お金に愛される体質になるにはどうしたらいい?脳とお金の関係を利用しよう

お金に愛される体質になるにはどうしたらいい?脳とお金の関係を利用しよう

 
 ※この記事は2017/8/24に加筆・修正しました。

 

お金の稼ぎ方、お金との付き合い方を教えてくれる書籍などを読むと、「お金に愛されることが必要。」と書かれています。

 

でも、お金ってどうやったら愛してくれるんでしょうか?

 

それには、脳の仕組みを利用するのが良いそうですが果たして...?

 

というわけで今回は、お金に愛されるための脳のコントロール方法について紹介します。

 

 

 
 

 

 

 

脳が行動を変える?

 

お金に愛される人になるためのポイントは自分の脳の使い方にあると言われます。

 

脳は行動の司令塔であり、まずは司令塔の考えを改めさせることで、自然とお金を得やすい行動をしていくようになるという考え方です。

 

たしかに、何につけても司令塔の役割は重要。

 

職場でいえば上司やリーダーがどんな人かによって、業績や社内の雰囲気がガラリと変わります。

 

団体スポーツでも、司令塔がどう動くかによって勝敗を左右しますよね。

 

「洗脳」という言葉があるように、脳に何らかの指令を与えることで行動そのものが変わっていくことはありそうです。

 

言い方はちょっとアレですが、脳をお金持ちモードに洗脳するというわけですね。

 

 

 

脳を洗脳するってどうやるの?

 

自分の脳を洗脳すると言っても、なんだか高度なテクニックがいりそうで、難しそうな気もします。

 

そんな簡単にできるなら、最初からやっているよという話です。

 

いきなり脳を変えようと思ってもハードルが高そうなので、まずはお金に対する考え方を見つめなおしてみましょう。

 

変えるのではなく、振り返って、「こういう風に考えてみるのもアリかな」と思う。

 

これならハードルが下がるのではないでしょうか。

 

 

 

 

お金は裏切らないはほんと

 

お金をたくさん貯めている人の話を聞くと、お金は人を裏切らない、男は裏切る...みたいな話をします。

 

どんな男にひっかったのかという気になることはおいておき、これはそのとおりです。

 

お金は人を裏切りません。

 

これを聞いて、「何だかさびしい気がするような...」。

 

と、思った方。

 

それも少しお金に対して負の感情がある証拠です。

 

心のどこかで「お金がなくても平気」って思っているからそう思うんです。

 

お金が大好きという人にとって「お金は裏切らない」は、「ああ、そうだよね。」です。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。だって事実なんですから。

 

 

 

 

お金に罪はない

 

お金は人を変えるとか、お金絡みでトラブルになるとか、良くないイメージがあるものかもしれません。

 

しかし、お金自体に罪はないですよね。

 

それらを引き起こすのはすべて人間なので、悪者扱いされてはお金もたまったものではありません。

 

まずは、お金そのものが悪いものではない、むしろすごく素敵なものだということを認識しましょう。

 

 

 

 

自分がお金のことをどう思っているのか知るには

 

多少なりともお金に悪いイメージがある人はいますぐ払拭したいもの。

 

大好きな心屋仁之助さんの著書「一生お金に困らない生き方」(PHP研究所)によると、

 

会社の上司が、あまり働かないであなたよりいい給料をもらっていたら、「ステキ!私もそうなりたい」と思いますか?それともムカつきますか?

 

実は、ムカついた人は、お金に対して否定的な価値観を持っています。

 

だそうです。

 

私も働かない上司には腹を立てる人だったので、お金に対して否定的な価値観を持っていたというわけです。

 

自分はお金にマイナスな感情はないはずだと思っている方でも、この質問をしてみると本質が見えてくると思いますので、ぜひ問いかけてみてください。

 

ちなみに、今の私がこの質問に対してどう思うかというと、ムカつくという感情はなく「いいな。うらやましいな。」と思うまでにはなりました。

 

だって働かなくていい給料をもらってるなんてうらやましい...。

 

ただ、「ステキ!私もそうなりたい」まではいけていないので、まだまだお金に対して負の感情があるのかもしれませんね。

 

とても面白い本ですよ!

>一生お金に困らない生き方 [ 心屋仁之助 ]

価格:1,296円

(2017/2/8 17:51時点)
感想(13件)

 

 

 

行動を変えれば脳が変わる

 

脳を変えれば行動が変わるのか、行動を変えれば脳が変わるのか、正直よくわかりません。

 

脳科学者の澤口先生が大好きで本を買ったはいいものの、難しくて数ページで寝てしまった私ですから、専門的なことはおいておくことにします。

 

ただ、私はこう思います。

 

特別な機械を使ったり洗脳できるような高度な技術がない普通の人は、いきなり脳を変えるのは難しいというもの。

 

まずは行動から入るというのがおすすめです。

 

 

 

 

具体的に何をするの?

 

一つの方法としては、ひたすら「お金って素敵。」「お金大好き。」「お金ってすごーい。」と、言う、思う、習慣をつけましょう。

 

いつもいつもでなくてもよいですよ。

 

夜眠りに落ちる前にぶつぶつ復唱するのがおすすめです。

 

 

 

耳から働きかけるのも

 

You Tubeなどでも、お金持ちになれる音楽とかいろいろアップされています。

 

音楽や音は、寝ている間の脳に働きかける効果が期待できます。

 

あと、「聞いていることでお金持ちになれる気がする」という、プラシーボ効果もバカにできません。

 

「気がする」と思い込むことで、自分が持つお金に対する負の感情を払拭できるからです。

 

ただ、怪しいものに引っかからないようにはしたいので、お金を取るサービスに誘導するようなものは避けましょうね。

 

 

 

なんでも人のマネから

 

何も考える前にまずマネみるというのも良いですね。

 

このサイトでもお金持ちのマネをしようという主旨からお金持ちの特徴をご紹介していますが、マネしてみることで脳がお金持ちの思考に近づいていき本当にお金持ちになるのです。

 

こちらも行動から脳を変えるというパターンですね。 

 

「マネ」の効果はすごいです。

 

小さな子供だって、大人たちのマネをして育っていきますものね。

 

※関連記事

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

脳と行動、脳とお金には密接な関係があります。

 

お金に愛されたいと思ったら、脳に働きかける行動が必要ではないでしょうか。

 

行動を続けるうちに脳が「お金大好きモード」になってくれたら、そのときはお金に愛される人になっているはずです!


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報