給与担当者が教えるお金のエトセトラ

メリハリをつけたお金の使い方をしよう

 

 

無駄遣いをしているわけではないのに、なぜかお金が貯まらない...。

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

そんな方は、「中途半端な」お金の使い方をしている場合が多いのです。

 

中途半端なお金の使い方をしているとお金は一向に貯まりません。

 

 

 

 

 

中途半端なお金の使い方をしている人は貯まらない

 

あなたは普段、中途半端なお金の使い方をしていませんか?

 

中途半端なお金の使い方って、

 

安いからという理由で満足感を得られないモノやサービスを購入したり、贅沢を我慢しているつもりでも結局お金をたくさん使っているというようなことです。

 

こういう使い方をしている人はお金が貯まりません。

 

では、中途半端なお金の使い方の実例を確認していきましょう。

 

 

 

外食は高いからと言いながらわりとよくファミレスを使う

 

ファミリーレストランもおいしいご飯が食べられます。

 

しかし、安いからという理由でファミレスを使うのはナンセンス。

 

そうやって「安いから」という理由でファミレスを利用していると、せっかくの外食も「ファミレスで我慢した」という意識がインプットされて、充足感が得られません。

 

しかも、高い外食ではないという意識で頻繁にファミレスを利用すると、トータルでは豪華な外食をするよりも割高になるケースがあります。

 

それならば、1回の料金が高めであっても、味も雰囲気も満足できるようなお店にたまに足を運び、普段は自炊をする方という手もあります。

 

素敵なお店で食事をすると精神面でも満たされますし、それを楽しみにすることができます。

 

「ファミレスのこれがどうしても食べたい!」という気持ちで利用するのは良いのですが、「安いから」という理由で利用するのは結局節約になりません。

 

 

 

ネットで安めの服を買う

 

インターネットショッピングは、家にいながらたくさんの商品を検索でき、わざわざ足を運ばなくても自宅まで届けてくれる優れものです。

 

しかも、店舗で買うよりも安く買えるケースが多いですよね。

 

でも、実物を見られないから手元に届いたらペラペラの生地だったり、イメージと違うなんてことも多いです。

 

安物の3,000円の服を3枚買うのであれば、しっかりした10,000円の服を1着、大切に使いましょう。

 

見た目も高級感がありますし、安物の服のようにすぐに着なくなるということもありません。

 

結果、お得になることが多いのです。

 

数は少ないけれど良いものを着ている、というのは案外、他人から見ても分かるものです。

 

※関連記事

3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話 

 

本当の資産家になると、服はどうでも良いという方もいるかもしれません。

 

しかしお金持ち予備軍の方は是非見た目を大切にしてください。
 
良い物で身を包まれることで、自分はお金持ちになるというセルフイメージができあがります。

 

 

 

 

 

毎日コンビニでスイーツを買う

 

デパ地下でも、おいしいケーキ屋さんでもそうなのですが、ショーウィンドウに並んだあのケーキを見るとテンションがあがります。

 

テンションがあがるということは、幸福感があってすごく良いことですよね。

 

パティシエが作ったケーキは見た目も美しく、味も自宅では再現できないような素敵なお味。

 

安くても1個400円前後はするので、高いと感じるかもしれません。

 

でも、たまにそのケーキを買って、おいしいコーヒーと一緒に飲めば素敵な時間を過ごすことができます。

 

デパ地下やケーキ屋さんのケーキは高いから買えないから私はコンビニで十分と言いながら、毎日コンビニでスイーツを買っていませんか?

 

いくらコンビニだって、毎日買っていればそれ相当のお値段になります。

 

近ごろのコンビニスイーツは割とお高めですしね。

 

確かに最近のコンビニスイーツは本当においしくて、私もはまった商品がいくつもあります。

 

しかしあくまでもその商品がおいしいから買うのであって、惰性でコンビニにだらだら通いつめるようなことはしません。

 

毎日なんとなく、コンビニに行ってしまうという方は、少し立ち止まって、考えましょう。

 

本当に食べたい物を買いに行くのですか?

 

 

 

メリハリをつけたお金の使い方をしましょう。

 

メリハリというのは、抑えるべきところはきちんと抑え、好きなことは物にはきちんとお金をかける、ということです。

 

そういう使い方をしている方はお金が貯まります。

 

何かを買ったりサービスを受けたりするときに、値段基準で考えると本当に好きなものにお金をかけることができず、ストレスもたまりますし、結果として無駄遣いをしてしまいます。

 

「無駄遣い」って、妥協して好きでもないものを買うことだとも言えます。

 

好きなものにだけお金をかける、をお金の使い方のモットーにしていると自然とお金は貯まります。

 

余計なものなんて買わないようになりますよ。

 

 

 

 

 

最後に:良い物を買ってもお金はたまります。

 

いかがでしたか?

 

今回は、中途半端なお金の使い方の実例をご紹介してきましたが、思い当たるような行動はありましたか?

 

買い物というものは、それが本当に欲しい物で、心がときめいた物であれば、良い物を買っていてもお金は貯まります。

 

もちろん、あまりにも高価な物をローンを組んでまで買うことではありません。

 

それは、まだ自分にふさわしくないということですから。

 

自分の収入内や積み立てたお金で買った良い物は、あなたの心を満足させ、それはきっと永く大切に使うことでしょう。

 

ぜひメリハリをつけたお金の使い方をするようにしていきましょう。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報