3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話


 ※この記事は2017/8/22に加筆・修正しました。

 

ある調査によると「どういうときに無駄遣いをしてしまったと感じる?」という問いに対して、

 

3,000円ぐらいの服を買ったとき」という答えが多かったそうです。

 

これは、自分自身の経験からも納得できる金額です。

 

今回は、3,000円の服を買う女性がなぜ貯められないのかについて解説していきます!

 

 

 

 

 

3,000円の服を買う女性は貯められない傾向にある

 

3,000円ぐらいの服というと、アイテムにもよりますが、安い部類の服に入るのではないかと予想されます。

 

実はこのぐらいの金額の服を何着も買う人は、貯められない体質の可能性が高いのです。

 

3,000円の服を買う人は、安いと思って買っている人が多いはずですが、

 

ネットで、「3,000円ぐらいなら、ま、いっか」などと買うような人は、恐らく同じように安い服が何着もあります。

 

そして、こんな風に思っているのではないでしょうか?

 

「高い服なんて買ってないのに」どうして貯まらないの?
「服にお金をかけてないのに」どうして貯まらないの?
「無駄遣いなんてしてないのに」どうして貯まらないの?

 

これは、私自身が昔に思っていたことなのでよーくわかるのですが、はっきり言って、「かなり無駄遣い」しているんですよね。

 

 

 

 

中途半端なお金の使い方をする人は貯められない

 

 

あなたは、次のようなことはしていないですか?

 

「高い店は無理」といいながら、頻繁にファミレスで外食をする
ネットで安めの服をよく買う
ケーキ屋さんは高いからといいながら、毎日のようにコンビニでスイーツを購入する

 

あてはまるものがあれば、無意識に無駄遣いをしている可能性が高いです。

 

一つの商品だけ見るとそれほど高いものではないから非常に買いやすい。

 

でも、ファミレスや安めの服では満足感はそこそこしか得られないのに、

 

継続して買ってしまうことで出費がいつの間にかかさんでいる、そんなことが起きているのです。

 

普段は自炊をしてきちんと節約意識を持って生活し、たまに豪華なディナーを楽しむ、そんな過ごし方をしている人の方が案外貯まるものですよ。

 

 

 

 

良い物を買ってもお金は貯まる

 

良い物を持つとお金が貯まらないかというと実は逆だったりします

 

安いものばかりを買っている人は、安いからという理由でいらないものをちょこちょこ買ってしまったりします。

 

100円均一にいくとついつい不要なものを買ってしまう、というようなことがその証拠です。

 

そうすると、高い物を買っていない、お金を全然使っていないつもりなのに貯まらないなんてことになります。

 

締めるところは締めて、自分への投資はきちんとお金をかける、メリハリのあるお金の使い方が大切なんです。

 

 

 

 

 

3,000円の服を買っていたときは貯められなかった私

 

 

3,000円の服というのがポイントです。

 

私の個人的な感覚だと、5,000円ぐらいだと買うときもよく考えます。

 

そして、1,000円ぐらいだと逆に安すぎて品質を疑うため、これまた意外と考えて買います。

 

3,000円ぐらいの、そこそこ安い服は買いやすい金額のため、ついつい買ってしまうんですね

 

実はこれ、私が貯められないときに3,000円ぐらいの服をよく買っていたから分かることなのです。

 

女性服はそれぐらいの値段でも割とかわいい服が手に入りますから。

 

そして、いつも思っていました。

 

「全然無駄遣いしていないのにどうして貯めらないのだろう?」

 

 

 

 

 

 

安い服が悪いってわけじゃなくて値段基準で買うからものを見極める力がなくなる

 

何も、3,000円の服が悪い、ものが悪い、ってわけではないのです。

 

3,000円でも良い服ってあります。

 

例えばユニクロやGUで3,000円の服をなんでも買ってもいいって言われたら、けっこう素敵なものが買えると思うんですよね。

 

問題は、この3,000円という値段が「値段基準でつい買ってしまう」という行動に陥りやすいちょうどいいあんばいの値段であるということです。

 

結果的にものの良し悪しよりも値段で買うことを決めてしまうんですね。

 

なので、ちゃんと中身を見て買う買わないの判断ができるのであれば、それは3,000円だろうと1,000円だろうと、1万円だろうとOKというわけです。

 

3,000円の服を買う女性がお金を貯められないのは、3,000円の服を1着持っているからOUT!ではなく、

 

値段基準で買う癖がついていて、本当に欲しいもの、本当に良いと思うものを見極める力がなくなっているから、ということを言いたいのです。

 

 

 

 

最後に

 

3,000円の服をやたらとたくさん買っていた管理人ですが、今は、たくさんはなくても良い物をながく着るというスタンスになりました。

 

そして、良い物を着ていても、服にかけるお金が圧倒的に少なくなりました。

 

また、不思議とたくさん安い服を持っていたときよりも、服のセンスを褒められるようになりました

 

若いころは、たくさん服を持っていることがおしゃれだと思っていたのですが、そうではなかったんですね。

 

愛着を持って着ている服がある人の方が、センス良く感じられるのかもしれないなーと思います。

 

あなたのクローゼット、3,000円ぐらいの服はどれぐらいありますか?

 

 

 

おまけ:どうしても3000円の服をたくさん買ってしまう人は

 

とにかくたくさんの服を着てみたい、友達から「いつもお洒落だね」って言われたいという方は、レンタルがおすすめです。

 

最近はファッションアイテムのレンタルが流行っていて、メディアでもよく取り上げられています。

 

スタイリストさんがセレクトしてくれたり、クリーニング不要で返却できるなど各社サービスに力が入っている様子。

 

若い女性なら【Rcawaii】 がおすすめです。

 

最新ファッションが1ヶ月1万円以内で楽しめて、着放題。カジュアル系からキレイ系まで幅広いテイストのお洋服を扱っています。

 

3,000円の服を毎月3着以上買ってしまう人なら元がとれますし、送料、クリーニング代、スタイリスト相談料もすべて無料。

 

お洋服を買うことがやめられない人は、こうしたレンタルサービスを使うことで大きく節約できますよ。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ↓↓
 
 

3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話 関連ページ

お金持ちと結婚した女性の後悔。玉の輿結婚の知られざる苦労とは?
今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介
離婚を考えている女性が旦那に知られずコツコツ準備しておきたいコト
女性だって1000円カットはアリです!お洒落で綺麗を保てますよ
自分チョコって最高の無駄遣い?自分へのご褒美癖がある人は要注意
富女子ってこんな女性のコト!見た目からは想像できないそのすごさとは?
あげまん女性の辞書に必ずある旦那や恋人のテンションを上げる7つの言葉
旦那の浪費癖を治す4つのステップとは?愛してるけどこれだけは困る!
お金を得たいなら勇気を出してショップの紙袋をサブバックにするのをやめよう
毎月の生理にかかるお金を何とか節約できないかを考えてみました
一番使わないのに一番高いお呼ばれ服をレンタルするのが節約になる理由
玉の輿に乗る簡単な方法とは?外見的な美しさよりも大事なこと
ブランドレンタルCariruでお呼ばれ服を賢くレンタルしよう
旦那や彼の仕事運・金運をアップさせる5つの方法。こっそりあげまんになろう
女性に特有のお金に対する考え方の話。女性が資産形成でやりがちな失敗とは?
買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール
女性の方が継続して働くことが難しい理由
女性こそ運用の勉強をしよう
キレイな人の方が得をする5つの理由
お金をかけずにキレイになる方法(日常生活編)
お金をかけずにキレイになる方法(美肌編)
お金をかけずにキレイになる方法(美髪編)
妊娠して退職した場合に失業手当はもらえないの?
あげまんになって旦那・恋人の収入アップ
旦那は大事な資産!男性のモチベーションをアップさせてお金持ちになる6つのメソッド
女性のための金運アップ靴ってどんなもの?金運と靴との関係をお話します。
下着にお金をかけることがお金持ちへの近道って本当?女性の下着とお金の関係
勝負は足元から!安くても高く見える靴を選ぶコツとは?
金運アップ&美人になれる下着を厳選しました!
お金についての私のモットー(恋人編)
20代女性は衝動買いに気を付けるだけで貯金と美しさを手に入れられる
貯金できない女子9つの典型パターンとは?見つめ直せば貯まる女子になれるよ
おごられ女子ほど貯金体質になれる!おごりたくなる女子8つの特徴とは?
お金持ち女子はよく眠る?バリバリ稼ぐために質の良い睡眠のコツを知っておこう

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報