簡単&絶対に貯まる貯金の方法あれこれ

実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は?

 

実家暮らしで貯金額ゼロ...という人は今すぐ危機感を持って貯金を始めるべきです。

 

管理人は実家暮らしのときに貯金が全くできず、後々苦労しましたよ!

 

今回は、実家暮らしの人が貯金をするべき理由として、一人暮らしにかかる費用や実家暮らしのお金事情をご紹介していきます。

 

 


 

 

 

実家暮らしで貯金がない人は大至急貯金を始めましょう

 

実家暮らしのみなさん。

 

実家暮らしで貯金なしはやばいですよ!

 

なぜって、親はいつまでも生きていてくれませんから、いずれは自分一人で生活していく必要がありますよね。(もちろんそれ以前の問題もありますが...。)

 

今は貯金がなくて生きていけても、親がいなくなったら途端に生きていけなくなってしまいます。

 

年金制度が崩壊しているこの時代、貯金なしで老後を生き抜くのは到底無理です。

 

一人暮らしをするのって、想像している以上にお金がかかりますから、実家暮らしの今しか貯金できるチャンスがないと言っても過言ではありません。

 

それなのに今貯金がないって、相当やばいということです。

 

いつか結婚して家を出て行ったときも、実家暮らしで貯金がないような人はお金の管理ができておらず、旦那さん、奥さんにどん引きされてしまいます。

 

というわけで、今すぐ貯金を始めましょう!

 

 

 

 

一人暮らしって想像以上にお金がかかります

 

実家暮らしの今こそ貯金すべき根拠として、一人暮らしがどれぐらい貯金が難しいのかを説明します。

 

一人暮らしをしたことがある人であればおわかりかと思いますが、一人暮らしってお金がかかるんですよね。

 

具体的にかかる一人暮らしの費用の項目別の全国平均は以下のようです。

 

家賃66,000円
食費20,000円
水道光熱費10,000円
通信費11,000円
日用品3,000円

 

家賃は全国平均なので少し高めな印象ですが、地方の場合は家賃が低くても車が必須で維持費がかかったりします。

 

食費もこの額は割と優秀で、自炊していない人は難しいと思われます。

 

コンビニやスーパーで数百円のお弁当を1日1〜2回買ったら月20,000円なんてあっという間にオーバーです。

 

ほかにも、友達とご飯を食べたり服や化粧品、本など好きなものを買うお金だって少しは欲しいですよね。

 

交際費や被服費などを含めたトータルの費用の全国平均は140,000円だそうです

 

ただし、出費はこれだけではありません。

 

生命保険料に、会社勤めをしていない人であれば国民年金は別途16,260円(平成28年度)かかりますし、国民健康保険だって所得に応じて毎月数万円かかることだってざらにあります。

 

私は地方在住ですが、それでも一人暮らしをするには月20万円近くの収入はないと厳しいという印象です。

 

 

 

学生時代の一人暮らしは参考にならないと心得て

 

 

よく、「一人暮らししたことあるよ!」って学生時代の頃のことを言う方がいますが、学生時代はなんだかんだで親が援助してくれているケースがほとんどです。

 

親の扶養にも入っていることが多いのではないでしょうか?

 

扶養にも入らず自分の稼ぎだけで生活していた、一切の援助も受けていなかったという方以外は、学生時代の一人暮らしはあくまでも「一人で住んでいた」だけのこと。
 
暮らしは一人で成り立っていたわけではないので参考にはなりにくいと思います。

 

管理人も、大人になってから「あれ?学生時代の20歳超えてからの国民年金ってどうしてたっけ?」と思って調べたら、親がちゃんと「学生納付特例」を申請してくれていました。

 

※学生納付特例は申請により在学中の国民年金保険料の納付が猶予される制度です。

 

大学生になってちょっと大人になったつもりでも、ちゃーんと親が面倒見てくれていたんですね

 

感謝です。

 

 

 

 

実家暮らしの人いくら家にお金入れている?

 

実家暮らしであっても家にお金を入れているから貯金ができないよ!という方もいると思います。

 

では、実家暮らしの人が家に入れているお金って大体どれぐらいなんでしょうか?

 

2015年に不動産情報サイトSUUMOが20歳〜39歳の実家暮らしの人に行ったアンケートによると、毎月家に決まったお金を入れている人の割合は、男性64.5%、女性65.5%だそうです。

 

そして、いくら入れているのかの全世代の平均は、男性38,774円、女性36,059円と、40,000円弱という結果でした。 参照元:SUUMOジャーナル

 

先ほどの一人暮らしにかかる全国平均と比べても、例え家にお金を入れたとしても、一人暮らしをするよりはずっと低い金額にあたることがわかります。

 

40,000円では家賃相当にすらなりませんものね。

 

ということは、家にお金を入れているから貯金ができないという言い訳は、入れている金額によっては無理があるのかもしれませんよ!

 

 

 

実家暮らし貯金平均は?

 

 

実家暮らしで貯金できないのはまずいと知ったところで、ちゃんと貯金している人を見てみましょう。

 

実家暮らしで貯金ができている人はどれぐらい貯めているのでしょうか?

 

さきほどと同じくSUUMOが行ったアンケート調査によると、男性の平均貯金額は42,697円、女性は41,426円となっています。

 

年齢によってばらつきはあるものの、実家暮らしの人の貯金額は毎月40,000円程度が平均値ということですね。
参照元:SUUMOジャーナル

 

 

 

 

実家暮らしの人は年間いくら貯金すべき?

 

40,000円という金額は平均なので何とも言えない面もありますが、個人的には少ない印象を受けます。

 

前述した一人暮らしにかかる出費の内訳に戻ると、家賃66,000円、食費20,000円、水道光熱費10,000円が平均で、基本的な生活費だけで96,000円かかることになっています。

 

そして、実家に入れているお金の平均が40,000円弱ですから、

 

96,000円(一人暮らしの基本生活費)-40,000円(一人暮らしの基本生活費の代わり)=56,000円

 

という数式がなりたちます。

 

実家暮らしをしているだけで56,000円以上の生活費が浮いていることになるのです。

 

ということは、実家暮らしならば少なくとも56,000円は貯金したいところ

 

もちろん、人によって収入が違うので難しいのですが、手取り収入の3割は貯金を頑張りたいのが実家組ですね。

 

貯金上手な人であれば毎月10万円は貯めているという人も少なくありませんよ!

 

このペースなら、就職して8年ちょっとで貯金1,000万円に到達します。

 

実家暮らしであれば20代で1,000万円貯金も全然夢じゃありません。

 

 

 

実家暮らし同士のカップルが貯金すべき額

 

ここまで、実家暮らしの貯金目安や貯金すべき理由などをご紹介しましたが、将来結婚を考えている実家暮らし同士のカップルがいたらそれぞれが貯金を頑張っておきたいところです。

 

なぜなら、それはとても恵まれている環境なので、その環境はぜひ活かしたいからです。

 

二人とも貯金をしっかりしてあれば、結婚後の生活も安定しますし、良いスタートダッシュがきれます。

 

経済的に余裕があると精神的にも穏やかでいられますし、夫婦での資産運用なども考えていけるようになります。

 

お金がないから子供が産めないなんて話もでてきませんし、奥さんが産休・育休で仕事を休んでも十分生活していけます。

 

貯金額のトータルは結婚の年齢にもよるので何とも言えませんが、結婚という目標があるのであれば、これまでの毎月の貯金額の1.5倍は目指せたら良いのではないでしょうか?

 

毎月40,000円だった方は60,000円に増やすということです。飲み会やら被服費やらを少しだけ削ればすぐに達成できますよ。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、一人暮らしにかかる費用や実家暮らしのお金事情をご紹介し、実家暮らしの人が今すぐ貯金すべきことをお伝えしました。

 

繰り返しになりますが、実家暮らしの今は人生の中で貯金ができる最も大きなチャンスです。

 

実家暮らしをさせてもらえている状況に感謝しつつ、がっつりと貯金をしておきましょう。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

習い事するならお金の知識を増やそう

 

お花にお料理に...いろいろな習い事がありますが、お金の知識を増やす習い事はダイレクトに将来に役立ちます。

 

お金のレッスンスタジオ「マネテリ」はお金を学ぶ習い事。初心者でも将来不安を消せる知性が身につき、お金が貯まる仕組みを作る方法を学べます。

 

お金のことってよく分からない、貯金をどうやってすればいいのか分からない、というお金オンチさんはお金のレッスンスタジオ「マネテリ」の無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は? 関連ページ

20代の資産形成方法。20代の今だからこそ貯金と節約にはこう向き合う!
実家暮らしは「一人暮らしつもり貯金」をしよう。効果と具体的STEPを解説
貯金上手さんに共通する7つの口癖とは?貯金できる人の考え方は普段の口癖から見えてくる
1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ
貯金箱おすすめ10選!楽しく貯めれる可愛い貯金箱でラクラク貯金をしよう
やめたら貯まるよ!見つめ直せばお金が貯まるやめたい7つの習慣とは?
保険貧乏になっていない?適正な保険料にすれば貯金が楽にできちゃいます
先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう
コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例
貯金できない人に共通する6つの特徴とは?
ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに気を付けたいコト。
社会人一年目の君へ贈りたい貯金の基礎の話
家計簿をしっかりつければつけるほどお金が貯まらないワケ
お金持ちになるために一番大切なこと
財形貯蓄制度について
楽しい小銭貯金!挫折しがちな小銭貯金を続けるコツや方法を徹底解説
定期預金をやってみよう
スライド式貯金ってどんな方法なの?メリット・デメリットをご紹介
口座はきちんと管理しよう
365日貯金をやってみよう
何かを買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金の効果やコツは?
ネット定期が熱い!
奥が深い!色々な定期預金
定期預金ならしずぎんインターネット支店がやばすぎる!
貯めるお金と書きますが貯めようと思わないこと
私がお金を貯められなかった理由
袋分け貯金の方法と注意点を解説。「ずぼら袋分け貯金」でラクラクお金を貯めよう!
貯金できない男子8つの典型パターンとは?
その思考間違っている?貯められない人が信じて疑わない5つのコト

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報