1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ

1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ

 

 

1年で100万円貯める

 

貯金をしようと思ったことがあれば一度は掲げた目標であったり、目にしたことがある言葉であるという方も多いのではないでしょうか?

 

1年間で100万円を貯めるという言葉が広まっている理由は、100万円という金額が「大金」の一つのイメージに合う金額であったりするほか、実はけっこうリアルに「頑張れば達成できる」という目標値として「ちょうどいい塩梅」の金額であったりもするのです。

 

「うそでしょ?1年で100万円なんて無理無理!」って思いますか?

 

収入が少ないから無理、家族を養っているから無理、〇〇だから無理と、できない理由はたくさんあるかもしれませんね。

 

確かに人によっては病気を抱えながら生活していたり、親が作った借金返済に追われていたりと、のっぴきならない事情で貯金をするという段階にないという人もいると思います。

 

そういう方は専門家の助けをまずは求めるなど、また違う方法も必要になってくるでしょう。

 

でも、そうではないとしたら...?

 

絶対に1年間で100万円を貯めることは可能です。現在と未来の収支の調整を図ることで、1年に100万貯めて終わりではなく、10年で1000万円の大台に乗せることもできちゃいます。

 

ということで今回は、1年間で100万円を貯める方法をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

管理人は毎月4万円の財形と賞与2回分で100万貯めたよ

 

まずは、管理人自身が1年間で100万円を初めて貯めたときの方法をご紹介します。そのときの私の収入データはざっと以下のような感じです。

 

毎月給与手取り18万前後
賞与年2回 各30万円ないぐらい※そのときによって金額は変動
一人暮らし 家賃5万円

 

多くもなく少なくもなく?(人によっては少なっと感じるかもしれませんが...)ごくごく普通のOLにありがちな収入と家賃だと思います。

 

で、まず始めたのが先取り貯金として、毎月の財形を設定するところから始めました。月々の額は4万円、賞与は26万×2回です。

 

次に...と思ったら、これで終了です。はい、1年で100万円。めちゃくちゃシンプルです。

 

毎月の給与と賞与を設定して、あとは残ったお金で生活するだけです。

 

超王道のこの方法は、サラリーマンやOLの方で給与も賞与もあるよって方は、真っ先に検討すべき方法です。

 

生活が苦しかったかと聞かれると、手取り18万の中から貯金4万と家賃5万を引かれると9万ですが、無駄遣いせずにいれば普通に生活できます。賞与で残ったお金で好きなものも買えますし。

 

 

 

賞与がないサラリーマンやOLは毎月8万4千円貯める

 

 

では、賞与がないサラリーマンやOLの方は、100万円を12ヶ月で割った、約8万4千円という金額を毎月貯めていくことになります。

 

なんだかいきなりハードルが上がった気がしますね。賞与があるってことがどれだけ有り難いことかわかると思います。

 

 

私も賞与のない会社に長く勤めていたのでよーくわかります。

 

でもこの金額も、決して無理な額ではありません。8万4千円という大金を毎月どうやって捻出していけば良いのでしょうか?

 

具体的な方法をご紹介していきます。

 

 

 

固定費の見直してみる

 

毎月の支出が同じである固定費を見直すことで、今の収入のまま貯金を増やすことが可能になります。

 

例えば、以下は私自身や家族、友人たちを含めて実際に固定費の見直しに成功した例です。

 

年間〇〇円というのは、年間でどれぐらい貯金に回せるかの額です。

 

家賃 68,000円→50,000円 年間 216,000円
携帯代 8,000円→4,000円 年間 48,000円
水道光熱費 27,000円→13,000円 年間 168,000円
自動車保険 80,000円→30,000円 年間 50,000円
生命保険 16,000円→4,000円 年間 144,000円

 

これを全部見直しすると、年間626,000円になります。

 

100万円まであと374,000円になり、毎月の給与から貯金に回したい金額は32,000円程度となります。3万ちょっとという数字であれば、急に現実味がでてきましたね。

 

 

 

毎月ではないけれどたまにある大きな出費を見直してみる

 

 

前述したような毎月の出費ではないけれど、「たまにある大きな出費」ってありませんか?

 

例えば2年に1回の車検、年末年始の帰省費用にお年玉、家族や恋人の誕生日など...。

 

こういう大きな出費って、イベント的要素が強く、「これぐらいはかかってしまうから仕方がない」って、諦めがちです。でも、イベントだからと言って諦めないで見直してみると、その分を貯金に回すことができます。

 

例えば私の場合、車検をディーラーから地元のガソリンスタンドに変えただけで20万→10万円になりました。車検は2年に1度なので、年間5万円の節約になりました。

 

※関連記事

車検は大手でやらない方が良い3つの理由 

 

また、年に数回の旅行を楽しんでいるという方は、そのうちの1回を、「お弁当を持って公園にピクニック」とか「子供の頃に行った地元の博物館に懐かしみながら行ってみる」とか、少ないお金で楽しめる方法に変えてみるだけでも数万円単位で貯金に回せるはずです。

 

※関連記事

お金をかけずに楽しく遊ぶ方法9選! 

 

さらに、SALEや福袋を何となく惰性で買っていたという人は、そろそろやめてみても良いかもしれません。

 

※関連記事

SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず! 

 

と、書ききれないのですが、「たまにある大きな出費」を諦めずに検討してみると、意外と貯金に回せる余裕があることに気付くはずです。

 

 

 

交際費や被服費を見直してみる 

 

交際費や被服費って、人によって大きな差がでやすい部分なので、工夫をするとぐっと貯金額をアップさせることができます。

 

これらは、100円単位でケチケチと食費を削るより、ずっと簡単に貯金を増やせる項目になります。

 

こんな話を聞いたことはありませんか?

 

「人は、細かい買い物には気を遣うけど、大きな買い物をするときの端数は気にもしない。」

 

これは例えばお弁当を買うときに「700円のお弁当は高いから500円のものにしよう」と、たった200円を気にしても、家や車を買うときの1万円、2万円は全然気にしない、というようなことです。

 

家や車は人生での大きな買い物なので滅多にないことかもしれませんが、もっと身近な例で考えると、交際費や被服費が近いものがあると思います。

 

先ほどのように毎日200円分のお弁当代をコツコツ節約しても月に6,000円の節約ですが、毎月バンバン買っていた洋服を1着やめてみるだけでも、ものによったら数万円の節約になります。

 

 

毎週ある飲み会を1次会だけにしてみる、2回に1回は断ってみるだけでも、恐らく数万円単位の節約が可能です。

 

※関連記事

お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは 

 

「小さい節約もいいけど、単価が高いものこそ気をつけようね」ってことです。

 

当たり前に思えるかもしれませんが、節約を始めると細かいところにばかり目が行きがちになって、「そもそもそれをやめればいいんじゃない?」ってことがおろそかになるものだと覚えておきましょう。

 

 

 

ポイントは賢く使うことで家計の助けになる

 

 

クレジットカードのポイントや店舗で作られているポイントカードなど、ポイントって今や私たちの生活の中で当たり前にあるものになりましたね。

 

これらは、「ポイント目的で買い物する」という本末転倒な使い方をしない限りは、やはりとても有益なものです。

 

例えば年金や水道光熱費など、毎月絶対に払わないといけないものをクレジットカード払いにすれば、無駄な買い物をすることなくクレジットカードのポイントがつきます。

 

※関連記事

国民年金保険料を何とか安く払いたい!おすすめの支払方法とは 

 

さらに、日用品など生活必需品をクレジットカード決済にすれば、クレジットカードポイントとお店のポイントと両方つくことになります。

 

※関連記事

楽天ユーザーならハピタス経由で買い物するのがポイント貯まってお得だよ 

 

家計によっては年金、水道光熱費、日用品費だけでも毎月数万円単位がポイントの対象になり、ポイントアップキャンペーンなどを併用すれば年間で数万円分相当のポイントになります。

 

貯まったポイントはぱーっと使ってしまうより、必要なものを買う、家族や恋人の誕生日プレゼントを買うなど、「買うべきものを買う」ことにすれば、貯金に回せるお金が増えることになります。

 

 

 

 

収入を増やすことにも目を向けてみる

 

ここまでは、「支出を抑える」という方法でしたが、それでも年間100万円貯金を達成できないという場合は、「収入を増やすこと」に目を向けてみる必要があります。

 

会社勤めをしているなら残業をするのがまず一つですが、管理人は長時間残業で体調を崩した経験があるので、この方法はおすすめしません。

 

そもそも残業は自分の意志で増やすというものではなく、「日中にできなかった仕事があるから残業になる」という性格のものですしね。

 

 

そこで考えていきたいのは、本業以外の副業や投資・運用です。

 

今はネット社会ですから、クラウドソーシングやブログでアフィリエイトをするなど、様々な収入を得る方法が存在しています。

 

※関連記事

在宅で副業をしたいならクラウドソーシングに登録すべき理由 

 

単発で稼ぐなら、家にある服や本、ブランドものなどの不用品を売ってみる、健康で時間があるなら治験バイトなども数万円単位でお金を得ることができます。

 

 

投資・運用も、今は多くの商品があって、少額から始められるものも多いですから、毎月数千円を使ってやってみると、数年後の貯金額に違いがでてくるでしょう。

 

※関連記事

FX初心者におすすめのSBI FXのメリット・デメリット 

 

 

 

 

1年間で100万円を継続するなら現在&未来の収支調整が必要

 

 

 

ここまでご紹介したことを本当に行動に移せば、多くの人が1年間で100万円を達成することができるはずです。

 

しかも今回は、一人暮らしでもできることを前提にお話していますから、結婚している、実家暮らしをしているなどの人は、年間100万円の貯金をするための方法はさらに増えることになります。

 

 

でも、ここで大切なことは、「1年間で100万円達成はゴールではない」ということです。

 

100万円は大金ですが、それだけで一生暮らしていける金額ではありませんよね?

 

つまり、継続して毎年100万円を貯金していく必要があるというわけです。

 

貯金をするには、収入を増やすか支出を減らすどちらかと言われているけど、それをさらに細かく分けると今と将来に分けることもできると思うんです。

 

例えば、今の収入をすぐ増やすなら、家にあるモノを売る、働く時間を増やすなどができるけど継続していくのは難しいですよね。

 

モノは売ってしまえばなくなるし、働く時間を増やすことで体は消耗していきます。

 

ならばと、ほったらかしでも稼げる自分のサイトを育てることで継続的な収入を目指したり、投資や運用でお金に稼いでもらう方法も加えることで将来の稼ぎが生まれます。

 

今節約するなら食べたいものを我慢するとかになるけど、固定費の節約なら今も将来も継続して節約効果が続くでしょう。

 

働き続けることができるように、健康な体を作るのも貯金を継続させるには大切なことです。

 

じゃあ、将来のことだけ考えていればいいのかというと、毎日の食費を何も考えずにバンバン使っていれば貯まりませんし、「貯金癖をつける、貯金体質になる」という意味でも、単発の稼ぎも重要な役割を果たします。

 

今だけでも将来だけでもなく、両方を見据えて収支の調整を行うことで、「1年間で100万円貯金を継続する」を目指すことが大切です。

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?今回は、1年で100万円を貯める方法をご紹介しました。

 

1年間で100万円を1度も達成したことがないという人にとっては、とても高い壁のように感じるかもしれません。でも、まずはできることから少しずつ始めてみましょう

 

例え100万円は難しいという人でも、できることをやっていくことで年間10万、50万と、段階的に100万円に近づいていくことは十分に可能です。

 

大切なのは「100万なんて絶対に無理!」と思わず、「これならできそうかも」ってことをとにかく行動してみるということだと思います。

 

この記事を最後まで読んでくださった方であれば、1年間に100万円貯めたい!という意志がきっとあり、それはとても素晴らしいことだと思います。

 

その意志こそが、1年100万円を達成するための大きな武器になりますから、ぜひお金のことを諦めずに工夫や学習を続けていってください。

 

参考になりましたら幸いです。

 

1年で100万円貯金を達成する方法。現在&未来の収支調整で絶対に貯まるよ 関連ページ

貯金上手さんに共通する7つの口癖とは?貯金できる人の考え方は普段の口癖から見えてくる
貯金箱おすすめ10選!楽しく貯めれる可愛い貯金箱でラクラク貯金をしよう
実家暮らしの人が大至急貯金すべき理由。実家暮らしのお金事情は?
やめたら貯まるよ!見つめ直せばお金が貯まるやめたい7つの習慣とは?
保険貧乏になっていない?適正な保険料にすれば貯金が楽にできちゃいます
先取り貯金でいつのまにか貯まる感覚を身につけましょう
コンビニ愛用者は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方7例
貯金できない人に共通する6つの特徴とは?
ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに意を付けたいコト。
社会人一年目の君へ贈りたい貯金の基礎の話
家計簿をしっかりつければつけるほどお金が貯まらないワケ
お金持ちになるために一番大切なこと
財形貯蓄制度について
楽しい小銭貯金!挫折しがちな小銭貯金を続けるコツや方法を徹底解説
定期預金をやってみよう
スライド式貯金ってどんな方法なの?メリット・デメリットをご紹介
口座はきちんと管理しよう
365日貯金をやってみよう
何かを買ったつもりで貯金箱へ!つもり貯金の効果やコツは?
ネット定期が熱い!
奥が深い!色々な定期預金
定期預金ならしずぎんインターネット支店がやばすぎる!
貯めるお金と書きますが貯めようと思わないこと
私がお金を貯められなかった理由
ずぼら袋分け貯金でラクラクお金を貯めよう
貯金できない男子8つの典型パターンとは?
その思考間違っている?貯められない人が信じて疑わない5つのコト

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報