太って服が着られないピンチ!服を買い足すその前に貯め体質の人がする行動とは?

太って服が着られないピンチ!服を買い足すその前に貯め体質の人がする行動とは?


 ※この記事は2019/1/6に執筆しました。

 

お正月やゴールデンウイーク、お盆休みなど、長期連休中に旅行や外食で食べ過ぎてしまい、太ってしまった経験はないでしょうか。

 

もちろん、連休中に限らず、日々の食生活や運動習慣が変化して太ってしまうこともあります。

 

しかし、太ってしまうと手持ちの服が入らなくなり困ります。

 

ワンサイズ上の服を買い足すにはお金が必要ですから、貯金を目指す方はできれば新しく買うことは避けたいもの。

 

今回は、基本の体型よりも太ってしまった場合、貯め体質の人がおこなう行動についてお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

太って手持ちの服が入らなくなることがある

 

基本の体型から多少太ってしまっても、学生のように若い頃は圧倒的な運動量があるため、すぐに元の体型に戻った方も多いでしょう。

 

わたしも高校時代は休憩時間に早弁するほど大食いでしたが、坂道を含む片道を1時間、自転車で通学しており、かつ運動部でしたから、太っても運動量でカバーできていました。

 

しかし、社会人になってからは食べる量と運動量のバランスがとれず、そうはいきません。

 

太ってしまうと手持ちの服が入らず、新しく服を買い足すなんてことがよくありました。

 

もちろん、服を買えばお金がでていきますので、一向にお金は貯まらない生活を送っていましたね。

 

 

 

 

 

ワンサイズ上の服を買いに行きたい気持ちになるが…

 

 

手持ちの服が入らなくなったり、ウエストがきつくて着心地が悪くなったりすると、着る服が減ってしまいます。

 

学校や職場へ毎日同じ服を着ていくわけにはいきませんので、服を買いに行きたくなる気持ちになりますよね。

 

しかし、ここで服を買い足してしまう方は、残念ながら貯め体質ではありません。

 

むしろ、無計画に物を買い続けてしまい、いつの間にか財布の中にはお金がなくなってしまうタイプ。

 

一方、貯め体質の方は、洋服を買う前に、まずは元の体型に戻すことを意識します。

 

洋服は食材やちょっとした小物と比べても、基準価格が高いのが特徴です。

 

ワンシーズン限りで着るような安い服であっても、1着数千円はかかってしまうことが普通。

 

先に服を買ってからダイエットに励むか、ダイエットを先行させるのかは、貯金額に大きな差がでるポイントですよ。

 

たとえば、ワンサイズ上のパンツとスカートを2着ずつ購入したとしましょう。

 

1着1万円なら合計4万円ですね。

 

毎年お正月明けに太った分の服を買い足すことを10年間続けていれば40万円。

 

大げさに感じるかもしれませんが、この考え方を変えることで、長い目で見て貯金額の大きな差となるのです。

 

※関連記事

 

 

 

 

 

ワンサイズ下の服を目標に痩せることは本当によいこと?

 

先に服を買い、それを目標にすることで痩せやすいといわれることがあります。

 

たとえば「明らかに入らないSサイズのジーンズを購入して部屋に飾っておき、それをモチベーションにしてダイエットに励む」といった方法です。

 

これはある意味では、「服を買ってしまったから痩せなければ損をする」と、自分を追い込む方法とも言えるでしょう。

 

その方法、確かに効果がある人もいます。

 

しかし、多くの人は失敗してタンスの肥やしになってしまう現実があります。

 

そもそも先に服を買って、実際にその体型になれる人は、とても強い意志の持ち主。

 

多少太っても努力と根性で痩せることが可能です。

 

少しきつい言い方になってしまうかもしれませんが、

 

痩せたら着るつもりでサイズ違いの服を買った人
今年こそダイエットします宣言を周囲にした人

 

こうした人で、実際には痩せられなかった人を何人も知っています。(これ、本当です!)

 

かくいうわたしも、同じようなことをして痩せられなかった経験があります。

 

まさに、自分の根性のなさを認識する行為。

 

情けなさで落ち込んでしまうほか、入らなかった服を購入したお金も無駄になるなど、いいことはありません。

 

結局、自分を追い込むか否かに関係なく、痩せられる人はもともと痩せられるし、痩せられない人はいくら周囲に宣言しても痩せられないのです。

 

ならば、お金を大切にし、まずは買わずにダイエットを優先させる方が建設的ではないでしょうか。

 

また、先に服を買う方法は、精神的に追い込むことからストレスになりやすいものです。

 

自分の意志の強さによほどの自信があるなら別ですが、あまりおすすめしない方法ですよ。

 

 

 

 

 

服をご褒美にダイエットを頑張ることの意味

 

 

服を買うより先にダイエットをすることにはメリットがあります。

 

まずは、「痩せたら好きな服を買う!」という目標を決めておくことで、ダイエットを頑張れることです。

 

痩せたときのご褒美を「服を買うこと」に設定するわけですね。

 

 

で書きましたが、基本的に「自分へのご褒美」はお金を貯めるためには注意が必要なものです。

 

しかし、ダイエットに関しては時間が必要であること、実際に頑張らないと痩せられないことから、ご褒美もありかなと思います。

 

 

 

 

ダイエットの効果を高める!?

 

「服」をご褒美にすることはダイエット効果をさらに加速させます。

 

たとえば、ご褒美と聞くと、高級なチョコレートやレストランでの食事など、「食」に設定する人は多くいます。

 

仕事を頑張ったご褒美など、ダイエットに関係のない人はそれでもよいでしょう。

 

しかし、ダイエットのご褒美を「食」にすると、ドカ食いをきっかけにリバウンドしてしまい、せっかく痩せた体型がすぐに戻ってしまいます。

 

食に意識が強く残ることで食事制限をすることのストレスも多く、ダイエットが我慢の連続になります。

 

しかし、服や小物、旅行、趣味など食以外のものを目標達成後のご褒美にすることで、食から興味をそらすことができます。

 

「痩せる頃には欲しかった服が売れてしまっているのでは?」と思うかもしれませんね。

 

それでもよいのです。

 

痩せてサイズが戻ると、当時欲しかった服のことは忘れているか、その服以外にも似合う服がたくさんあるのですから。

 

さらに、痩せてからタンスの中を覗いてみると、以前気に入って着ていた服なども入るようになるため、新しい服を買わなくても好きなファッションが楽しめるようになりま。

 

サイズが上の服を買い足す必要がなく、ファッションも楽しめるようになるなんて、これぞ本当の「お得」なのです。

 

 

 

 

食生活を整えて浮いたお金で服を買うことができる

 

ダイエットの基本は食生活を整えること。

 

特に、お菓子やスイーツなどの嗜好品を買わなくなるため、食費が一気に低くなります。

 

浮いたその分のお金は、貯金にまわしてもよいですし、服を買ってもよいのです。

 

嗜好品をあまり口にせず体が引き締まってくると、精神的に安定して集中力も高まりますので、「これぞ!」という1着を選ぶ冷静さもでてくるからです。

 

あれもこれも目移りして欲しくなってしまうときは、注意力が散漫、精神的に不安定な時期。

 

そんなときこそダイエットを優先させることも貯め体質の人がおこなう行動のひとつです。

 

 

 

 

ダイエットをするためにお金は使わなくてもよい

 

ところで、スポーツジムに燃焼系サプリメント、ウォーキングをするために着るジャージなど、ダイエットをするためにお金を使ってしまう人がいます。

 

ダイエット市場の経済効果は非常に大きいと言われていますので、多くの人が痩せるためにお金を払っているわけですね。

 

もちろん、お金を支払うことでしっかり痩せられる人も多いのですが、全員とはいかないところがミソですよ。

 

痩せるためにお金を払ったけれど、結局通わない、使わない、続けられないなどの理由で痩せられない人が大勢いるからこそ、ダイエット市場は潤っているのです。

 

お金をかけてダイエットをすることを否定しませんが、節約家としては、まずはお金をかけずにダイエットをすることをおすすめします。

 

※以下の記事ではお金をかけずに痩せる方法を紹介しています。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、連休明けに太ってしまい、服の買い足しを検討している方に向けて、服を買う前にまずはダイエットをおすすめするお話でした。

 

太ったことで着られる服が少なくなり困るかもしれませんが、それは自分自身への戒めに。

 

まずは1週間、食生活の見直しと運動を意識すれば、大分体がすっきりしてきます。

 

1ヶ月経つ頃にはクローゼットの中で着られる服が増えてきますので、「着る服がない!」という悩みを感じなくなっているでしょう。

 

「ワンサイズ上の服を買い足す前にシェイプアップ!」

 

これを新年のスローガンとしてみてはいかがでしょうか?

太って服が着られないピンチ!服を買い足すその前に貯め体質の人がする行動とは? 関連ページ

「会社に着ていく服がない!」の回避法10選。少ない服でも毎朝迷わず出勤するには?
お金をかけない春ファッション7つのコツ。カラーコーデで一気に春らしくなる!
お直しは本当にお得?お直しした方がいいものと売る捨てるが向いているもの
無印良品のオーガニックコットンボーダーTシャツの感想と無印良品をお得に買う方法
お金をかけない冬ファッションのコツ。1着が高い冬でも節約&お洒落はできる!
お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
アウトレットの賢い使い方9選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
洋服にもお買い物メモを活用!元アパレル店員が教える賢い買い物メモとは?
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと
お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報