アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法

アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法


※この記事は2017/6/24に執筆しています。

 

お洒落が大好き、仕事着が私服でどうしても必要など、洋服数を増やしたいと思うことがありますよね。

 

ファストショップやネットなどでも安い服がたくさん売っていますから利用するのは一つですが、劣化品も混ざっているため「安物買いの銭失い」になりやすいリスクも。

 

「お金をかけずに質のいいものを買う」を実践するならアウトレットでの購入がおすすめです。

 

百貨店などで売られている洋服がお手頃価格で購入でき、常に割引がきいているためSALEなどに比べても使いやすい。

 

私もワンシーズンに1回はアウトレットショッピングを楽しんでいますよ。

 

そこで今回は、お金をかけずにお洒落を楽しみたい人のための賢いアウトレット利用術を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

1.アウトレット品ではなく割引商品を購入すること

 

アウトレットは、百貨店などで売られている質のいいものを割引価格で買えるという魅力があります。

 

アウトレットを賢く利用するには、必ずこの正規品が割り引かれたものを買いましょう。

 

しかし、中にはアウトレットで売ることだけを目的として作られた粗悪品もあり、それを買ってしまうと、普通にネットやファストショップで買うのと変わらなくなってしまいます。

 

私はアパレル販売員をしていましたし、勤務先だったブランドはアウトレット店もあるので同期がいたりして話を聞くこともありました。

 

だからすぐ見分けがつくのですが、一般の方でもタグを見れば大体わかります

 

タグを見ても割引がされておらず、新しくつけたようなタグはアウトレット専用品。

 

感覚的なイメージを伝えると、タグがシンプル過ぎるのです。

 

正規品が割り引かれたものは、何回か割引がされたあとがありますし、そのブランドのタグだと分かりやすい。

 

ほかには、通勤途中などで駅ビルなどに寄りやすい環境の方は、実店舗で売られているものを月1ぐらいでチェックするのも一つです。

 

アウトレットに行ったときに「あ!あの服の色違いだ」なんて気づくことがあります。

 

もちろん、見るということは誘惑にも耐える必要があるので、上級者向けですがね。

 

 

 

2.下手にシーズン外のものを買う必要はない

 

アウトレットにはシーズン外という理由でやってくる服もあります。

 

敢えてそれを狙ってシーズンが来るまで温めておくという方法を取る人もいますが、個人的にはあまりおすすめしません。

 

特に夏に冬のものを買うとかシーズンがかけ離れたものは避けましょう。

 

春に夏物を買うぐらいならいいですけどね。

 

理由は2つ。

 

1つ目はシーズン外に買って実際にシーズンが来ても、「あのとき素敵に見えていたけどこんなのだった?」と温度差が生まれること。

 

結局タンスの肥やしになってしまい、使わないことがあるので勿体ないということです。

 

2つ目は、シーズン外を理由にアウトレットに来るものは、「シーズンが外れるまで残ってしまい、さらに来年も売れる見込みがない一時的な流行りもの」が多いからです。

 

「シーズンが外れるまで残ったからアウトレットに来るのではないの?」と思うかもしれませんね。

 

私はアパレル販売員だったのでわかるのですが、実はバリバリのシーズン中にアウトレットに移行する服は山ほどあります。

 

シーズンが外れるまで残ってしまったものは、来年も売れそうな定番ものなら来年も販売する、それ以外はSALEでだしてしまうので、それでも売れなかったものが、シーズン外の商品になる場合が。

 

つまり、シーズン外のものは本当の売れ残り度合いが強いのです

 

「夏に冬のコートを買おう」ではなく、「夏に夏物を買おう」として見極めた方が、結局いいものに巡り合えますよ。

 

 

 

3.仕事服こそ絶対にアウトレットで買うべき

 

 

仕事で使う服は、ビジネスマンとしてあまりに安さが分かるものは避けたいですよね。

 

営業にきた営業マンがペラペラのネクタイをつけていたら「大丈夫かな?この人」と思ってしまいます。

 

とはいえ使う頻度が高くてすぐにだめになるので、高いものをそう何着も買えない。

 

だからこそ、アウトレットを利用しましょう。

 

男性なら仕事用のワイシャツ、ネクタイ、女性なら定番のタイトスカートやジャケットなど。

 

流行関係なく使えるものが割引されているので、よほど「仕事着も最新ものを着たい!」という人でもなければメリットが大きいです。

 

仕事着って、いわば必需品ですよね。

 

買う予定がなかったものは、いくら安く買えても浪費になりますが、「もともと買う予定のものを安く買う」のは上手な節約の基本。

 

必需品である仕事着を上手に安く、いいものを買いましょう。

 

 

 

 

4.絶対に開店前到着を目指すこと

 

アウトレットに行くときは早起きして開店前到着を目指しましょう。

 

お昼前ぐらいの混みあっている時間帯にゆっくり行くと、駐車場が店舗から遠くなり、ひどい場合は駐車場からバスに乗らないといけなくなります。

 

バスは待つ、混む、疲れる、荷物が重いといいことなしです。

 

車以外で行く場合も、移動時の公共交通機関は朝早い方が空いています。

 

また、アウトレットではタイムセールもよくやっていて、午前中に割引率が高いセールを開催することもあります

 

妖怪ウォッチが流行ったとき、開店前からそのお店に列を作っている親子がたくさんいましたが、アウトレット限定SALEみたいなのも早くに行った方が巡り合えます。

 

ゆっくり行っていいのは、近所に住む人です。

 

わんちゃんのお散歩をしている人もいて、すごく羨ましいです。

 

アウトレット付近に住みたいと何度思ったことか...。

 

 

 

 

5.店舗のすぐ脇にある最寄りの駐車場を確保すべき

 

 

車で行く人は最寄りの駐車場を確保するとこんないいことがあります。

 

1.車をでてすぐに店舗なので実際に買い物開始までに余計な体力を使わない

 

2.たくさん買って一旦荷物を置きたいときにすぐ車に戻れる

 

3.疲れて一息つきたいとき、敷地内の飲食店は数が少なく激混みだが、車に戻って休憩すればお金も時間も無駄にしない

 

特に3つめは、無駄遣いを防ぐ観点からもメリットが大きいです。

 

混雑している飲食店に入るのは、並ぶことで時間がかかりますし、当然疲れます。

 

さらにアウトレット内の飲食店の価格は比較的高めなので、頻繁に休憩していると飲み物代だけでかなりのお金を使ってしまいます。

 

車に戻って水筒のお茶を飲んで一休みすれば疲れは十分に癒されますよ。 

 

 

6.車があれば車で行くべき

 

車をお持ちの方しか使えないワザですが、アウトレットはぜひ車で行きましょう。

 

郊外にあるアウトレットはそう頻繁に行けるものでもないので、ある程度複数の枚数を買うことが多くなります。

 

荷物が多くなるので移動は車が楽で便利です。

 

ただし、車で行く場合にも交通費がかかっていることはお忘れなく。

 

ガソリン代、高速代を差し引いても、トータルで被服費を抑えることができることが大切なので、頻繁には行かない、ある程度まとめ買いを想定して行くなどの工夫は必要です。

 

 

 

 

7.靴は狙い目

 

 

アウトレットは実は靴が狙い目です。

 

靴はもともと服に比べて高いので、アウトレットで見つけられればラッキーです。

 

サイズも聞いてみると意外とあるので、店員さんに聞いてみましょう。

 

靴は洋服と違い、アウトレット専用品があまりなく、正規品が割引価格で購入しやすくなります。

 

女性に人気の靴ショップでは、定番の黒いパンプスなんかも普通に割引で売られています。

 

シーズンどんぴしゃの素敵な靴もたくさんあって、残り物感はないですよ。

 

私が好きな靴ショップでは、通常店舗でも売られている「撮影用の靴」を安く購入できます。

 

種類は少ないですが、目を引くデザインのものが多いのでおすすめのゾーンです。

 

 

 

 

8.天気がいい日を狙って行こう

 

どこのアウトレットに行くかにもよりますが、天気はけっこう重要です。

 

外を歩き回ることが多いアウトレットでは、雨では楽しさが半減。

 

高速の移動も危険がともなうなどデメリットが多くなります。

 

天気が悪い日は潔く延長しますが、SALEと違って時期をずらしても割引品が購入できるので大丈夫です。

 

私のお気に入りアウトレットである御殿場のアウトレットは、天気がいい日に行くと、車での移動中に富士山の絶景が見えます。

 

さらに、敷地内にある橋が富士山絶景ポイントなので、めちゃくちゃいい写真も撮れますよ。

 

買い物と絶景が同時に楽しめるのは、アウトレットならではです。

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、アウトレット大好きな筆者が考えたアウトレットの賢い使い方を紹介しました。

 

アウトレット否定派の意見を聞くと、「所詮残り物でしょ?」というものがありますが、アパレル販売の経験者からすると決してそんなことはありません。

 

店員が「え?こんないい商品がアウトレットに行くの?」というナゾの「人事異動」もよくあるので、お宝商品が埋まっているのですよ。

 

お金を抑えた上手なお洒落のために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アウトレットの賢い使い方8選!アパレル経験者が教えるお金をかけないお洒落の方法 関連ページ

お金をかけない冬ファッションのコツ。1着が高い冬でも節約&お洒落はできる!
お金をかけない秋ファッションのコツ。季節の変わり目をどう乗り切る?
被服費節約のために知っておこう!アウトレット利用のメリット・デメリット
仕事着を高く品よく見せたい!安い服の着回し術とお金をかけない服選びのコツ
クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切
洋服を買わないための8つの方法。どうしても洋服を買ってしまう人は必見!
入学式・卒業式に着るママ用服を節約する7つの方法
「上質な物を身につける」の本当の意味とは?物の価値を見極めることの大切さ
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓
SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
注目の洋服借り放題サービスは洋服代が抑えられない人におすすめ
仕事ができる男はネクタイで分かる!?お金を呼びそうなネクタイの見分け方
洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由
女性必見!高見えプチプラ服の穴場アイテムとは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと
お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報