洋服・バッグ・アクセサリー・靴などの被服費と貯金・資産形成の関係

入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法

 

 

入学式や卒業式などの学校のイベントは、親子ともに着るものやバック、靴などいたるところにお金がかかりますよね。

 

今回は、そんな入学式や卒業式にかかる被服費の節約方法をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

1.まずは手持ちの服を使えないか確認

 

入学式や卒業式のイベントは避けて通れないですし、せっかくですから親である大人も子供たちや旦那さんからきれいって思われたいですよね。

 

お金がかかる...とため息つくのではなく、どうせならこのときしか着れない服を楽しんじゃいましょう

 

とは言え、ジャケットにバッグにコサージュに...と、すべて買うと一体いくらになるの?というぐらいお金がかかるのも事実です。まずは手持ちの服で使えるものがないかはチェックしましょう。

 

特に、OLの経験がある方なら仕事に使っていたコンサバなジャケットやスカートを着回しできる可能性もあります。コサージュ一つつけてみるだけで一気に卒入学式っぽくなることもありますよ。

 

↓こういうコサージュは一つあると卒入園式やお呼ばれにと使えます。
 
参照:パーティードレス通販GIRL
価格:2,306円(税抜)
 
ちなみに、楽天などでコサージュの相場を見てみると、お手頃なものであれば1つ1,000円〜3,000円ぐらいのものが多いようです。
 
上のコサージュはパーティードレス通販GIRLというお店のものですが、こちらのお店はコサージュの種類が豊富だったので、お好みのものが見つかるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

2.コンサバ姉妹がいれば強い味方

 

 

姉妹が近くに住んでいる方で、さらにコンサバ姉妹であればかなり助かります。仕事用に使っていたジャケットやスカートも、本人は着尽して飽きていても、一度も着たことがない姉妹からすれば新鮮味もあります。

 

ちなみに、私はがっつりOL経験がありますし、仕事用のコンサバ服をたくさん持っていたので、姉が娘の入学式に着るときのワンピースとバッグ、アクセサリーを提供しました。

 

身長が違うのでジャケットと靴だけは買うことになりましたが、全身揃えるよりずっと価格を抑えることができて、助かったと言っていました。

 

こればっかりはできる人とできない人がいますが、可能なら聞いてみるのはアリではないでしょうか?

 

 

 

 

3.買う前にママ友からの情報収集をしっかりと行う

 

学校や地域によって、入学式や卒業式に着る服の色や形の傾向が微妙に違うようです。

 

例えば、入学式と言えば明るめの白やパステル系は定番カラーですが、シックな黒などを着ている人が多い場合もあるそうです。

 

ママ友たちからの情報収集を衣装を買う前にしっかりと行っておきましょう。黒やネイビーなどのシックな色合いも可能であれば、やっぱりパステル系よりずっと使いまわしがききます。

 

パステルカラーはどうしても「THE 入学式」という感じになってしまいますが、黒やネイビーであれば何かと着る機会は出てくるはずです。

 

 

 

 

4.できる限り普段も使えそうなものをセレクトする

 

入学式や卒業式の服を買うときに何が無駄かと言うと、やっぱりその日にしか着れないものだからですよね。普段も頻繁に着る機会があるのであれば、決して無駄にはなりません。

 

というわけで、できる限り普段も使えそうなものをセレクトするというのは大切なことです。

 

一つ例を挙げるとすると、入学式のジャケットとして人気が高いノーカラーの白っぽいツイードジャケットなどは、普段は使いにくいです。

 

パステルカラー同様、「THE 入学式」っぽさがでやすいアイテムでもあります。それよりも、ジャケットの形はテーラードがおすすめです。仕事でも使えるし、結婚式などの移動や食事などにも使えます。

 

 

 

 

5.明るめのグレーなら入学も卒業も使える

 

色でいうと定番ですが一番使えるのは明るめのグレーがおすすめです。入学式・卒業式どちらにも使えますし、仕事などオフィシャルでも使いやすいです。

 

入学式はインナーを白っぽい明るめの色にして柔らかい感じに、卒業式はシックな感じでまとめてもカッコイイです。

 

下記の画像でいうと、右のグレーのジャケットが色味的にはおすすめです。コサージュつけるとさらに華やかになりますし、仕事はこんな感じで使えますよね。
 
参照:パーティードレス通販GIRL
価格:7,990円(税抜)

 

 

 

 

6.体型キープは節約のためにも頑張ろう

 

入学式も卒業式にも着られそうな服を買ったのに、卒業式には太って着られなくなってしまった...これだと新たに卒業式用に買い足す必要が出てしまって、せっかくの服が無駄になってしまいますよね。

 

体型キープは、節約のためにも必要だと思うとダイエットも頑張れるかもしれません。

 

何より、お子様はやっぱりきれいなママが自慢ですから、ぜひ入学式のときの体型をキープしたいですね。

 

もちろん、産後太りを頑張って解消し、卒業式には逆にサイズが小さくなったという嬉しい誤算ならOKです。

 

なぜなら、体型が整うことで着られる服の幅が広がり、安い服でも着こなせるようになるなど節約にプラスのことが多いからです。

 

 

 

 

7.割り切ってレンタルをするのが実はおすすめ

 

ここまで入学式や卒業式の服のコスパの良い選び方をご紹介してきましたが、個人的にはレンタルがかなりおすすめです。

 

レンタルは割高では?と思うかもしれませんが、1回しか着ないものをたとえ安物でも全身で揃えることの方がずっと勿体ないとも言えます。

 

また、レンタルであれば、デパートなどで売っている人気の質が良いブランドのスーツなども着ることができますから、量販店などで主婦向けの安い3点セットなどを買うより、ずっと素敵ですよ。

 

[Cariru]ブランドレンタルでは、卒入園用のセットアップやコサージュ、バッグまで全身レンタルできます。もちろん、バッグや靴だけを借りることも可能です。

 

クリーニングも不要なので、着たあとのクリーニング代もかかりませんし、クローゼットの中に一度着て眠らせておく服を増やすこともありません。メリットは大きいので検討してみる価値はあると思います。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、入学式や卒業式の被服費を抑える方法についてご紹介しました。気合いが入るイベントですが、お金をかければ良いというものでもありません。

 

上手に賢く費用を抑えて、節約できたお金を家族皆のために使うということも大切ですね。ぜひ参考にしてみてください。

入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法 関連ページ

お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと
お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報