芸能ネタ収集に時間を費やすのはもうやめよう。時間とお金が無駄になる理由と対策法

芸能ネタ収集に時間を費やすのはもうやめよう。時間とお金が無駄になる理由と対策法

 

 

ついつい芸能ニュースを見てしまう、ネットを開けばエンタメ系を確認してしまうという方は、大事な時間を浪費しているかもしれません。

 

今回は、芸能ネタ収集の時間が無駄である理由と、芸能ネタで時間を浪費しないための対策をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

まずは芸能ネタの定義づけ

 

芸能ネタと言っても幅広いですが、映画やドラマ、ミュージシャンや芸人のライブなどの作品情報のことではありません。

 

あれは芸能人の方が仕事として形にしたものなので、芸能ネタではなく一つの芸術だと思います。

 

この記事で言う芸能ネタとは、

 

「AとBの熱愛発覚?」

 

「Cの怪しい交流関係」

 

など、プライベートに踏み込んだ、いわゆるゴシップネタですね。

 

 

 

 

芸能ネタは面白いが時間の浪費。その理由とは?

 

 

 

芸能ネタははっきり言って面白いです。

 

昼間のワイドショーはサラリーマンなら見る機会はなくても、ネットニュースを確認がてら、ついついエンタメ系ものぞいてしまう人は多いのではないでしょうか?

 

管理人も、ネットの芸能ネタをついつい見てしまったり、気が付くと時間がかなり経ってしまったりということがありました。

 

しかし、芸能ネタを収集するのに膨大な時間を費やすのは、もったいない以外のなにものでもありません。

 

芸能ネタの収集が時間の無駄だと思う理由は以下の通りです。

 

・頭を使わない行為のためいつの間にか時間が経ってしまう

 

・芸能ネタには真実もあるば単なるガセや推測だけのものもある

 

・芸能や広告関係の人でない限り自分の稼ぎに関係ない

 

・「芸能人が着用していた」に人は弱いから浪費につながる

 

 

頭を使わない行為のためいつの間にか時間が経ってしまう

 

芸能ネタを網羅しても、頭を使うことはありません。

 

芸能人という他人に起きたことに対して、解決策を考えることはないですよね。

 

頭を使わないって、とても楽なことで疲れません。

 

疲れないからどんどん時間が経ってしまうんですね。

 

 

芸能ネタには真実もあるば単なるガセや推測だけのものもある

 

「熱愛発覚か!?」などの「か!?」って、すごく嫌いです。

 

ウソかホントか分からないものに振り回されているのって、とてつもなく無駄だと思いませんか?

 

だって、いくら考えてもそこに答えは永遠に見つからないのですから。

 

 

芸能関係や広告関係の人でない限り自分の稼ぎに関係ない

 

芸能ゴシップネタがすべて無駄だなんてことは言いません。

 

例えば芸能ネタが仕事に直結する職業もあります。

 

芸能リポーターはもちろん、一般の人でも広告代理店に勤めているとか、芸能人監修の商品を作っている会社など、さまざまありますね。

 

そういう方にとっては芸能ネタチェックは仕事のうちです。

 

例え真実でなかったとしても、仕事に影響するのだから、ネタ自体のウソかホントかは関係なくて、芸能ネタが出たということだけが真実になります。

 

問題は、それ以外の仕事の人ですね。

 

芸能ネタと一切関係のない仕事をされているならば、芸能ネタに触れる時間を見つめてみることをおすすめします。

 

 

「芸能人が着用していた」に人は弱いから浪費につながる

 

芸能ネタを見るということは、その芸能人のプライベートに興味があるということであり、特定の芸能人の方の動画や画像などにも触れる機会が多くなります。

 

そうなると「芸能人が着用の〇〇」とか「芸能人がブログで紹介していた〇〇が欲しい」など、浪費につながりやすくなります。

 

芸能人というずば抜けたビジュアルを持っている人に対して憧れる気持ちはもちろん理解できます。

 

でも、同じものを持ってもその人にはなれませんし、近づけもしない、それが現実です。

 

※芸能人やモデルさんを参考にすべきではない理由はこちらでも書いています。

タンスの肥やしが多くて貯金できない人は参考にする人を間違えているかも 

 

 

 

芸能ネタ収集をやめれば自己否定しなくなる

 

 

ここからは、芸能ネタ収集をやめたい人に対して、その対策法をお伝えしていきます。

 

私は過去に芸能ネタをポチポチ検索して気づいたら何時間も経っていたとき、ものすごい後悔の念が自分を襲いました。

 

この時間があればあれもできた、これもできたと、自分が嫌いになりそうでした。

 

芸能ネタはたまーにさくっと見る分には楽しかったり、ちょっとした息抜きになりますが、何時間も費やしたときの自己嫌悪といったら半端じゃありません。

 

自分のことを好きになりたい、自分を肯定した生き方をしたいという方は、芸能ネタに多くの時間を費やすことをやめましょう。

 

「自分を好きになりたい、だから芸能ネタ収集をやめよう」

 

と、目標を立ててみましょう。

 

それだけで自分に対して否定的だった気持ちから脱却でき、前向きな生き方ができるようになります。

 

 

 

 

芸能ネタ収集に時間を費やすことの恐ろしさを自覚する

 

時間だけはすべての人に平等です。

 

それをいかに有効活用するかで、稼げる力を身につける、有益なことに時間を使えるかどうかが変わってきます。

 

その貴重な時間を、芸能ネタ収集に費やすのはとても恐ろしいです。

 

とても恐ろしいことだという自覚をもってみると、限られた時間をどう使おうかと一生懸命考えるようになります。

 

芸能人はテレビで見ることがありますが、自分の知り合いでも何でもありません。

 

赤の他人の私生活を見たからといって一体何になるというのでしょうか?

 

 

 

 

芸能ニュースは観なくても勝手に教えてくれる人がいる

 

友人や職場に一人は芸能ネタをよく知っている人はいませんか?

 

そういう人は、芸能ネタを知りたくて仕方ないし、人に話したくて仕方がありません。

 

なので、その人とのコミュニケーションを兼ねて芸能ネタを仕入れれば良いのです。

 

「最近の話題に疎いから、世間では何が注目されているのか教えてくれる?」などと聞けば、恐らく「誰と誰が付き合っていることは知ってる?」など芸能ネタを次から次へと教えてくれるでしょう。

 

そうすれば、その間は相手も気持ちよくしゃべってくれます。

 

職場の同僚などとは仕事以外の話をすることで、仕事上のコミュニケーションが円滑に進むことがあります。

 

相手にとっては「仕事以外の話もふってくれる人」になるので、好感を持たれやすいのです。

 

お昼休憩やたまたま通勤時に一緒になったときなど、芸能ネタ好きの人に話しをさせておけば自分が話題を提供する必要もありませんよね。

 

その人とのコミュニケーションと芸能ネタ収集時間を兼ねれば、自分で芸能ネタを収集する時間が節約できて、さらにコミュニケーションも円滑にいきます。

 

一石二鳥というわけです。

 

 

 

芸能ネタは自分の好きな芸能人だけで十分

 

どうしても芸能ネタから離れることができないという方は、芸能ネタは自分の好きな芸能人の情報のみに絞りましょう。

 

ただし条件があって、それが趣味と言えたり自分の生活に欠かせないぐらい大好きな芸能人であれば、です。

 

好きなアーティストがいてプライベートの過ごし方を知ることで癒される、それはそれで有意義なものでしょう。

 

その代わり、その芸能人以外の情報は見ない、聞かない、気にしない、です。

 

一人の芸能人の情報を仕入れるのと、芸能界全体の旬ネタを仕入れようとするのでは、全く意味が違ってきます。

 

 

 

 

情報がないと不安という人はワイドショーではなく報道番組にする

 

 

芸能ネタに限らず、世間で何が起きているのか知りたいから情報番組を観るという人は多いと思います。

 

新聞は抵抗があるという人でも、テレビ番組ならばとっつきやすいですよね。

 

その場合は、番組を厳選しましょう。

 

情報番組でも、報道系から芸能ネタを他の芸能人があーだこーだ言っているものまで色々です。

 

社会から取り残されないための情報を得たいなら、やっぱり報道系です。

 

報道番組を観て芸能ニュースを観なくても社会から取り残されることはありませんが、報道を知らずに芸能ネタを追い求めていれば間違いなく社会人として世間から取り残されていきます。

 

ただし、報道番組にも情報内容に偏りがあったり、少ない情報を掘り下げるタイプ、幅広く多くの情報を扱うなど特色があります。

 

おすすめは、自分が尊敬している人や、政治・経済の知識が豊富という方に好きな情報番組を聞いてみるという方法です。

 

他人基準ではありますが、とっかかりがない報道系初心者の方には良いと思います。

 

管理人も報道系初心者なので、「この人は柔軟な考え方をしていて色んなことを知っている」と感じる尊敬できる人が、どんなテレビを観ているのか聞いてみることがあります。

 

 

 

 

ニュース欄にも入ってくる芸能ネタのみチェックする

 

芸能ネタが好きという人にとっては、全く芸能ネタに触れないことに抵抗があると思います。

 

その場合は、自分なりのルールを決めて芸能ネタに触れていく方法がおすすめです。

 

例えば、ヤフーニュースではニュース、経済、エンタメなど項目が設けられていますが、その中でニュース欄に入っている芸能ネタだけはチェックするなどの方法です。

 

いきなりエンタメ欄をクリックすると、あれもこれも気になってしまいますが、ニュース欄に入っているものだけなら時間を抑えることが可能です。

 

報道系の番組でも、よほど大きな芸能関連のニュースならば取り上げられることはあります。

 

そういったネタだけを調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

芸能ネタチェックをやめるのではなく政治・経済などを一つチェックする

 

芸能ネタチェックを「やめる」のが辛いなら、やめるのではなく「他のことをまずしてみる」という方法です。

 

パソコンやスマホでネットにつないだら、まず政治・経済ニュースをチェックします。

 

政治・経済ネタがつまらなくて抵抗あるという人は「1日1つだけは政治・経済情報をチェックしてみる」と決めてみることです。

 

そうすると、意外と面白いかもと思うことがあります。

 

そしてそれを掘り下げてみてみると、いつの間にか時間が経過していて、芸能ネタをチェックする時間がなくなっています。

 

ネットをチェックする時間のトータルは同じでも、その内訳が政治・経済なのか芸能ネタなのかで、自分自身の仕事力に大きな変化が起きるでしょう。

 

 

 

 

日替わりでチェック項目を決める

 

 

今日は政治のトピックスを一つ勉強する、次の日は経済という風に、チェックする項目を曜日によって決めておくのも良いです。

 

芸能ネタは金曜日と決めておけば、すべてを制限されずにストレスも溜まりにくいです。

 

「毎日芸能ネタチェック」から「週に1回だけ芸能ネタチェック」にすれば、適切な範囲内で芸能ネタも楽しめて良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、芸能ネタ収集に時間をかけるのが無駄な理由と、芸能ネタ収集に時間を費やさないための対策をご紹介しました。

 

芸能ネタは適度に多少のリフレッシュ程度に、1日2〜3分、軽く触れておくのがちょうどいいと思います。

 

くれぐれも貴重な時間を費やさないようにしたいものですね。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報