洋服・バッグ・アクセサリー・靴などの被服費と資産形成の関係

洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を

 

 

スーパーで買い物するときに買いたい物を書いたメモを持っていく人は多いですよね。このメモのおかげで買い忘れを防いだり、逆にそれ以外の物を買わないようにするという効果もあります。

 

実はこの買い物メモ、スーパーでの買い物だけでなくデパートなどで洋服を買うときにも活用することができます。

 

スーパーでの買い忘れ防止とは用途が違いますが、視覚化することで自分が買うべき物が見えてくるんです。

 

今回は、デパートで洋服の買い物をするときに活用したい買い物メモって、どんなものかについて解説していきます!

 

 

 

 

 

事前に書き出すという行為が大切。

 

ここで言う買い物メモとは、違う言い方をすれば「洋服を選ぶときの判断基準を書いた紙」です。

 

この判断基準は自分でわかっているようで、デパートでの買い物という雰囲気に飲まれやすい場所では鈍ってしまうことがあります。

 

この買い物メモには、視覚化することで自分の判断基準を思い出すという目的があります。

 

 

 

買い物メモを作成するには、事前に書き出すという行為が伴います。

 

この書き出すという行為が非常に重要で、自分が頭の中だけで考えていた「買いたい物」の整理にもつながります。

 

それでは、どんなことを書き出していけば良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

サイズや体型の変化を書き出す

 

最近太ったり痩せたりはしていませんか?自分の体型なんてわかっていると思っていても、ついつい「いつものサイズ」を買ってしまうことがあります。

 

安い服でも高く見せるにはサイズ感が非常に重要なので、事前に自分のサイズや体型の変化を書き出しておきましょう。

 

※関連記事

買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール
節約とダイエットは同じ?成功するコツには共通点があった 

 

 

 

その際には例えば、「最近太ったから体型が目立つぴったりしたパンツは買わない」「痩せてしまったので、貧相に見える薄手のニットは買わない」などの具体的な一言も付け加えて。

 

 

 

 

自分のなりたいイメージや好みを書き出す

 

洋服を買うときに失敗しないためには、自分のなりたいイメージをはっきりさせることが大切です。

 

女性ならキレイな感じなのか可愛い感じなのか、かっこいい感じなのか。男性なら大人っぽい感じなのか、活動的な感じなのかなど。

 

イメージをはっきりさせていない状態で買い物をすると、アイテムごとのテイストがバラバラになってしまうので、結局どの服ともあわせられずタンスの肥やしになんてこともあります。

 

ちゃんと書き出すことで自分のイメージを形にしましょう。

 

※関連記事

タンスの肥やしが多くて貯金できない人は参考にする人を間違えているかも 

 

 

買いたいアイテムを書き出す

 

本当は上着が必要だったのに、ついつい目に入ったボトムスを買ってしまった、そんな経験は誰にもあると思います。

 

結果使えるアイテムだったとしても、この行為は予定外のものを買ったので、間違いなく浪費です。浪費をなくすことこそが資産形成の近道ですよね。

 

そこで、買いたいアイテムをちゃんとメモにして書いておきましょう。そうすることで目に入ったものをつい買ってしまうことを防ぎます。

 

今日買い物に来た目的は、パンツなのかスカートなのか、それともシャツなのか。

 

必要な物を厳選して買うことが本当の買い物上手。そして買い物上手は間違いなく貯金もふやす力がある人です。

 

 

 

 

予算を決めて書き出しておく

 

事前に予算を決めておくことは、計画的な買い物ができるのでおススメです。

 

大体の予算は決めてあっても、デパートなどでの買い物時はテンションが上がってしまい、冷静な判断ができなくなることがあります。

 

気づいたら予算オーバーの商品を買ってしまうなんてこともありますから、買い物メモに予算を明記しておくことで、完全な予算オーバーであれば購入を見送ることができます。

 

 

 

 

 

絶対に買わないアイテムも書き出しておく

 

いつも同じような色・形のアイテムを買ってしまい、洋服の数の割には人からの印象が同じに見えるという人がいます。

 

そんな人は、事前にクローゼットをチェックして同じような服がないかを確認しましょう。

 

そして、それを絶対に買わないアイテムとしてメモしておきましょう。

 

フラフラっと同じようなアイテムにばかり引き寄せられてしまう人は、お店に入る前にメモを見て、「こういうアイテムは買わないぞ」と気を付けるようになりますよ。

 

 

 

 

 

最後に:買い物メモは視覚化することで買い物の失敗を防ぐ効果がある

 

自分のサイズや好み、買いたいアイテムなどは自分でわかっているつもり。わかっていても、同じような服を買ってしまったり自分のイメージと違う物を買ってしまったり・・・。

 

こんな買い物の失敗は、きちんと視覚化されたメモを持参することで防ぐことができます。

 

単価が高い洋服こそ、無駄のない賢い買い物をしたいですね。デパートで洋服を買う前に洋服メモ、是非作成してみてください。

洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を 関連ページ

お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと
お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報