す日」が、一般的な給料日とはずれます。

 

10日、15日、25日、月末などは給料日や支払い日が多くなり、銀行は混みあいますよね。

 

自分だけの「マイ給料日」ができて、すいている日にゆっくりお金を引き出すことができます。

 

 

 

予算が立てやすい

 

5週で生活するため、4週と3日より、予算が立てやすいです。

 

たとえば私の場合は、1週間に1万円を変動費と決めて、それぞれを5枚の封筒に入れます。

 

1週間に1万円で生活するというざっくりした方法で行っています。

 

こうすると、週によって使えるお金が変動しないので、毎週予算を決める必要がなく、慣れてくると非常に楽です。

 

残った分は次の月の外食費にまわしたり、急な出費に備えるため貯金にまわしたりと割と適当でもやれています。

 

※袋分け貯金との合わせ技で行うこともできます。

ずぼら袋分け貯金でラクラクお金を貯めよう 

 

 

気づいたら貯まっている

 

スライド式貯金では、あまり節約をしている感覚がありません。

 

銀行からお金をおろす日が給料日から少しずつずれていくだけなので、家計簿をつけたり、面倒な計算をしたりすることはありません。

 

ストレスが少ないこと。

 

これは、大きなメリットだと思います。

 

気づいたら今月の生活費を前月の給料でやりくりする月がきちゃいます。

 

 

 

 

私が感じるスライド式貯金のデメリット

 

続いては、デメリットについてもお伝えします。

 

固定費を別で管理するのが若干わかりづらい

 

先ほど述べたように、固定費はスライドしてくれませんから、固定費だけは1カ月ごとに管理しなくてはいけません。

 

固定費と変動費が別々の管理になるという点は少しわかりづらいです。

 

たまに変動費と混ざってしまって、今何月分のお金の管理をしているのかがわからなくなります。

 

 

これはわたしだけかも...?


 

 

最初は少し苦しいときがある

 

社会人生活をしていると、1ヶ月の給料で1ヶ月を生活することに慣れています。

 

最初は5週間生活することが苦しいときもあります。

 

でも、慣れてこれば苦しさもなくなります。

 

 

 

 

スライド式貯金成功のポイント

 

さきほど、「家計簿をつけたり、面倒な計算をする必要がない」と言いましたが、月の生活費をまったく把握していない方は、家計簿をつけてみてください。

 

家計簿をつけるのが面倒な方は、最初の2、3か月だけでいいです。

 

そうすることで、月の生活費に一体いくら使っているのかがわかり、

 

1週間分の生活費の予算を立てやすくなります。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

スライド式貯金は、自然と貯めることができるため、節約時にありがちなストレスが少なくとてもおすすめの方法です。

 

ありそうで、誰かがやっていそうだったのを具体的に教えてくれた方法で、これを考えてくれた人はすごいと思います!

 

また、月々スライドしていくことで、1ヶ月の収入分がまるっと浮かせるときがくるのが大きな楽しみの一つになります。

 

そのまま貯金にしても良いし、欲しかったものをその分で買っても良いし...。

 

楽しみがあると続けられますよね。是非試してみてください! 

 

スライド式貯金ってどんな方法なの?メリット・デメリットをご紹介 関連ページ

30代から始める貯金。30代の平均貯金額や目安、貯金と節約のポイントを解説
28歳で1000万円貯金した見た目モデルI君の節約方法を聞いてみた
20代の資産形成方法。20代の今だからこそ貯金と節約にはこう向き合う!
実家暮らしは「一人暮らしつもり貯金」をしよう。効果と具体的STEPを解説
貯金上手さんに共通する7つの口癖とは?貯金できる人の考え方は普段の口癖から見えてくる
1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ
貯金箱おすすめ10選!楽しく貯めれる可愛い貯金箱でラクラク貯金をしよう
実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は?
やめたら貯まるよ!見つめ直せばお金が貯まるやめたい7つの習慣とは?
保険貧乏になっていない?適正な保険料にすれば貯金が楽にできちゃいます
先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう
コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例
貯金できない人に共通する6つの特徴とは?
ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに気を付けたいコト。
社会人一年目の君へ贈りたい貯金の基礎の話
家計簿をしっかりつければつけるほどお金が貯まらないワケ
お金持ちになるために一番大切なこと
財形貯蓄制度について
楽しい小銭貯金!挫折しがちな小銭貯金を続けるコツや方法を徹底解説
定期預金をやってみよう
口座はきちんと管理しよう
365日貯金をやってみよう
何かを買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金の効果やコツは?
ネット定期が熱い!
奥が深い!色々な定期預金
定期預金ならしずぎんインターネット支店がやばすぎる!
貯めるお金と書きますが貯めようと思わないこと
私がお金を貯められなかった理由
袋分け貯金の方法と注意点を解説。「ずぼら袋分け貯金」でラクラクお金を貯めよう!
貯金できない男子8つの典型パターンとは?
その思考間違っている?貯められない人が信じて疑わない5つのコト

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報