「ご機嫌なあげまん」になるために実践している8つの方法。不機嫌でいる罪とあげまんとの関係とは

「ご機嫌なあげまん」になるために実践している8つの方法。不機嫌でいる罪とあげまんとの関係とは


 ※この記事は2017/9/16に執筆しました。

 

「あげまん女性はいつも機嫌がいい」

 

こう聞いてから、いつも機嫌がよくなるよう心がけている管理人です。(何で聞いたか忘れてしまいました...

 

また、文豪ゲーテは「人間の最大の罪は不機嫌である」と言いました。

 

今日から機嫌よく毎日を過ごすことを考えてみましょう。

 

今回は、私があげまんになるべく心がけている、機嫌の良い毎日を過ごすための工夫を紹介します。

 

※この記事で書いてあること

 

あげまんと機嫌の関係
いつも不機嫌でいると起きる6つのコト
ご機嫌だといいことが起きるのはなぜ?
あげまんを目指して実践中。ご機嫌でいるための8つの方法

 

 

 

 

 

 

 

 

あげまんと機嫌の関係

 

 

 

あげまんと機嫌、この2つは密接な関係があります。

 

こちらの記事

 

でもお伝えしていますが、あげまん女性とは、

 

パートナーの気分を上げたり、力を発揮できる環境を作ることで、ごく自然にパートナーの仕事力や運気を上げていく女性のこと。

 

相手の「気」を下げる不機嫌な女性は、あげまんとはほど遠いのです。

 

自分が男性だったら、疲れて家に帰って不機嫌な彼女や妻がいたら、疲れは取れないしストレスが溜まる一方で、次の日に仕事で頑張れる気がしません。

 

いつもご機嫌な女性が家にいたらどうでしょうか。

 

嫌なことがあっても忘れることができたり、思いっきり笑って癒されて次の日の活力にすることができるでしょう。

 

せっかくパートナーと一緒に人生を過ごすなら、そんな「ご機嫌なあげまん女性」になりたいもの。

 

あげまん女性はいつもご機嫌とは、まさにその通りなのです!

 

 

 

いつも不機嫌でいると起きる6つのコト

 

 

自分がいつも不機嫌でいるかどうかは、意識しないと気がつかないことです。

 

不機嫌でいることに何一ついいことはないと言われれば「そりゃそうだよね。」かもしれません。

 

しかし、不機嫌でいることで起きることを真剣に考えると、思っている以上にさまざまなことが起きていると分かります。

 

ここでは、冒頭でご紹介したゲーテの言葉にあるような、不機嫌でいることの罪も含め、何か起きてしまうのかを確認していきます。

 

 

 

1.自分のストレスが溜まる

 

まずは、不機嫌が与える自分への影響。

 

不機嫌でいればいるほど、ストレスフルな毎日を過ごすことになります。

 

他人のやることなすことイライラしたり、他人に当たってしまう自分も嫌になったり。

 

不機嫌って、何も許せないことでもあるんです。

 

 

 

2.他人のストレスを溜める

 

不機嫌な人と一緒にいたいと、誰が思うでしょうか。

 

不機嫌な人がその場にいるだけで、空気が悪くなり、他の人も不安になり、やがて怒りやストレスを感じるようになります。

 

不機嫌だと、自分だけでなく、他人のストレスも増長させてしまうことになるのです。

 

 

 

 

3.仕事の評価が下がる

 

機嫌に大きく左右される人って、子供っぽいですよね。

 

でも、大人の社会にも必ずいます。

 

けっこういい年齢の中堅〜ベテランの人ほど、日や時間帯によって機嫌が変わります。

 

自分の立場が上がることによって、不機嫌でいても周囲に怒られなくなることも起因しています。

 

若手が機嫌に左右されてると「なんだその態度は?」とすぐに怒られますものね。

 

でも、怒られないからいいというものでもありません。その人の評価は間違いなく下がっています。

 

 

 

4.企業の評価が下がる

 

個人的な評価が下がるだけならまだ自分の問題ですが、不機嫌のせいで、自分が働く会社やお店の評価が下がったらどうでしょうか。

 

評価が下がるとは、売上が下がることにつながります。

 

身近な例で言うと、コンビニやレストランの店員さん。

 

いつもニコニコ接客してくれる人と、なぜか不機嫌な対応で不快にさせる人がいます。

 

店員さんの対応が気にならない人もいますが、わたしはめちゃくちゃ気になります。

 

不機嫌な対応をされると、「次は別の店にしよう」と思います。

 

わたしのようなタイプの人は世の中にけっこういると思うので、そのお店はスタッフの不機嫌によって営業損失をだしていることになります。

 

いつも不機嫌でいるということは、お給料をもらっておきながら、会社の足を引っ張っていることなのです。

 

 

 

5.心が狭い人だと思われて人間関係がうまくいかない

 

悪い人間関係のほとんどは不機嫌から始まっていると言えると思います。

 

皆が皆、毎日ご機嫌だったら、ほとんどの悪い人間関係は解消されるはずです。

 

その場の空気は穏やかだし、誰かが誰かの悪口を言うこともない。

 

ご機嫌なまま人の悪口言うのは難しいことです。

 

どちらか一方の不機嫌によってもう一方が「この人心狭いな。」って思うことはあるでしょう。

 

不機嫌でいると、自分を原因として、人間関係悪化につながってしまうのです。

 

 

 

6.不機嫌な表情が顔に刻まれる

 

眉間にシワを寄せていたり、むっと口角が下がった状態でいると、その顔になります。

 

顔は人生を表すとは本当にそうで、不機嫌でいじわるそうなおばあさんになってしまいます。

 

あげまん女性は特別美人とかスタイル抜群とかではなくても、表情が柔らかくて優しそうな顔をしているのです。

 

不機嫌でいれば、いくらアンチエイジングにお金をかけても、きれいに年を重ねることはできません。

 

 

 

 

不機嫌でいることは相手の時間を奪うこと

 

冒頭のゲーテの言葉にあるような「不機嫌でいることの罪」の1つは、「時間ドロボー」だと思っています。

 

私は聖人ではないので、気をつけないと機嫌が悪くなってしまうことがあります。

 

特に、いつも一緒にいる彼には甘えの意味もあり、不機嫌をあらわにしてしまうことがあります。

 

そうすると彼は「どうしたの?何かあった?」と気を使ってくれます。

 

本来であれば自分のやりたいことに集中したり、その場を楽しんでいるはずの貴重な時間。

 

私のご機嫌とりや心配に時間を費やし、不穏な空気の中で過ごしてしまうことになるのです。

 

「不機嫌でいることは相手の時間を奪うこと。」

 

いつも心に留めておきたいことです。

 

 

 

 

 

ご機嫌だといいことが起きるのはなぜ?

 

 

いつも機嫌よくいると、いいことが起きます。

 

超常現象とかスピリチュアルの話ではなく、実際に根拠があります。

 

それは、機嫌がいいからいいことが起きるというより、機嫌がいいと悪いことも悪いことだと思わず、小さないいこともどんどん自分の手に収めることができるからです。

 

 

 

ご機嫌だと日常の些細なことをいちいち気にしなくて済む

 

普段おきるあらゆる事象は、起きた事実より「どうとらえるか」が大事だったりします。

 

たとえば私は先日、自宅のカーペットにヨーグルトと麦茶をこぼしてしまいました。

 

以前の、毎日不機嫌でいた私だったら「あーもう!最悪!」と表情を曇らせ、「イーッ」っとなっていたはずです。

 

イライラ爆発、なにもかも嫌になってしまったでしょう。

 

でも、今はご機嫌よく過ごしているので、こぼした瞬間笑えてきました。

 

「またやっちゃった。てへ。」みたいな感じです。

 

これは随分小さな例えですが、こういうことの積み重ねが機嫌がいい人と悪い人には起きるのです。

 

 

 

 

ご機嫌だと小さな幸せをたくさん手に入れることができる

 

機嫌がいいと視野が広くなっているため、目の前にある小さな幸せもどんどん拾っていくことができます。

 

だから、ご機嫌だといいことが起きる(と、感じる機会が増える)のです。

 

本当は不機嫌な人の前にも幸せはあるのですが、視野が狭いから気づけない。

 

なんて勿体ないことでしょう。

 

 

 

いいことが起きる女性はパートナーも幸せになる

 

不機嫌で負のオーラをまとっていると、周りの人も巻き込むことになります。

 

反対に、いつもいいことが起きて幸せな人は、周りの人も幸せな気分になります。

 

特に、恋人や夫婦の場合、近い関係である分感情が移りやすいため、大きな影響があります。

 

妻や彼女が幸せでいることは、男性の気分を上げて幸せにするのです。

 

まさに絵に描いたような「あげまん女性」ですね。

 

 

 

機嫌がいい人は仕事もできる

 

妻や彼女が機嫌よくしてくれることで、男性はご機嫌でいられます。

 

ご機嫌な状態で出社したらどうでしょうか。

 

機嫌がいい人は仕事もできます。

 

たとえば後輩や部下がミスをした場面。

 

機嫌がいい人は許容してミスの原因を冷静に分析し、次回は起きないよう指示ができるでしょう。

 

機嫌が悪い人は、ひたすら後輩や部下を責めます。

 

後輩や部下はただただ落ち込んで自信喪失し、連続でミスをしやすくなったり、最悪の場合は会社に来るのが嫌になって辞めてしまうでしょう。

 

1人が辞めることは時間もコストも無駄になるため、人を辞めさせてしまう人は、仕事ができない人です。

 

機嫌よく職場の雰囲気を穏やかにし、社員たちの仕事がやりやすい環境になれば、効率や士気もアップし、業績につながるでしょう。

 

だから、ご機嫌な人は仕事ができるのです。

 

ご機嫌なあげまん女性は、彼や夫の仕事力を上げるというわけですね。

 

※関連記事

愚痴が多いパートナーにイライラするときに「あげまん」女性がする行動は? 

 

 

 

 

 

あげまんを目指して実践中。ご機嫌でいるための8つの方法

 

 

ここからは、わたしが実践している「ご機嫌でいる方法」を紹介します。

 

彼とは10年以上の付き合いで、これまでやってこれたのは彼の懐の広さゆえですが、わたし自身の意識を変えてご機嫌でいることで、以前よりもっと仲良しになれています。

 

あげまんになりたい、彼や夫との関係性を深めたいと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

1.その人と会う最初の表情に気をつける

 

彼と会うときは、最初の表情には特に気をつけるようにしています。

 

彼は、わたしが不機嫌だと超敏感に察知してしまう人なので、朝の挨拶や彼を玄関でお迎えするときはとにかく笑顔を心がける。

 

そうすると、彼は、「今日も機嫌がいいな。」って安心するみたいです。

 

 

 

2.不機嫌な理由を先に伝えておくと安心する

 

女性の場合、ホルモンバランスの変化などで、どうしても不機嫌になってしまうことがありますよね。

 

不機嫌だと申し訳ないって思っても、痛いし辛いしで表情が曇ってしまう。

 

不機嫌っていうより、体調が悪いんです。

 

でも、相手にとっては理由がわからないから、単に機嫌が悪いと思ってしまいます。

 

なので、彼にはあらかじめ理由を言っておいたりします。

 

たとえば、「今日は生理だから機嫌が悪いように思えるかもしれないけど、貧血で少しフラフラするだけで、心はめちゃくちゃ元気だからね。」と言います。

 

わたしの生理痛については彼もよく理解しているので、これを言っておくと安心します。

 

もちろん、体調は気にしてくれますが、温かく安静にしていれば済む話なので、二人の間に何かトラブルはない、という意味での安心です。

 

 

 

寄り道コラム:仕事の相方にも伝えておいた

 

パートナーシップという意味では、仕事の相方にも同じことをしていました。

 

以前勤めていた会社では、仕事で一番密接にかかわる「相方」がいて、仕事上の関係が深いため、相手の機嫌がすぐにわかってしまう仲。

 

下手に心配かけたくないので、あるときから体調が悪いときは我慢せず最初に伝えるようにしました。

 

「体調が少し悪いけど、慢性的なものだから平気だし気持ちは元気です。」と。

 

そうすると相手は「自分に対して怒っているわけではない。」とわかり安心していたみたいです。

 

職場全員に言うと「体調悪いアピール」みたいで気が引けるかもしれませんが、ごく近しい人にだけは言っておくのはアリではないでしょうか。

 

 

 

3.早起きする

 

時間に追われているとイライラしたり、慌ててミスが多くなったりと、不機嫌の元になります。

 

だから、常に時間には余裕をもって行動するようにしています。

 

1日の時間を余裕で過ごすためにはスタートが大切。

 

早起きすれば前倒しでいろいろなことができるため、突発的なことが起きてもイライラしないで済みます。

 

※関連記事

 

 

 

4.とにかく口角をあげるように心がける

 

朝起きたときの体調によって機嫌が自然とはよくならないこともあります。

 

こういうときは、意識的に口角を上げるようにしています。

 

最初はウソ笑いでも、口角を上げると、段々本当に笑顔になってきます。

 

口角が上がった状態で嫌なことや辛いことを考えようとしても、実は意外とできないのです。

 

形から入って自然とその状態にするということですね。

 

 

 

5.脳内を好きなことで満たすようにする

 

嫌なことばかり考えていれば、そりゃあ不機嫌になります。

 

だから意識的に脳内を好きなことで満たすようにしています。

 

以前のわたしは、嫌なことや不安なことをいつも考えてしまうクセがありました。

 

考えて解決するならいいけど、考えても解決しないなら、考えることは無駄。

 

そう思い、考えないよう試みました。

 

しかし、考えないようにすればするほど考えてしまうんですね。

 

そこでやってみたのが、「考えないようにしよう。」をやめて、「好きなことを考えよう。」とすること。

 

何かを考えてしまうときって、その事象に意識が集中しているため、頭の中から追い払うことは難しいのです。

 

代わりに好きなことをたくさん考えるようにすることで、脳内にある嫌な考えをどんどん隅に追い込んでいくイメージです。

 

嫌な人に会ってしまったときにも使える方法です。

 

嫌な人のことを考えるのは時間の無駄なので、好きな人のことをたくさん考えるようにしましょう。

 

 

 

6.ダイエットをして体型維持に努める

 

見た目と心は大きく関係があります。

 

特に女性は、太った、肌が荒れた、シミシワができたといった見た目の問題で落ち込んだり、自信を失うことがあるでしょう。

 

それは不機嫌の元でもあるため、そうならないよう努力します。

 

もちろん、見た目に影響されない心が強い女性もいます。

 

でも私の場合は、見た目の状態と心の状態がリンクしていると経験上わかっています。

 

太ってきて服が着れなくなったりするとイライラしたり、家にこもってばかりいるようになるから、余計にストレスが溜まったことがあるのです。

 

自信をもって外出できる状態なら、ご機嫌で過ごすことができる。

 

そう分かったから、食生活に気をつけたり、適度な運動をしたりして、体型や肌の状態が乱れないよう心がけています。

 

(もちろん、食べ過ぎちゃうときもありますが...。そんなダメな自分も含めて機嫌よく許しちゃいます。

 

 

 

7.とにかく好意的に接するようにする

 

話しかけたとき、最初からピリっとして今にも怒りそうな人と、柔らかく対応してくれる人、誰だって後者がいいはず。

 

恋人や夫婦間でも同じことが言えるでしょう。

 

まだ何も言っていないのに不機嫌な人は、本当に自己都合の不機嫌だと思います。

 

もちろん、相手が何か失礼なことを言ったなら、不機嫌になって怒ればいいのです。

 

わたしだって、嫌なことを言われたらちゃんと指摘します。

 

でも、最初から不機嫌なのは「理由なき不機嫌」だからダメです。

 

自分も、最初から不機嫌であることだけはやめて、怒るときは理由がなくてはならないと意識しています。

 

 

 

8.鼻歌をうたう

 

ご機嫌な人の代名詞といえば鼻歌ですよね。

 

鼻歌を歌っていると、「何か機嫌いいね。」と言われたことがありませんか?

 

鼻歌はご機嫌なときに自然とでるものだと思われがちですが、自分の機嫌をよくするために、敢えて鼻歌を歌ってみるという方法もあります。

 

歌を特に思いつかなくても「ふっふふふふーん♪」と適当に歌ってみてください。

 

何か、ちょっと気分が上がってきませんか?

 

気分が上がらないときは敢えて鼻歌を歌ってみると、機嫌よくなってきます。

 

 

 

彼が不機嫌なときはどうする?

 

パートナーが不機嫌なときにどうすればいいのか分からないと感じる人もいるでしょう。

 

実際わたしも、彼の機嫌が悪いとき自分が何をしたのか心配になったり、機嫌よくしてもらうにはどうすればいいのか悩んだり、せっかく一緒にいる時間なのにと、不機嫌でいる彼に腹が立つことがありました。

 

以前「どうしてそんなに怒ってるの?」と問い詰めて彼と喧嘩になったことがありました。

 

理由は会社で嫌なことがあったからでしたが、喧嘩を経て最終的に彼が言ったのはこれ。

 

「普通に接してほしかった。」

 

自分でも不機嫌であることを認識しつつ、どうしても会社でストレスが溜まってイライラしていたから、せめて何も聞かずに明るく接してほしかった、らしいです。

 

なので今は、彼が不機嫌でも理由は聞かず、とりあえず明るく優しく接するようにしています。

 

大抵はそれで機嫌が直ってしまうので、間違っていないのでしょう。

 

そっとしておいて自分はご機嫌でいるよう努力すれば、下手に不機嫌を責めて喧嘩になるよりずっといいです。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

いつもご機嫌でいること、そう簡単にできることではありません。

 

わたしも、不機嫌がムクムクとこみ上げてくることがいまだにあります。

 

でも、意識的にご機嫌でいることを心がけていたら、徐々にご機嫌時間が増えてきて、幸せをたくさん感じられるようになりました。

 

わたしがご機嫌だと彼も機嫌がよく、「いつも癒してくれるから次の日の仕事を頑張れる。」と言ってくれます。

 

恋人や夫の運気を上げたい、あげまんになりたいと感じる女性は、ぜひご機嫌でいる意識をもってみてはいかがでしょうか。

 

以上「「ご機嫌なあげまん」になるために実践している8つの方法。不機嫌でいる罪とあげまんとの関係とは」でした!

「ご機嫌なあげまん」になるために実践している8つの方法。不機嫌でいる罪とあげまんとの関係とは 関連ページ

布ナプキンは本当にお得?愛用歴5年の管理人が布ナプキンのメリットデメリットを紹介
女子力ゼロのケチ行為!男性にドン引きされる女性の言動を徹底解説
愚痴が多いパートナーにイライラするときに「あげまん」女性がする行動は?
クリスマスのデート服や髪型に美容方法。女性はお金がなくても彼氏に可愛いと思われることが可能!
お金持ちと結婚した女性の後悔。玉の輿結婚の知られざる苦労とは?
今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介
離婚を考えている女性が旦那に知られずコツコツ準備しておきたいコト
女性だって1000円カットはアリです!お洒落で綺麗を保てますよ
自分チョコって最高の無駄遣い?自分へのご褒美癖がある人は要注意
富女子ってこんな女性のコト!見た目からは想像できないそのすごさとは?
あげまん女性の辞書に必ずある旦那や恋人のテンションを上げる7つの言葉
旦那の浪費癖を治す4つのステップとは?愛してるけどこれだけは困る!
お金を得たいなら勇気を出してショップの紙袋をサブバックにするのをやめよう
毎月の生理にかかるお金を何とか節約できないかを考えてみました
一番使わないのに一番高いお呼ばれ服をレンタルするのが節約になる理由
玉の輿に乗る簡単な方法とは?外見的な美しさよりも大事なこと
ブランドレンタルCariruでお呼ばれ服を賢くレンタルしよう
旦那や彼の仕事運・金運をアップさせる5つの方法。こっそりあげまんになろう
女性が資産形成でやりがちな失敗とは?女性に特有のお金に対する考え方の話。
買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール
女性の方が継続して働くことが難しい理由
女性こそ運用の勉強をしよう
キレイな人が得をする8つの理由。「美人」「スタイル抜群」は金銭的メリットが大きい!
お金をかけずにキレイになる方法(日常生活編)
お金をかけずにキレイになる方法(美肌編)
お金をかけずにキレイになる方法(美髪編)
3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話
妊娠して退職した場合に失業手当はもらえないの?
あげまんになって旦那・恋人の収入アップ
旦那は大事な資産!男性のモチベーションをアップさせてお金持ちになる6つのメソッド
女性のための金運アップ靴ってどんなもの?金運と靴との関係や色、形、おすすめブランドは?
下着にお金をかけることがお金持ちへの近道って本当?女性の下着とお金の関係
勝負は足元から!安くても高く見える靴を選ぶコツとは?
金運アップ&美人になれる下着を厳選しました!
お金についての私のモットー(恋人編)
20代女性は衝動買いに気を付けるだけで貯金と美しさを手に入れられる
貯金できない女子9つの典型パターンとは?見つめ直せば貯まる女子になれるよ
おごられ女子ほど貯金体質になれる!おごりたくなる女子8つの特徴とは?
お金持ち女子はよく眠る?バリバリ稼ぐために質の良い睡眠のコツを知っておこう

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報