「会社に着ていく服がない!」の回避法10選。少ない服でも毎朝迷わず出勤するには?

「会社に着ていく服がない!」の回避法10選。少ない服でも毎朝迷わず出勤するには?


 ※この記事は2018/8/26に執筆しました。

 

私服出勤のOLの皆さんは、朝に着ていく服がなくて困ることがないでしょうか。

 

正確には、コーディネートが決まらないことで、服がないと思って焦ってしまうことです

 

OLの朝は、メイクにヘアセットにお弁当の準備にと大忙し。

 

服選びで時間を取られることは避けたいですよね。

 

とはいえ、服をたくさん買えば良いというものではなく、それではお金は一向に貯まりません。

 

そこで今回は、少ないアイテム数でも朝に困らない方法を紹介します。

 

余計な服を買いませんので、お金もしっかり貯まりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会社に着ていく服がないから買い物に行く」ではお金は貯まらない

 

 

わたしはOL時代、ほとんどの会社で私服でしたので、朝着て行く服が決まらなくてバタバタしてしまうことが多々ありました。

 

そしてそのたびに、「何で家にはこんなに服がないの?週末に買いに行かなくては。」と思い、服が増えることに。

 

しかし、実際には服が少ないということはなく、普通に1週間着回しできる程度の服は持っていたのです。

 

あるのに買う。

 

これは完全に無駄遣いですね。

 

お金が貯まるはずもありません。

 

 

 

 

 

悩む時間をなくすために毎日同じ服?女性は無理!

 

職場の休憩中に職場の人たちと「朝着て行く服を選ぶのが大変。」という雑談をしていたとき、ある男性が「毎日同じ服を着れば?ほら、制服みたいな感じで。」と言いました。

 

確かに、世界の大富豪は朝の「決定疲れ」を避けるために、毎日同じ服を着るそうです。

 

もちろん、同じ服と言っても、同じ形の服というだけであって、昨日着た服を今日も着るわけではありません。

 

これは一理ある方法なのですが、お洒落が好きな女性にとってはある意味拷問とも言える行為かもしれませんね。

 

せっかく私服を着て仕事に行けるのに、毎日同じ服を着るなんて、つまらないものです。

 

 

 

 

 

少ない服でも朝の服選びに迷わない方法

 

 

では、服の数がたくさんなくても、出社前の服選びに迷わない方法はあるのでしょうか。

 

10年のOLの経験から、これは良かったと感じた方法を紹介します。

 

 

 

 

1.前日の夜にコーディネートを考えておく

 

まずは、「明日何着ていこう?」と考え、準備しておくことです。

 

先日、久しぶりにサザエさんを観たら、かつお君もワカメちゃんも、布団の近くに朝着る服を置いてありました。

 

それと同じように、前日の夜にコーディネートを考えておけば、朝バタバタすることはありません。

 

余裕があれば、玄関に靴まで出しておくと良いです。

 

 

 

 

2.定番コーディネートはノートに書いておくと便利

 

忙しい方は、夜にコーディネートを考える時間すらないかもしれません。

 

夜遅くまで仕事をしていて、帰宅は深夜、お風呂に入って軽食を口にしたら寝るだけ…。

 

こんな日々を過ごしていれば、次の日のことまで気が回りませんよね。

 

おすすめなのは、定番コーディネートをノートに書いておくことです。

 

仕事がない週末など、余裕があるときに書いておくことで、コーディネートに迷ったときの参考になります。

 

今、このサイトを見ている隙に、クローゼットを覗いて書いておくと良いですよ。

 

一番良いのは、アイテムを購入したときに書いておくこと。

 

服を買ったとき、何と組み合わせようか、わくわくしながらファッションショーをしませんか?

 

そのとき、素敵な組み合わせが見つかったら、ノートに書いておきましょう。

 

一番お洒落に対するテンションが高い瞬間に選んだ組み合わせなので、なかなか素敵なコーディネートになるのですよ。

 

 

 

 

 

3.ファッションアルバムを作っておく

 

こちらの記事

 

 

でもご紹介しましたが、ノートではなくスマホやデジカメに残しておくのも便利です。

 

手持ちの服のコーディネートを、撮影し、オリジナルのファッションアルバムを作っておくのです。

 

朝に迷ったら、スマホを取り出し、ささっと確認するだけ。

 

カメラをよく使う方は、ノートよりもこちらの方が馴染みやすいかもしれませんね。

 

アプリが好きな方は、アイテムを記録しておくアプリもあります。

 

なお、スマホのアプリも「モノ」の一つなので、むやみにはダウンロードするとモノに囲まれて息苦しくなることがあります。

 

不要なアプリはどんどん削除し、厳選するようにしましょう。

 

 

 

 

 

4.最低でも週の半ばには洗濯する

 

アイテム数が少ない方は、平日5日分の組み合わせがないかもしれません。

 

そのときは、洗濯して着まわす必要がありますね。

 

もちろん、一度着た服を洗濯しないで着られる方は良いのですが、仕事では意外と汗もかきますので、ニオイのケアも大切です。

 

洗濯のタイミングは、最低でも週の半ばが良いですね。

 

水曜日の朝に洗濯しておけば木曜日の朝には乾きますので、木曜日、金曜日と着ることができます。

 

 

 

 

 

5.生理のときに安心して着られる服が2〜3着あると良い

 

女性は月に1度の生理のとき、ボトムスがとても気になるものです。

 

濃い色のボトムスの方が安心ですし、あまり細身のシルエットのボトムスも、ナプキンの厚みが気になってしまいます。

 

特に生理がきつい方は、夜用のナプキンを昼間に使うなどで、生理中に着られるボトムスが限定されます。

 

たとえば、1着しか生理の日に着やすい服がないと、いざ生理のときに困ります。

 

2〜3着は、生理のときに安心して着られるボトムスがあると良いでしょう。

 

生理のときはスカートがおすすめです。

 

頻繁にナプキンを変えますのでお手洗いのときに楽ですし、ぴたっとしていないシルエットであれば、ナプキンのラインが気になりません。

 

やはり濃い色が良いですね。

 

濃い色のワンピース(少し緩めのシルエットのも)も、辛い生理の日にも楽に着られておすすめです。

 

 

 

 

6.お手入れが楽な服が便利

 

お洒落を優先で考えれば、お手入れの手間はかけるべきかもしれません。

 

しかし、お手入れが大変なアイテムは、忙しい朝の出勤前に「シャツがしわだらけ!」「ニットに折り畳んだあとが…。」と焦ることに。

 

結局は着る機会が少なくなるため、あまり良い買い物とは言えなくなってしまいます。

 

仕事から帰ってきた後、疲れた体にムチ打って服のお手入れをするのも大変です。

 

そこで揃えておくと良いのが、お手入れが楽な服です。

 

たとえば、ノンアイロンシャツや、しわになりにくい素材のスカートなど。

 

ユニクロなどでも低価格で購入できますよ。

 

仕事着はファッション性よりも、シンプルでお手入れが楽なアイテムを意識的に購入するようにしましょう。

 

 

 

 

 

7.仕事着はトップス多め、ボトムス少なめ

 

仕事着に限定するなら、トップスは少し多めに揃え、ボトムスは着回し重視で数を少なめにしておきましょう。

 

シンプルなパンツ1本、スカート2枚ほどあれば、ボトムスは十分着回しがききます。

 

仕事中は、デスクワークに会議にと、基本的にトップスに注目が行く機会が多いため、トップスが少し多めにあると印象が変わりやすいです。

 

シンプルなトップスであれば、スカーフで変化をつけることもおすすめです。

 

 

 

 

8.体型を維持することも実は大事

 

服をいくつ持つかより、実は大事なのが体型を維持することです。

 

いつでもクローゼットの中にある服を着られる体型を維持しておけば、「服はあるのに着られる服がない」を回避できます。

 

何を着てもさまになるので、「あーもう!これじゃ似合わない!」と朝にイライラする時間を減らすことができます。

 

最近体型が変わってしまった方が「服買おうかな。」と思ったら、その前に食生活や運動習慣を見直してみることも大切です。

 

 

 

 

9.オールシーズン使えるアイテムをしっかり揃える

 

少ないアイテムを着まわすなら、断然オールシーズン使える素材が使えます。

 

ナイロンやポリエステルは、素材としてあまり良いイメージがないかもしれませんが、シーズン問わず使えるため、優秀素材です。

 

特にボトムスはオールシーズン使えるものを揃えておきましょう。

 

アパレル販売員時代、わたしや先輩たちが制服のように愛用していたパンツのシリーズは、ポリエステル素材でしたよ。

 

皆、年中着ていました。

 

やはり使いやすいのです。

 

 

 

 

10.ファッションレンタルサービスを利用する

 

飽きっぽいからいろいろな服を着たい、でも服にかけられるお金が少ない。

 

こんな方は、ファッションレンタルサービスを利用することも一つの方法です。

 

スタイリストさんがコーディネートしてくれたアイテムを送ってもらったり、自分で好きなアイテムを選んだりと、いろいろなタイプがあります。

 

朝迷ってしまうなら、コーディネートしてもらうタイプが良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、朝の服選びに迷わない方法を紹介しました。

 

服がないから買う。

 

これではお金は貯まりません。

 

ぜひ、少ないアイテムでも迷わずに、朝の忙しい時間を快適に過ごせるようにしましょう。

「会社に着ていく服がない!」の回避法10選。少ない服でも毎朝迷わず出勤するには? 関連ページ

お金をかけない春ファッション7つのコツ。カラーコーデで一気に春らしくなる!
お直しは本当にお得?お直しした方がいいものと売る捨てるが向いているもの
無印良品のオーガニックコットンボーダーTシャツの感想と無印良品をお得に買う方法
お金をかけない冬ファッションのコツ。1着が高い冬でも節約&お洒落はできる!
お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
アウトレットの賢い使い方9選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
洋服にもお買い物メモを活用!元アパレル店員が教える賢い買い物メモとは?
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと
お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報