★女子力ゼロのケチ行為!男性にドン引きされる女性の行動を徹底解説

女子力ゼロのケチ行為!男性にドン引きされる女性の言動を徹底解説


 ※この記事は2017/11/7に執筆しました。

 

浪費癖がある女性より、お金に堅実でしっかり者の女性の方が男性から好かれやすいですよね。

 

特に、将来の結婚を考える本命彼女は、堅実な女性がいいはず。

 

世の中には「富女子」に代表されるような、稼ぎは普通でも堅実でしっかり貯金もしている女性がたくさんいます。

 

一方で、ケチの烙印を押されてしまう女性もちらほら。

 

「堅実な女性」と「ケチな女性」とは紙一重です。

 

節約に夢中になり過ぎて「うわー、ケチな女」とドン引きされないように気をつけましょう。

 

というわけで今回は男性陣が「どんな女性をケチだと思う?」を徹底調査しました。

 

女子力ゼロのケチ行為を連発する「ケチ女」の言動を紹介します。

 

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

若い女性がやりがちなケチ女認定行為とは?
ケチ女=オバサン化?年齢が上がってきたら気をつけたいオバサンケチ行為
年齢問わず気をつけたいマナー違反ケチ。女性として人としての魅力を失うよ

 

 

 

 

 

若い女性がやりがちなケチ女認定行為とは?

 

 

ケチ女の言動は、年齢層によって傾向が異なります。

 

まずは若い女性がやりがちなケチ女認定行為から。

 

どんな言動が男性からケチだと思われてしまうのでしょうか。

 

 

 

お会計はケチ女と認定される最たる場所

 

若い女性なら、男性や年上の方におごっていただく機会が多いでしょう。

 

男性の意見で多かったのは、食事をしたお会計時の言動です。

 

最初から「おごってもらって当たり前。」と言わんばかりに、会計場所にいない、財布すら出さない。

 

ひどい場合は、おごってもらってお礼を言えない女性も。

 

これでは男性がドン引きしても仕方がありません。

 

お会計時に財布をだすかどうかは、年配の男性にごちそうになる場合など、財布をだすことが失礼にあたることもあります。

 

ですが、その場合でも、「本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。」と笑顔で言いたいですね。

 

男性が同世代の場合は、財布をだす「フリ」だけでも最低限しましょう。

 

財布をだしたことでワリカンになるとしても、そもそも自分が食べた分は自分が払うのは当たり前。

 

おごってもらったらとてもありがたいことだと思っておきたいですね。

 

※関連記事

 

 

 

 

 

借りたものを返さない女性はケチだと思われる

 

若い女性は気軽に物の貸し借りをおこなう傾向にありますが、借りたものを返さない女性は「もしかしてワザと?」と、ケチ疑惑が浮上します。

 

お財布を忘れたり、急に小銭が必要になってお金を借りたときはもちろん、会社で隣の席の人に借りた備品、小説や漫画など。

 

どれだけちょっとしたものでも、人から借りたものを返さないのはNGです。

 

「借りパク」と呼ばれてライトな言動だと思う人も多いかもしれませんが、やっていることは詐欺や泥棒と同じことです。

 

 

 

「これ安かったの!」自慢がすごい

 

若い女性を中心に人気を集めるファストファッションブランド。

 

安くても素敵な商品が多いですよね。

 

ファストファッションを上手に取り入れるのはいいのですが、何かにつけて「これいくらだと思う?」「これ安かったの!」と自分の物を安く買えたことをアピールする女性はケチに見えます。

 

「値段基準で物を買う人」だと思われるからです。

 

安くても高くても、素敵なものは素敵なもの。それでいいじゃありませんか。

 

安さアピールは何の得にもなりませんので要注意です。

 

 

 

 

 

 

若い女性が言いがちなケチ女だと思われる3大言葉

 

男性からケチ女だと思われやすい言葉を調査していると3つの言葉がキーワードにあがりました。

 

特に若い女性がついつい言いがちな言葉。

 

その3つとは、「高い」「お金がない」「コスパ」です。

 

男性は、女性に比べると物の値段より、実用性や機能性、本当に欲しいかを重視する傾向にあります。

 

物をたくさんは買わないけれど、いい物を買うのが男性の特性。

 

「安いから」という理由で買い物してしまうのは、女性が圧倒的に多いのです。

 

そんな男性からすると、いつも「価格基準」で物を見つめる女性の言動はケチと思うことも。

 

一緒に買い物しているときに「うわっ!何これたかーい!」と大きな声で言ってみたり、外出に誘っても「お金がないから家がいい」と言われたり。

 

いつも「コスパ」を連発するのも女性の特徴です。

 

コスパは大切ですが、連発する人に限って、「コスパがいい商品をたくさん買いまくり、結局は無駄遣いしている」なんてことにもなります。

 

 

 

 

必ず「一口ちょうだい」を言ってくる

 

いろいろな場所で議論される「一口ちょうだい」に賛成か反対か。

 

特に女性は「いろいろなものを食べたいし、全部はいらないから一口もらえればいい。」との理由で「一口ちょうだい」を言いたがります。

 

わたしは女性なので、女性から「一口ちょうだい。」を言われても快く差し上げます。

 

でも、自分からは言いません。

 

なぜなら、世の中には「一口ちょうだい」を嫌がる人がいるから。

 

嫌がる人は男性が多く、男性からすると「食べたいならもう1皿頼めばいい。何かケチくさい」と思うそうですよ。

 

「一口ちょうだい」は若い女性がよく言ってしまうので、ケチ女認定されないように気をつけたいですね。

 

 

 

 

ブランド品を持っているのにスーパーのはしごをする

 

男性は論理的思考の持ち主なので、女性の矛盾点が気になります。

 

たとえば、高価なブランド品のバッグを買うのにスーパーの10円、100円の食料品はケチる。

 

スーパーのはしごをして時間や交通費をかけて安いものを買いに走るなどは矛盾した行為。

 

「その行動、意味ないのでは?」「ブランド品のバッグをやめればいいのに。」と思われます。

 

お金がないと言いながら食事を抜き流行ファッションに身を包むような人も若い女性に多いですが、堅実な女性とは思われません。

 

男性からケチだと思われないためには、自分自身の言動に矛盾点が生じていないかを振り返ってみるといいですね。

 

 

 

 

ケチ女=オバサン化?年齢が上がってきたら気をつけたいオバサンケチ行為

 

 

ここからは、年齢がある程度上がってきたら気をつけたいケチ行為を紹介します。

 

ケチ女とオバサン化は切っても切れない関係。

 

「ケチなオバサン」と思われたら嫌ですよね!

 

 

 

 

外食で食べきれなかった分をテイクアウトする

 

食べ放題などの飲食店にタッパーを持って行き、食べきれなかった分を持ち帰る。

 

お店によっては持ち帰りが許可されていることもありますが、そんな店ばかりではありません。

 

「勝手に」「こっそり」やるのはマナー違反、場合によっては窃盗になるのかも。

 

女友達や彼女がやっていたら、ドン引きですよね。

 

 

 

 

 

スーパーの詰め放題でこれでもかと詰める

 

スーパーの詰め放題サービスでこれでもかという量を詰める女性は、男性からはドン引きされています。

 

「詰め放題だからいいでしょ!」と思うかもしれませんが、袋を引き延ばす、すでに袋に入りきっていないなど、許容範囲をオーバーしています。

 

まさにオバサンがやりそうな典型ケチ行為ですね。

 

 

 

おしぼりや割りばしを持って帰る

 

ファミレスや漫画喫茶などでおしぼりや割りばしが自由に取れる飲食店。

 

「ご自由にお取りください。」を何をどう解釈するのか、大量に持ち帰ってしまう女性はケチ過ぎて引かれています。

 

お店側も不必要に持ち帰ってもらうことは想定していないですし、きちんと費用をかけて納入しているものです。

 

今使わない分を持って帰るのは泥棒と同じですよね。

 

気をつけたいのは、「提供されたけど使わなかったおしぼりや割りばし」を持ち帰る行為。

 

1つだけなら持ち帰っても問題ないと思っても、男性からすれば「少しでも得したい根性」が見えてケチ女に見えてしまいます。

 

気持ちは分かりますが、そんな小さなところで得しようと思っても、結局はケチに思われて損していると心得ましょう。

 

 

 

 

街頭のティッシュ配りで大量に持ち帰る 

 

わたし自身、過去にサンプルやティッシュ配りのアルバイト経験があり断言できるのは、サンプルやティッシュを持ち帰るのは年配の女性が圧倒的に多いということ。

 

特にティッシュは、年配女性が何回も往復して大量に持ち帰ります。

 

街頭のティッシュ配りは、配布のバイトからすればたくさんもらってくれる人の存在が有り難いことがあります。

 

しかし、自分の彼女や妻が大量にティッシュをもらっている姿を見たい男性などいません。

 

むしろ「恥ずかしいからやめてくれ。」と思います。

 

これもケチケチオバサン行為丸出しです。

 

「何が悪いの?」と思うかもしれませんね。

 

ティッシュをもらうことがいい悪いではなく、ケチに見えることで男性が不快な思いをすることが問題なのです。

 

 

 

 

 

後ろの人の迷惑を考えず食料品を吟味する

 

スーパーの生鮮食品コーナーで、超真剣に食料品を吟味している人っていませんか?

 

野菜やお肉をぷにぷに押してみたり、顔がお尻より下の位置に下げて間近でチェックしている人。

 

食料品の吟味はいいのですが、大抵は後ろの人の迷惑になっています。

 

それに気づかないほどチェックに夢中になるのはケチに見えますよ。

 

「同じお金を払うなら少しでもいいものを買いたい」という気持ちが前面に出過ぎていて、他人の迷惑を考えていないからです。 

 

 

 

 

汚くなったバッグや靴をずっと使っている

 

物を大切にして永く使うのはとてもいいこと。

 

堅実な感じがして好印象ですよね。

 

しかし、それも清潔感がなくなってしまうと途端に印象が変わります。

 

特にバッグや靴は目に入りやすいため、あまりに汚いものを使っているとケチなのかな?」と思われますよ。

 

 

 

 

 

意地でもおごらない

 

男性がおごってくれるときは当たり前な態度を取るのに、自分がおごってもいい場面で絶対におごらない女性。

 

相手が年下だろうと、何かおめでたいことがあってお祝いしているときでも、何が何でもおごらない。

 

「自分のお金を手放したくない」との執着心が目に見えて分かるため、「ケチなんだろうなー」と思います。

 

男性は意外と、自分より年上の女性に教養や懐の広さを求めます。

 

素敵な年下男性から「うわっ、ケチなんだ....。」と思われたくないですよね。

 

 

 

 

年齢問わず気をつけたいマナー違反ケチ。女性として人としての魅力を失うよ

 

 

最後に、年齢問わず気をつけたいケチ女行為を紹介します。

 

堅実とケチのボーダーラインって、マナー違反かどうかが1つの分かりやすい目安になると思います。

 

誰にも迷惑をかけず、誰にも嫌な思いをさせない節約なら堅実ですが、自分だけ良ければいいと自己中心的にマナー違反をするのはケチ。

 

完全なマナー違反と認定されるケチ行為は、女性としてだけでなく、人としての魅力も失います。

 

男性から見て魅力的な女性に見えるはずもありません。

 

 

 

ごみ袋代をケチって、有料ゴミ袋を使わずコンビニで捨てる

 

もう何年も前からごみ袋が有料化され、中身が見えない袋で捨てることができなくなりましたよね。

 

そのため、ごみ袋代をケチって、自宅ゴミをコンビニに持ち込んで捨てる人がいるのだとか。

 

コンビニのごみ箱は、自宅ゴミの処分場ではありません。

 

コンビニの店員さんが非常に迷惑しているのでやめましょう。

 

誰かの迷惑を考えないで自分のごみ袋代を払わないことを優先する。

 

男性がそんな姿を見たら幻滅すること間違いありません。

 

 

 

 

持ち込み禁止の飲食店で自宅から持参した食べ物を平気で口にする

 

飲食店には飲食店のマナーがあります。

 

いくらこちらがお金を払う側で、お客だったとしても、です。

 

持ち込み禁止の飲食店で自宅から持参した食べ物を平気で口にする人っていませんか?

 

わたしは、男性でこういう人を見たことがありますが、ケチ過ぎて引いたし、「一緒にいるのも恥ずかしい!」と思いました。

 

※男性のケチ行為はこちらでも書いています。

 

 

 

 

携帯電話の充電は会社か友人宅でおこなう

 

携帯電話の充電は自宅でおこなわず、会社か友人宅でのみする女性はケチ女認定です。

 

充電は電気代がかかるので、電気代泥棒です。

 

マナー違反というか、犯罪ですよね。

 

 

 

 

マナー違反ケチは素敵な男性から選ばれない

 

男性からすれば、マナー違反を平気でする女性を本命彼女にしたいでしょうか。

 

結婚して子供ができても、「マナーがなっていない親に育てられた子供はどうなるの?」と心配してしまうでしょう。

 

社会人としてのマナーがなっていない女性は本命彼女や結婚相手として選ばれません。

 

悲しいですね。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

女子力ゼロどころか、人としての魅力が失われてしまうケチ行為。

 

女性がついついやってしまうケチな言動を、男性はしっかりシビアな目で見ています。

 

人として女性として輝くためにも、堅実とケチのボーダーラインをしっかり認識したいですね。

 

以上「女子力ゼロのケチ行為!男性にドン引きされる女性の行動を徹底解説」でした!

 

女子力ゼロのケチ行為!男性にドン引きされる女性の言動を徹底解説 関連ページ

布ナプキンは本当にお得?愛用歴5年の管理人が布ナプキンのメリットデメリットを紹介
愚痴が多いパートナーにイライラするときに「あげまん」女性がする行動は?
「ご機嫌なあげまん」になるために実践している8つの方法。不機嫌でいる罪とあげまんとの関係とは
クリスマスのデート服や髪型に美容方法。女性はお金がなくても彼氏に可愛いと思われることが可能!
お金持ちと結婚した女性の後悔。玉の輿結婚の知られざる苦労とは?
今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介
離婚を考えている女性が旦那に知られずコツコツ準備しておきたいコト
女性だって1000円カットはアリです!お洒落で綺麗を保てますよ
自分チョコって最高の無駄遣い?自分へのご褒美癖がある人は要注意
富女子ってこんな女性のコト!見た目からは想像できないそのすごさとは?
あげまん女性の辞書に必ずある旦那や恋人のテンションを上げる7つの言葉
旦那の浪費癖を治す4つのステップとは?愛してるけどこれだけは困る!
お金を得たいなら勇気を出してショップの紙袋をサブバックにするのをやめよう
毎月の生理にかかるお金を何とか節約できないかを考えてみました
一番使わないのに一番高いお呼ばれ服をレンタルするのが節約になる理由
玉の輿に乗る簡単な方法とは?外見的な美しさよりも大事なこと
ブランドレンタルCariruでお呼ばれ服を賢くレンタルしよう
旦那や彼の仕事運・金運をアップさせる5つの方法。こっそりあげまんになろう
女性が資産形成でやりがちな失敗とは?女性に特有のお金に対する考え方の話。
買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール
女性の方が継続して働くことが難しい理由
女性こそ運用の勉強をしよう
キレイな人が得をする8つの理由。「美人」「スタイル抜群」は金銭的メリットが大きい!
お金をかけずにキレイになる方法(日常生活編)
お金をかけずにキレイになる方法(美肌編)
お金をかけずにキレイになる方法(美髪編)
3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話
妊娠して退職した場合に失業手当はもらえないの?
あげまんになって旦那・恋人の収入アップ
旦那は大事な資産!男性のモチベーションをアップさせてお金持ちになる6つのメソッド
女性のための金運アップ靴ってどんなもの?金運と靴との関係や色、形、おすすめブランドは?
下着にお金をかけることがお金持ちへの近道って本当?女性の下着とお金の関係
勝負は足元から!安くても高く見える靴を選ぶコツとは?
金運アップ&美人になれる下着を厳選しました!
お金についての私のモットー(恋人編)
20代女性は衝動買いに気を付けるだけで貯金と美しさを手に入れられる
貯金できない女子9つの典型パターンとは?見つめ直せば貯まる女子になれるよ
おごられ女子ほど貯金体質になれる!おごりたくなる女子8つの特徴とは?
お金持ち女子はよく眠る?バリバリ稼ぐために質の良い睡眠のコツを知っておこう

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報