洋服・バッグ・アクセサリー・靴などの被服費と資産形成の関係

お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

 

 

ファストファッションブランドを上手に利用して、節約しながらもお洒落を楽しむ方もいるでしょう。しかし、ファストファッションこそ注意しておきたい落とし穴があるんです。気を付けないと、お金もお洒落センスも失っているなんてことに・・・。

 

今回は、ファストファッションの落とし穴についてお話します。

 

 

 

 

 

 

服の状態が悪いことが多いファストファッションこそ買うときによく見て

 

雑誌やメディアで取り上げられるブランドだと、それだけで飛びついてしまう人も多いファストファッションブランド。でも、流行っているから良いブランドだとは限らないということを心得ましょう。

 

一言で言うと縫製が甘いことが多いファストファッション。ボタンや装飾品が取れそうになっていたり、甘い縫い付け方ですぐ取れるなんてこともよくあります。

 

服の表だけでなく、裏もよく見て、細かいところまで確認しましょう。自分なりの基準を持って、厳しい目で選ぶことも必要です。

 

 

※関連記事

3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話
買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール

 

 

 

そんなにたくさん服があっていつ着るの?

 

1万円で全身コーデ!なんてこともできるのがファストファッション。でも、それってあなたに必要なことでしょうか?

 

テレビのコーナーでもないし、雑誌のスタイリスト対決でもないし、ファストファッションで全身コーディネートができる、ということに喜びを感じるのは、ちょっと考えものです。

 

いちいち、人に会うたびに、「今日のコーデ、全身で1万円なんだよ」って自慢したとしても、何の得にもなりませんしね。

 

ファストファッションは買いやすい値段のため、ファストファッションブランド好きの人はたくさん買ってしまう傾向があります。

 

体は一つしかないのだから、服をたくさん持っても仕方がないということをしかと受け止めましょう。朝、クローゼットの中を開けたときに「着る服がない!」と焦る人は、実は、服がありすぎるからだというケースがほとんどです

 

 

 

 

 

質の良い物を知らずにファストファッションに走っても基準がわからない

 

モデルさんやスタイリストさんたちが雑誌などで上手にファストファッションを採り入れています。これを見るとファストファッションを着るだけでお洒落に見えると勘違いしがち。

 

でも待って。彼女たちがお洒落に見えるのは、きちんと物を見る目を持っていて、物を選ぶ基準が明確だから。プロの方は質の良い物、高い物にも触れる機会が多いため、物を見る目が養われています。

 

高い物はこういう生地感をしている、質の良い物の縫製はこうなっている、高い物も安い物も、この部分は同じなんだ、とか。

 

だからこそ、プチプラと言われるファストファッションを見るときに、良い物に見える、ここは見た目に影響しない、などの判断ができるんです。

 

「安くても高くてお洒落に見える」のは、質の良い物を知らないと養えない技量なのだと心得ましょう。そう考えると、やみくもにファストファッションに飛びつく前に冷静になれるかもしれません。

 

 

 

 

 

外国のファストファッションはサイズ選びに注意が必要

 

ZARAやH&Mなど、外国の人気ファストファッションブランドはたくさんあります。やっぱりデザインがお洒落でかっこいいですよね。でも、サイズ選びには特に慎重になってください。

 

それは、単に日本で9号だからスペインだとこのサイズ、という風に「着れる」サイズではないということ。「着たときにかっこよく見えるサイズ」を選んでください。

 

外国のブランドは、日本向けに展開しているものであっても、外国の方が着たときにかっこよく見える着丈のものも多い。

 

単純にサイズだけで選んでも日本人の体形に合わないものもあるので、試着は必須です。誰が着ても似合うものばかりでない、ということを心得てください。

 

※関連記事

人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖 

 

 

ファストファッションブランド巡りを趣味にしない

 

趣味がおしゃれという方もいるでしょう。特にファストファッションは買いやすい値段のため、たくさん買えて、買った後の爽快感もあります。

 

でも、ファストファッションブランド巡りって、めちゃくちゃ高い趣味だと心得てください。買ってはみたものの、タンスの肥やしになる服も多いから、一瞬の爽快感のために1万、2万と使っていることになります。

 

爽快感を得るためだけなら、スポーツしたり、映画を観たり、山ほどできることはあります。そのファストファッションブランド巡りで得られるものは何かを一度振り返ってみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

そのファストファッションブランド、買った理由が明確ですか?

 

クローゼットの中にあるファストファッションブランドの服。買った理由はすぐに答えられますか?「安かったから」という理由で買った服はタンスの肥やしになっているはず。

 

今すぐ処分し、今後は「安いから」という理由で服を買ってはいけません。安物買いの銭失いの典型です。その服が「値段が安くなくても買いたい」ぐらいときめく物だけを買うことが、ファストファッションだろうと何だろうと、大切なことです。

 

 

 

 

 

最後に:どんな服を着ている自分になりたい?

 

「全身ファストファッションに身を包んだ自分になりたい!」と胸を張って言えるのでなければ、ファストファッションを選ぶときに冷静に見る目を養うことが必要です。

 

本当は、着たい服がある、本当は、このブランドの服が好き、その「本当は」の声を無視しないでほしいです。
その「本当は」は、ファストファッションの服2、3着分で買える値段かもしれませんよね。

 

今回は、ファストファッションの落とし穴についてお話しましたが、ファストファッションを否定するつもりはさらさらありません。お洒落で、ウエストがきゅっと絞ってあったり、カッコイイものもたくさん。

 

でも、単に流行っている、安い、という理由で選ぶと、お金も、お洒落のセンスも残らないということを知っていただきたいという気持ちでこの記事を書きました。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴 関連ページ

お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報